シェイ・スタジアム

PLACEText: Julio Cesar Palacio

少し前の話なら、たまたまニューヨークに来ていてどこかコンサートに行きたくなったら、バワリーやローワー・イースト・サイドに行けば毎晩いろいろなコンサートを選べたものだ。最近は、同じ目的ならブルックリンへ行くべき!このこと自体はそれほど目新しい情報ではないし、きっと皆も既に知っているに違いない。しかし幸いなことに私はブルックリンで、バンドで演奏する機会を得たので、インディペンデントのDIYミュージック事情について少し詳しく知ることができた。

我々が演奏した会場は最高だった!これまでライブを見に行ったり演奏したりした中で一番の場所だった。DIYのアンダーグラウンドなライブハウスだからといって、プロフェッショナルでないとか、なりゆき任せの現場だということはない。海外から来た我々を温かくもてなしてくれ、我が家のようにリラックスさせてくれた。そして音質やセットアップには細やかに気を配る。素晴らしい!

ブルックリンにあるこの素敵なライブハウスは「シェイ・スタジアム」という。(そう、懐かしいメッツの野球スタジアムの名前と同じ。)ここの一番素晴らしいところはコミュニティやネットワークについての考え方だ。バンドや音楽好きの人達は、ニューヨークにある他のDIYライブハウス「デス・バイ・オーディオ」「グラスランド」「サイレント・バーン」「285 ケント」などでたっぷりと音楽を楽しむことができるのだ。

シェイ・スタジアムのユニークさは、その音楽の選び方に表れている。これまでに演奏してきたバンドには、マジック・マーカーズ、プリンス・ラマ、ブルース・コントロール、ラッキー・ドラゴンズ、フューチャー・アイランド、ジェフリー・ルイス、スティーヴ・ガン、ダスティン・ウォンなどがいる。シェイ・スタジアムは毎週(ほとんど毎日)素晴らしいアーティストを招いており、どんな年代でも楽しめる。でももしニューヨークに来られなくてもご心配なく!彼らはなんと全てのコンサートをレコーディングし、ウェブサイトで発信しているのだ。なんという素晴らしさ!

自分の演奏が終わった後、私はシェイ・スタジアムのスタッフ、ノラ・ダブダブに会い、この場所についてもう少し詳しく教えてもらった。

Shea Stadium

シェイ・スタジアムの成り立ちを聞かせてください。

創設者のアダムは、プロデューサーでありエンジニアです。彼はいろいろなライブができていつでもそこにあるスペースを持ちたいと考え、ライブハウスを作りました。

それはいつの頃ですか?

2008年です。この年、ニューヨーク・メッツの野球スタジアムである本物のシェイ・スタジアムが壊されました。アダムと彼の親友、ショーンはメッツの熱狂的大ファンだったので、ライブハウスをシェイ・スタジアムと名付けようと冗談で話していました。そして実際そうしてしまったのです。そんな風に始まった彼らの事業の一番大きなポイントは、全てのライブをレコーディングして誰もが聴けるようにするということでした。そこでアダムはライブハウス「マーケット・ホテル」の友人達の助けを借りて、新しいスペースを建てたのです。全ていちから自分達で作ったそのスペースは、今の場所からは数マイル離れたところにありました。1ヶ月程いましたが、騒音への苦情などがあったのをきっかけに、今あるこの場所に引っ越したのです。

logo2.JPG

この場所は素晴らしいと思います!

本当にそうです!倉庫に囲まれているので夜遅くまで営業しても苦情がくることがないのがいいですね。ブルックリンのバンド、リタジーに所属するアダムの従兄弟、グレッグ・フォックスなど、始めるにあたって数人の人達が大きな助けになってくれました。そして、今はアダムもグレッグもここで一緒に暮らしています。

ここに住んでいる?部屋も揃っているのですか?

ええ、私たちが見つけたときここは単なる倉庫でしたから、ステージや部屋等は全部作りました。

現在はどのような状況ですか?

そうですね。ちょうど新しいウェブサイトを作り終えたところです(チェックしてくれると嬉しいです)。みんなにバンドやライブを気軽に楽しんで欲しかったので、検索エンジンを追加し、バンドの名前を打ち込めばファイルにアクセスできるようにしました。

ここではすべてのライブをレコーディングします。そしてアダムがそれをミックスし、マスタリングします。シェイ・スタジアムの音作りの90%はアダムが行いますが、彼が何か違うものを求めれば、いつでも最適の人材を探します。機材が2人分あるので混乱してしまう人もいますが、シェイ・スタジアムにはすばらしい音を作るレギュラーエンジニア達がいるのです。これは私たちにはとても重要なことです。

12月、ウェブサイトを立ち上げようとしていた時、レコーティングされたライブは200セットもあったので、同時に編集を始めました。何千ものファイルをカットし、編集し、アップロードする作業はとてもハードでした。そしてバンドやレーベルにメールを送り、これでいいかどうかを確認したのです。どんなバンドともトラブルにはなりたくなかったので、バンドやレーベルが気に入らなければ発表するのを止めましたし、希望があればCDにコピーもしました。

stage.JPG

きちんとした仕事ですね。そこから学んだこともありましたか?

はい、たくさんのことを学びました。私は大学生の時に単位のためインターンとしてここで働き始めました。その頃の私はどうやってiPodをスピーカーに繋げるかも知らなかったくらいなので、実にたくさんの事を学ぶ必要がありました。今は仕事が大好きです。担当はブッキングと編集です。

素敵ですね!

はい。シェイ・スタジアムに来るバンドはどれも見たいと思うようなバンドばかりだし、ウェブサイトで発表している音源は私たちも好きなものばかりです。あらゆる場所からやって来るいろいろなバンドに会えるのはほんとうに素敵なことです。例えばあなた(インタビュアー)はスペインから来てくれましたね。世界各国からバンドが集まり、このニューヨークに留まって演奏する。こんなに素晴らしいことはありません。前に来たバンドがまた戻ってきて、一段とよくなっていたり、ちょっと変わっていたりするのを見るのも素敵です。

live%20crowd.JPG

レーベルもない、まだ誰も知らないバンドがここで演奏し、のちに突然有名になったりする可能性もありますね。

そうですね!それはすごい!マネージャーが私たちに電話してきて、私たちはもうびっくり!なんてことになったらいいですね。この場所ができた頃は来るのは地元のバンドばかりで、他のバンドとコンタクトをとることも難しい状況でした。でも今は違います。シェイ・スタジアムは地位を確立し、皆に知られるようになったので、有名なバンドも来てくれるようになりました。それに、私はバンドが、他のバンドの演奏を見にくるのも好きなのです。

実際、聴衆の半分はミュージシャンでした。

あと、ここに来る人たちの多くが、何か手伝えることはないか尋ねてくれるんです。素敵でしょう!

話は変わりますが、あなたはスタッフの中で唯一の女の子ですか?

そうです。時々忘れてしまいますが、男ばっかりなのです。でも本当に素敵な男性たちと働いていると思います。するべきことをちゃんとわかっているし、ライブ音楽を促進させたいという同じ目的を持っています。

P1000585.JPG

ブルックリンでも閉店したライブハウスがいくつかあるので質問するのですが、シェイ・スタジアムはこの先も長く続いていきますか?

私たちの誰もが成長し続けたいと思っていますし、シェイ・スタジアムに留まってここを大きくしたいと考えています。私たちにはたくさんのアイデアがあります。例えばレーベル。レコーディングがシェイの重要な部分を占めているからです。夜が更けて、ライブを見終わったときあなたはきっと、いいものを見た、といい気分になるでしょう。そんな仕事が大好きなのです。

それと私たちは、型にはまったライブを行う場所として知られたくないのです。バンドを選ぶときには極めて幅広く選択しようとしています。シェイのブッキングにおいてはそれがとても重要です。大切なのは、どんな世代の人も仲間と一緒に素晴らしいライブを楽しめる場所を作ることです。

シェイ・スタジアムに末永く栄えあれ。ノラはとても優しい人でした。本当にありがとう、ノラ!

Live @ Shea Stadium BK
住所:20 Meadow St., Brooklyn, NY, 11206
http://liveatsheastadium.com

Text: Julio Cesar Palacio
Translation: Shiori Saito

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE