天使の話・失くしものの歌

HAPPENINGText: Yu Miyakoshi

去る12月16日、宮城県の塩竈にあるギャラリー&ショップスペース「ビルド・フルーガス」にて、アーティストの小林エリカさん、映像作家の松本力さん、帽子作家の松本由伎子さん、音楽家のVOQこと本多裕史さんによるチャリティーイベントが行われた。

このイベントでは、「天使の話・失くしものの歌」をテーマにしたワークショップとライブが行われ、それが全て出演者の好意と横浜市民ギャラリーあざみ野主催「ハッピーキャップ・プロジェクト」の支援によって無料で提供される。

まずは「天使の話・失くしものの歌」って何だろう?というところから小林エリカさんに教えて頂いた。

天使の話・失くしものの歌
ワークショップにてVOQ 本多裕史さん(左)と小林エリカさん(右)が参加者の方、一人一人へインタビュー

『最初のきっかけは、震災後に「シークレット・ガーデン〜記憶の鍵」という展示に声をかけて頂き、東京の世田谷教会を訪れた時に、ドイツからチャリティーために送られてきたのに割れて壊れてしまった天使が山積みになっていたのを見つけたことでした。それを見て、羽が欠けた天使を修復しながら「失くしものについて思いをはせる」というワークショップを開くことを思いついたんです。それで松本力さんとVOQの本多さんにもご協力をお願いして、本多さんは参加者の方の声を録音して音楽にして、松本力さんと私はアニメーションの映像作品を作りました。その時には既に、塩竈でビルド・フルーガスを営んでいる高田彩さんにアニメーションをプレゼントしたいね、というお話はしていて、そこに松本力さんのお母さまである由伎子さんのハッピー・キャップというプロジェクトも重ねてやろう、ということで実現したのが今回の企画です。』

DSC01747.JPG
世田谷教会で行われたワークショップで修復された陶器の天使

そのプロジェクトが塩竈へ来る、ということで誰よりもハッピーになったのはビルド・フルーガスの高田さんだった。高田さんも塩竈で震災を経験し、復興に力を尽くしてきた方々の一人だ。

『被災地でアートを、と言われても、理解できない人もいるでしょう。でも、復興に取り込んでいく過程で、必ずアーティストという発想豊かな人たちが社会の役に立てる場面がある。そのときこそ、彼らの存在意義を見せていきたいんです』そう語る高田さんは、震災後間もなく宮城在住のアーティストと出張ワークショップ「飛びだすビルド!」という支援活動を始め被災地のこどもたちに文房具を届けたり、映画配給会社の協力をあおいで上映会を行ったりしていた。すべての活動に情熱的に取り組む高田さんだが、今回のイベントは特別だった。『以前から大好きだったアーティストたちが来てくれると聞いて「嬉しい、会える!」と思いました。今回は、もう復興活動とか関係ないぐらいに、私自身が楽しんでいます。』

DSC01635.JPG
レクチャーを行う帽子作家の松本由伎子さん

かくして当日、プログラムは伊保石仮設の集会場で開かれたワークショップから始まった。時間になり40代~70代ぐらいの女性たちが賑やかに集まってくる。中央に並んだ毛糸の山を見て、ますますお喋りが加速する参加者の方に、松本由伎子さんと力さんが指編みで帽子を作る説明を始める。由伎子さんは「わからないから、一人づつね」と言って丁寧に見て回る。すでにハッピーキャップ・プロジェクトで帽子を作って被災地に送るという活動をしていた由伎子さん、説明は慣れたものだ。本多さんと小林さんは録音機を手に、一人ひとりにインタビューをしていく。この時に集めた声は今後、このワークショップをテーマにした作品に生かされていく予定だ。被災地の集会場に集まる方たちは、集まって話をすることでどんどん元気になっていくという。石巻でも、主婦の方が自発的に集まり、アクセサリーを作る活動をしているという話を聞いた。その活動の主な目的は、生活の糧というよりも、外に出て何かしていたい、集まって話をする場が欲しい、ということだった。今回のワークショップでも、参加者の方々が元気で賑やかだったことが印象的だった。ワークショップは、ハッピーキャップ・プロジェクトからプレゼントされた手編みの帽子が配られて幕を閉じた。

yubiami.jpg

この後はライブ会場であるビルド・フルーガスへ。震災のあった当時は、塩竈の港からほど近いこの場所にも津波が押し寄せ、浸水とヘドロの被害を受けたという。水道や電気が復旧し、やっとスペースがきれいになったのは3月末。だが、当初は被災地に届ける文房具の置場として使用していたため、ギャラリー・スペースがスタートができたのは7月からだった。当時のこと、現在の活動について高田さんに訪ねると、次のように答えてくれた。

『以前から宮城在住の作家さんたちとワークショップをするという活動などはしていたんですけど、ビルド・フルーガスは北米のアートを紹介するということを中心にやっていたので、どちらかと言うと外を見ていたんです。そこに震災があり、復興活動が加わりました。仮設住宅の方にワークショップを届けるという活動は、以前はやっていなかったことなので、新たな出会いや繋がりを生かしていける、やれること、やりたいことが広がったという実感は湧きましたね。私は人の力を信じているので、どんなジャンルの方々とでも共感できる場を作りたいと思っているんです。アート=作品ではなく、アート=それを生み出す発想力や機動力でもあるんですよ。なので私はここにいて、皆でこの現実と向き合っていきたいと思いますし、アートを媒体に生きる人々が周りにいて下さっているので、今は人のこと、街のこと、世界のことを考えながら、それを強みに希望を持って活動していきたいなと思っています』

震災以降、アートに何ができるのか、という疑問があちこちで投げかけられていたが、高田さんのしてきたことや塩釜フォトフェスティバル2011などのアート活動がどれだけ人を励ましてきたかと思うと、感慨深かった。

screen1.jpg

辺りが暗くなってきたら、いよいよVOQ 本多裕史さんのライブと、松本力さんと小林エリカさんの映像作品の上映が始まる。会場では、電気の代わりに大きな蝋燭が灯された。停電があった時に高田さんが気に入って買い集めたものだ。リハーサルが始まり会場が音に包まれると、既に心地よい雰囲気が広がる。そして一人、また一人とお客さんが集まりだし、ライブが始まった。音階を一音一音辿るような本多さんの演奏には、不思議と教会で聞く音楽のような響きがある。それでいて、即興の音が加えられていくというパフォーマンスは、日常的な音楽のようにも聞こえてくる。特に、天使と失くしものの歌と、松本力さんと小林エリカさんのアニメーションがリンクしたコラボレーションには感銘を受けた。映像を目で追いながら、参加者の方はそれぞれの思いを重ねたのではないだろうか。音楽には、その場にいる人と言葉にならない気持ちを共有できるようにしてくれるような力がある。なお、当日の演奏はVOQの音楽のシェアサイトから視聴することができる。

fire.jpg

この日、東京から訪れた人たちにも「人がいて、文化があることのありがたみ」の気持ちが伝播してきた。そしてそこで出会った人たちからは、復興ということは新たな町を創っていくこと、という気概が新鮮な空気と共に伝わって来た。一度訪れただけの旅行者には、まだこの町の深部は見えていない。きっと、今日みたいなピカピカな 1日だけでなく、色んな日がある。本多さんと小林エリカさんが行ったインタビューでも、時間が十分でなかった、と小林エリカさんは語る。今回の活動をした後で、もっと時間をとって話を聞きたいという思いが湧いてきたということだった。

live_workshop.jpg
夜のイベントでもワークショップで披露した指編みの技をレクチャー。中央は松本力さん。

今、東京に居ると被災地の状況は分かりづらくなっている。震災直後のように大きな話題が無くなってきたことと、ニュースが頻繁に流れなくなったためだろう。東北を訪れてわかったのは、より綿密で時間のかかる復興があるということだった。暮らしの場を築いていくこと、心と体を癒していくこと、時間をかけて話していくこと。今、被災地では、そうした目に見えない復興も進んでいる。その復興は、大きな声で語られることばかりではないから、被災地から離れた所で暮らす人たちには分かりづらい。私もこのイベントを訪れて初めて、普通の人たちが、普通の毎日を大事に、復興に向けて生活を営んでいるという、ニュースでは伝わってこないところを知ることができた。

被災地の方たちが深く痛みをひきうけている部分も感じたけれど、同時に養われていく生命力の胎動も感じた。冬は蓄えの時。もちろん冬を楽しむ文化に参加したくもあるけれど、生きものとしては、じっくり静かに待つ時だ。そうはいうものの、冬の最中に早くも春の光を予感できる場に居合わせることができた、そんな風に感じさせてくれたイベントだった。

「天使の話・失くしものの歌」ワークショップ&アニメーション&ライブ 
開催日:2011年12月16日(金)
ワークショップ会場:伊保石仮設住宅・集会所
ライブ会場:ビルドスペース(宮城県塩竈市港町2-3-11)
出演:松本力、松本由伎子、VOQ、小林エリカ
http://www.birdoflugas.com

Text: Yu Miyakoshi
Photos: Yu Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE