アンドレアス・ムルクディス

PLACEText: Kiyohide Hayashi

ベルリンのアートシーンを盛り上げるものは一体なんだろうか。ふとそう考えると様々なものが思い浮かぶ。無数にあるギャラリー。質の高いコレクションを持つ美術館。ベルリンで制作を行うアーティスト。美術作品をギャラリーで販売するギャラリスト。そしてそこから作品を購入するコレクター。もちろん作品の販売を目的としない非営利の展示スペースや、アーティストの作品を展覧会で紹介するキュレーターも非常に重要な存在だ。このようなベルリンのアートシーンの登場人物に是非加えたいものがある。デザインされた様々な品々を取り扱うセレクトショップ「アンドレアス・ムルクディス」だ。そこではギャラリーよりも美しくものを見せ、販売を行っている。何より重要なのは一つの領域に留まらないその多様性であり、それはベルリンのアートシーンに大きな影響を与えている。

アンドレアス・ムルクディス
Andreas Murkudis

ギリシャにルーツを持つドイツ人、アンドレアス・ムルクディス。彼は同名の店「アンドレアス・ムルクディス」で、彼自身が身の回りに置きたい品物を販売している。店舗を構えるのはベルリン中心部にほど近いポツダマー通りという大通りの近く。近年多くのギャラリーがこの通り沿いに集まり、下町的雰囲気が漂う街並は変りつつある。その中心となる場所は新聞社の印刷工場として使われていた建物だ。かつて新聞を印刷していた広大なホールにはギャラリーが入り、美術作品を展示している。アンドレアス・ムルクディスもその広大なスペースに店を構え、服や家具といった商品を空間の中に広げている。外から窓越しに店内を眺めると、高い天井に白い壁、そして空間を生かして置かれた商品が見える。一見して展示空間に見えるため、ギャラリーと間違えたのは私だけではないだろう。

NY%20RHINOZEROS-1.jpg
Nymphenburg

建物に入り、並べられた品物を眺めると、その豊富な品揃えにまず驚かされることになる。「ヨウジヤマモト」や「ジル・サンダー」の服、そして「マルタン・マルジェラ」の靴などが目に入る。その他にもマフラーからベルト、サングラスやアクセサリーに至るまで一流ブランドのものが用意されており、ファッション用品の専門店と言っても差し支えない。しかし服飾用品だけでなく様々な領域の取り揃えられたものが訪れたものを魅了する。店内の中心には棚を組み合せた台が見える。そこに並ぶのは小さな美しいものの数々。特に人目を引くのは磁器のオブジェだ。260年の伝統を持つドイツの磁器ブランド「ニンフェンブルク」のもので、伝統に束縛されることのない現代的なデザインには、新しいものを生み出そうとする意識を強く感じることができる。

Tasting_1.jpg
e15

その他に目に付くのはドイツの家具ブランド「e15」の木製の椅子。成形した木を組み合わせた非常にシンプルなものだが、ヨーロッパ産木材を使用した素材へのこだわりは、素材感あふれる仕上がりから感じることができるだろう。このような服飾用品や家具や磁器に囲まれて、なんと板チョコレートさえもある。これは20世紀初頭から独自の手法によってベルリンで作られている「エーリッヒ・ハーマン」のチョコレートだ。「アンドレアス・ムルクディス」にあるのはこうした多種多様な品々。ここに取り揃えられたものはアンドレアス・ムルクディスが気に入ったものだ。つまり彼が人々に説明できる良さや歴史を持ったものなのだ。それは表面的なデザインだけでなく、素材への拘りや丁寧な製造工程でもあり、時として伝統という言葉でも言い表すことができるだろう。また同時にそれ以上の制限を与えないからこそ、ここにあるのは領域を越えた様々なものとなる。こうした多様多様なものとの出会いを生み出すスペースを彼は小さな百貨店と呼ぶ。

Uk8lv41JyyM00Wg_3lFV1qs_jBojsg6IrOzAp49GVYw.jpeg
Le Cabinet de Curiosités de Thomas Erber

店舗内では定期的に展覧会が開催されており、現在開催されている展覧会はまさに彼の考えである小さな百貨店を体現するものと言えるだろう。「Le Cabinet de Curiosités de Thomas Erber」は、ファッション・ジャーナリスト、トーマス・エルバーによって選ばれた品々を紹介する展示である。そこに取り上げられたのはアクセサリーやサングラス、写真作品やカタログ、そして家具や自転車など多種多様なものだ。例えば、劇作家寺山修司と写真家森山大道のコラボレーションとなるカタログ「あゝ、荒野」。その美しい装丁を見ると、手に取り読むという欲求を感じずにはいられない。一方でデザイナー、クリスチャン・ハースのガラスのサイドテーブルには、透明ガラスであるにも関わらず、テーブルとして自己主張するその存在感に驚かされるだろう。このような一つのジャンルに留まらない展示作品は、展示物として隔たれることなく店の商品と混じり合い、素晴らしい共鳴を生み出す。領域を越えた様々なものとの混じり合いは、見るものの前に美しく秩序だった小宇宙として現れるのだ。

Andreas_Merkudos_pr.jpeg
Andreas Murkudis

アンドレアス・ムルクディスがスペースをこの下町的なポツダマー通りに移転したのは2011年のこと。それまではベルリンの中心部にあるミッテ地区に店舗を構えていた。ミッテ地区は多くの観光客が訪れる場所であり、住環境や交通の便の良さから生活に余裕がある人が多く住んでいると言われる。一方で現在の店舗がある場所は交通の便が良くなく、ポルノショップやカジノなどある猥雑なところだ。高価なものを販売する意味で最適な場所とは言えないだろう。しかし彼にとってはそれは杞憂のようだ。既に多くの顧客がおり、周辺のギャラリーから流れてくる訪問者も多い。一方周りのギャラリーにとっても状況は同じで、「アンドレアス・ムルクディス」から多くの訪問者を得ている。このように双方にとって良い相乗効果が生まれているという。

opening3.jpeg
Le Cabinet de Curiosités de Thomas Erber

そもそもポツダマー通りにギャラリーが集まり出したのは2010年の終わり頃。以降多くのギャラリーがこの地に移り、今ではベルリンのアートシーンにとって最も重要な場所と言われるまでになった。しかし、それまで文化の空白地であったこの場所が盛り上がりを見せた理由は、ギャラリーの移転だけでない。美しいものを取り扱う「アンドレアス・ムルクディス」の移転は、このエリアを魅力的なものとした。なぜなら、一つの枠組みに捉われることのない新しい文化交流が生みだすからだ。ひとたびギャラリーが展覧会のオープニングレセプションを開き、「アンドレアス・ムルクディス」がイベントを開催すれば、相互の客が混じり合い様々な出会いが起こる。つまりこの小さな百貨店は、その店舗の中に閉ざされることなく、現代アートとも混ざり合っているのだ。このような化学変化とも言うべき広がりと繋がりこそが、新しい文化の中心地に大きな活力を生み出している。

今一度ベルリンのアートシーンについて考えてみたい。それを考える上で最も重要なのは多様性であると同時に、それぞれの領域を隔てることのない境界の無さだ。アートシーンは絶え間なく貪欲に新しいものを求めている。新しい今の時代の芸術は、限界や境界があっては成立しない。多くのギャラリーが1990年代、2000年代にベルリンのアートの中心地であったミッテ地区を去ったのは、観光地として洗練されていくと同時に、活力を生み出す多様性を失ったことが大きな理由だと説明する。今ポツダマー通り界隈を覆うのは新しい何かを生み出す可能性だ。その中心に多様性や領域横断をコンセプトとした「アンドレアス・ムルクディス」の存在があることは言うまでもないだろう。

Andreas Murkudis
住所:Potsdamer Strasse 81E, 10785 Berlin
営業時間:10:00~20:00(日曜定休)
TEL:+49 (0)30 6807 98306
shop@andreasmurkudis.com
http://www.andreasmurkudis.com

Text: Kiyohide Hayashi
Photos: Courtesy of Andreas Murkudis

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE