コンテンポラリー・ヴィジョンズ

HAPPENINGText: Michael Sullivan

Contemporary Visions

2008年カナダでビアーズ・ランバート・コンテンポラリーというアートギャラリーがプログレッシブアートという分野を使い、適切な問題を探求し普及するという望みの元始まった。2010年にロンドンへ移転し現在はショアディッチとホックストン通りの近くの明るく現代的な建物で、挑発的な現代美術を展示するという変わらない目標の元展示を行っている。このギャラリーはビアーズ・ランバート・アニュアル・アワードという8人のジャンルも国籍も問わない新人アーティストの為の賞などのプロジェクトにも関わっている。受賞者の作品はギャラリー、そしてホームページにて展示される。ビアーズ・ランバートは更に美術の本の出版も行っており、作品の販売、そして随時、4〜6週間の展示会を行っている。今年の展示会は現代的な様式、そして単色な美しさで写真、コラージュ、絵画を交えた彫刻を制作するノルウェー出身の二人組レロ/アーネル、そして「私たち死んだものが目覚めたら」(When the Dead Awaken)、劇作家ヘンリック・イプセン19世紀最後の作品に影響された4人のアーティストによる展示だ。現在行われている作品展「コンテンポラリー・ヴィジョンズ」は1800名の応募の中から選ばれた10名のアーティストによる形と存在の不安定さを探るというテーマの作品だ。ギャラリーはこう述べる「この展示は視覚、そして観点は主観的という考えの元にあり、そして見る者の過去の経験による架空の再現に頼っている。展示を統合する考えの糸はオーウェル風の未来の不安を少し呼び起こしているかの様だ。」

IMG_3803.jpg

10名のアーティストは形と存在の不安定さを探るというテーマに対し興味深い考えをそれぞれ示している。スペインのバレンシアを拠点にしているロバートとレナート・ミアッズの二つの作品、「Portrait d’Artiste #1」と「Kawaii #3」はピンぼけをした肖像だ。二つ目の「Kawaii #3」は非常に興味深い。日本語の「かわいい」、つまり愛らしい女の子を見る事ができるだろうと期待されるのだが、しかしここでは可愛い女の子を見るのがピンぼけにより阻止されている。女の子の存在はあり、そして見る側も見るべき物の期待があるが、彼らの主観的な考えが不安定化されている。ロニン・チョウはロンドンを拠点にする北朝鮮出身のアーティストだ。彼の作品、「Fair Idle」は機械の腕だ。チョウ自身の腕から象られており、サンドイッチを拾い上げ、指からすり抜けるという終わりの無いサイクルが繰り広げられている。これは無駄な行動に対する未来版である。行動には目的、そして結果があると推測する、しかし私達は結果は無いという事に直面する。

IMG_3873.jpg

ジジ・シファリの作品、「New Vesuvian Landscapes」は写真がどの様に飾られるかに挑戦している。作品では作品は長円形の額に飾られ、見る側の写真は正方形、または四角であると言う想定の自信を失わせる。そして更に写真の真実性も問う事となる。写真に映るものはとても平和な物だ。しかしそれに疑いを持つ様になる。作品の題もまた人の興味をそそる。「Vesuvian」(葉巻用のマッチ)は溶かす為につかわれるゆっくりと燃えるマッチの意味にも成る。または突然の激しい爆発と言う意味にもなり、ジジの作品に映る静かな風景が変わるという様に連想させられる。ジジはウエストミンスター大学でフォト=ジャーナリズムの修士号を取得。ロンドンを拠点に活動している。マシュー・アレンは地球の反対側、オーストラリアで活動しており、彼の絵画作品、「Orange Over Two Greens」はまた感覚を当惑させる。彼の作品は一目みると淡い様々な色合いで心地よいものと感じる。しかし作品は観覧者に更に近くで見る様にさせ、そうする事に作品は普通では無くなり、その色はどちらかと言うと険悪である事に気がつく。

IMG_3780.jpg

レベッカ・グリフィッツは2012年ロイヤル・ブリティッシュ・ソサエティー・オブ・スクラプチャーズ・バーザリー・アワードの受賞者であり、彼女の作品はギャラリーの前の方に目立つ様に置いてある。彼女の彫刻は視覚に挑戦し、能が作品を理解しようとし、何であるのかをわかろうとするが、様々な形の混合がそれに挑戦する。他にも見る事が可能な作品は、2006年にイタリアの「Premio Internazionale Di Scultura」を受賞し、ロンドンで活動中のリンジー・メイプスの絵画作品、アーティストであると同時にギャラリスト、キュレーター、そして時折講師もしているザビエー・エリスの魅力的な絵の具とコラージュの混合作品、ダブリンで活動しパラス・プロジェクトのスタジオレジデントであるジョン・ライアンの油絵作品、ダッチ・ファウンデーション・オブ・ザ・モンドリアン・ファンドから数回に渡り授与を受け、ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・フォトグラフィーでも掲載されたフラー・ヴァン・ドーデワードの作品など。

IMG_3845.jpg

選ばれたアート作品はギャラリーのテーマに合い、一つ一つの作品が考える事を要求する。現実と想定に挑戦し、物の見方をゆがめる。今後の展示予定はアンドリュー・サルガドによる絵画作品の個展「The Misanthrope」、そしてその後には「New Perspectives from Germany」展がある。

Contemporary Visions
会期:2012年8月16日〜9月30日
場所:ビアーズ・ランバート・コンテンポラリー
住所:1 Baldwin Street, London EC1V 9NU
時間:11:00〜18:00(日・月曜日休廊)
TEL:+44 (0) 207 502 9078

Text: Michael Sullivan
Translation: Meiko Maruyama
Photos: Oskar Proctor

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE