アートガーデン 2012

HAPPENINGText: Fann ZJ

Art Garden 2012
Dawn Ng, Walter, 2010. PVC float. SAM Collection

美術館と子供について考えてみると、子供が美術館のお客さんとして頭に浮かぶのはほとんど最後だろう。手の届きやすい技術とアートをうまく合わせたアートガーデンは、あえてターゲットを子供に絞ったプロジェクトを行っている。地元の、そして国際的な才能を応援しながら、子供と子供の心を忘れない大人たちとの関わりを助長する子供に優しい環境を提供する。

DancingSolarFlowers.jpg
Alexandre Dang, Dancing Solar Flowers, 2004 – 2012. Paper flowers with solar-powered mechanism

3度目となる今年は、(今では人々に愛され、サポートされる人気のプロジェクトとなっている)、ドーン・ンの大人気の巨大な知りたがりウサギ、「ウォルター」はマリーナベイでの登場の後、子供たちを迎えるために戻ってきた。大きくてかわいい、これがウォルターの変わらぬ人気の秘密。ウォルターと共に登場するのはアレクサンドル·ダンの「ダンシング・ソーラー・フラワー」。このダイナミックで動的なアートインスタレーションは、美術館への探検の始まりを楽しいものにしてくれる。

EverydayWonders3.jpg
Loh Sau Kuen, Everyday Wonders, 2012. Stoneware clay, woodboard, found objects, toy parts and paint

対話的であるということはアートガーデンの重要なカギであり、手を触れて感じ、アート作品の制作に参加することが、子供たちへ大きな影響を与えることは言うまでもない。ロー・スー・クンの「エブリデイズ・ワンダー」は、洗濯ばさみや、アルミホイルなど毎日使う小物を使ってパターンをつくっていくことでアートとして意味のあるものに変えてしまう。この色や形状を使ったワークショップは本当に面白いのだ!

DressMeUp.jpg
Justin Lee, Dress Me Up, 2012. Painted fabric, canvas, wood and vinyl

ジャスティン・リーはインタラクティブなインスタレーションである虹色のプレイルーム、アート・オブ・イマジネーションを制作した。そこでは、子供たちは巨大な紙人形を着せ替えしたり、巨大ケーキなどスケールで遊んぶことができる。子供たちが自分の考えや想像力を表現するために、多くのキャラクターと洋服、アクセサリーなどが用意された。

遊びで盛り上がった後は、アニメ好きな子供たちのために、ショートフィルムやアニメーションが用意されており、座って休憩することができる。アニメーションは地元のシンガポールの若い学生が制作したもの。

楽しくカラフルな作品の中から絶え間なく聞こえてくる、おしゃべりする声や、笑い声、そして笑顔は、小さなお客さんたちが満足している確かな証拠だ。

Art Garden 2012
会期:2012年5月18日~8月12日
会場:Singapore Art Museum
住所:8 Queen Street, Singapore 188535
TEL:+65 6332 3200
http://www.singaporeartmuseum.sg

Text: Fann ZJ
Translation: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE