アート京都 2012

HAPPENINGText: Satsuki Miyanishi

満開の桜も散り、夏が始まろうとしている京都。4月27日から29日の3日間、大規模なアートフェア、ART KYOTO 2012(アート京都)が開催された。

_OMO6806.jpg
国立京都国際会館 Photo : 表恒匡 © ART KYOTO 2012 実行委員会

2010年からホテルモントレ京都のフロアを貸し切り、各部屋でギャラリーが展示を行うというスタイルで行われてきたこのアートフェアだが、今年はメイン会場として国立京都国際会館、サブ会場としてホテルモントレ京都、さらに地下鉄沿線の施設での関連イベントも多数加わり、大きくスケールアップしての開催となった。

_DSC8177.jpg
ホテルモントレ京都 Photo: 廣瀬育子 © ART KYOTO 2012 実行委員会

韓国からの多くのギャラリーの参加などで昨年よりも国際色豊かなものとなったホテルモントレ会場では、ホテルの部屋、浴室やトイレまでもうまく使った個性的な展示が多く見られた。ギャラリストのみならずアーティストとの距離感がとても近いこともホテル型のアートフェアの特徴だ。各部屋で見られた、自ら作品やアートへの思いなどを観客に熱く伝えるアーティストの姿が印象的だった。

3014s.jpg
クラークギャラリー+SHIFT / ホテルモントレ京都 Photo: 井上嘉和 © ART KYOTO 2012 実行委員会

今回ホテルモントレの会場にて、北海道からSHIFTもクラークギャラリー+SHIFTとして参加。北海道の自然をテーマにした澁谷俊彦の作品をはじめ、ワビサビ民野宏之山本アッシュ小島歌織の作品を出品し、観客としてのみならず、出展者という立場でアートフェアを体感することができた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE