ジュティク「“ビ” シンメトリー」展

HAPPENINGText: Noriko Yamakoshi

コンテンポラリージュエリーを主に扱うギャラリー「object by gallery deux poisons」(オブジェクト・バイ・ギャラリー・ドゥ・ポワソン‎)にてジュエリーブランド「JUTIQU」(ジュティク)の初めての個展「“bi” symmetry(“ビ” シンメトリー)」が開催されている。

ジュティク “ビ” シンメトリー展

この個展は、2003年のオープン以来、有名ブランドや素材そのものの価値によってのみ選ばれてゆかれがちな日本のジュエリー市場にあって「人によって価値観や趣味は千差万別であるなら、そこにはもっと多くのユーモアとオリジナリティーがあってもよい」として様々な作家をサポートしてきたギャラリーと「JUTIQU」とのコラボレーションによって実現した。

JUTIQU1_rings_1950.jpg

「JUTIQU」はブランドデザイナーであり、ディレクターでもあるアルバイサ知子によって2010年設立された。「日常のライフスタイルにとけ込むジュエリー」を提案していく“Jewelry boutique”として「everyday chic」をコンセプトに創り上げられている新進ブランドだ。

DSC03240.JPG

アルバイサはカラーデザインコンサルティング会社でコンサルタントとして働いた後、更なる実践的デザインを学ぶため、英国セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインに留学、MAを取得する。帰国後は日産自動車デザイン部にてカラーデザイナー・デザインストラテジストとして活躍。その後、温めていた夢を実現するために再び渡英、ジュエリー、セラミック、ガラス等に特化した集中トレーニングを受けた後、満を持して自身の世界観を自然体で展開する「JUTIQU」を立ち上げる。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
葛西由香
MoMA STORE