上海コンテンポラリー・アートフェア2011

HAPPENINGText: Emma Chi

上海コンテンポラリー・アートフェア2011(SH Contemporary 2011)が9月8日から10日まで開催された。今回はマッシモ・トッリジャーニがキュレーターを務め、アートイベントと共に上海エキシビションセンターで盛大に行われた。世界中のコレクターと愛好家たちに、上海及びアジア太平洋地区のアート界が持つ無限のエネルギーと活気を感じさせることとなった。

上海コンテンポラリー・アートフェア2011
上海コンテンポラリー・アートフェア2011 オープニングセレモニー

キュレーターのマッシモ・トリジアーニは1966年、イタリアのバーリ生まれ。ヴィジュアルアートの出版社、クリエイティブ機構でもある「ボイラー・コーポレーション」創立者の一人でディレクターだ。また、ミラノとニューヨークで「ファントム」というフォトマガジンを季刊発行している。彼は他にも、アートマガジン「ボイラー」で編集を、イタリアのライフスタイル・マガジン「ロデオ」では編集長を務めている。「ヴォーグ」「ローリングストーン誌」「パープルファッション」「ゴースタイル」等のイタリアの雑誌で、アートや音楽、ファッションについて執筆している。

Massimo%20Torigiani.jpg
キュレーター、マッシモ・トリジアーニ

今回は多くの若手アーティストたちが集まった。アートフェアは上海出身のルー・ヤン(陸揚)のスペクトラム映像作品「統治者 E」で幕を開けた。これはミュージックビデオ形式のショートフィルムで、動物・神経系統・音楽についての実験記録の作品だ。楽曲はサウンドアーティストのワン・チャンツン(王長存)と共同で制作されたもので、驚くべき視覚幻想曲とでも呼ぶような楽曲を用い、科学的実験でつくり出された人工運動「アマガエルのダンス」を展示している。

Liu%20Gang.jpg
リウ・ガン(劉鋼)「紙の夢」

リウ・ガン(劉鋼)の「紙の夢」は重々しくもユーモアを合わせ持つシリーズである。今回彼が出品した3つの作品は、北京の不動産会社の広告を利用して作られている。繋ぎ合わせたりしわを付けるなどのデジタル加工を広告に施し、ビジネス成功に対する富裕層への称賛を象徴的に表現している。似せてつくられた世界各地の建築からは生産力がうかがえる。リウ・ガンの作品が人々を驚かせるのには訳がある。それは彼が実際のイメージを歪ませるなど変化させているからだ。一見しただけでは、はっきり分からないかもしれない。しかしそこで述べられている物事の知覚と象徴的意味を、彼は変化させているのだ。

スー・チャン(蘇暢)の建物と都市のディティールに関するミニマルな作品は、今回アートフェアの「First Issue(上海アートフェアとアートハブアジアとの共同プロジェクトのために招待して行われた展示)」の為に特別に制作された記念的作品である。懐かしさに溢れ、街とそこに住む市民との調和のとれた関係に思いを馳せている。このような空間の中で、自転車や人間が行き交う様子は詩的な風景として構成されている。このような様子は中国の多くの都市で、すでに失われてしまった。

イエ・ナン(葉楠)の夜景写真シリーズは、高速で発展する都会、その隠れた街角で、懐中電灯を使い星空を真似してつくられたものだ。実際にこのような街角に目を向ける人は少ない。しかし、そこにはまるで銀河のようなものが出現する。それを長時間露光し、ネガに焼き付ける。美しく神秘的な光と影に隠れているのはどんよりとしたもの。言い換えるならば、それはすでに人工物と化してしまった都会の生活。この様な都会の明るい夜空の下で、私たちは自分の子供に、どれが北斗七星か、どれが織り姫でどれが彦星かを、一体どう教えられるのだろうか。

P1050231.jpg
チェン・ジンユエン(陳敬元)のペインティング

台湾のアーティスト、チェン・ジンユエン(陳敬元)のペインティング。油彩と照明装置からなる作品は、「First Issue」で新しい分野を切り拓いた。チェンは流行の文化の美学やイメージから物語を綴り出す。会期中も制作が続けられており、「First Issue」の中でも特に詩情性の実験的試みが行われていた。

Xie%20Molin.jpg
シエ・モーリン(謝墨凛)「∞」

シエ・モーリン(謝墨凛)は非アート的な道具を使い実験的な制作をしている。機械的なものや電子的なもの、またはベクトル化されたものに含まれた意味。それらを図面からキャンバスに移し表現をする。シエ・モーリンの作品はミニマリズムの世界に別の視点を持ち込んだ。抽象的な図面はまるで水の様な光線の動きをつくり出し、冷たい色調の幾何学模様は意外にも詩的な温かさを備えている。

今回のフェアは見所が多い。カン・シュエン(闞萱)は「島」と名付けられたミニマルな映像作品を出展した。作品の中でアーティストと作品との間に存在する心理の“漂い”効果でアーティストの強い使命感を表している。彼女は作品をゲーム形式にすることで、高品質の作品を創作するという以前の彼女から抜け出した。そのことは作品から容易に見て取れる。ミニマリズム・高い映像技術・シンプルだが豊富で強烈な視覚効果には、作家の存在感が現れている。それらは、作品の美学の精巧な処理や、メディアの把握、作品形式の技法を通して具現化されている。

ヨウ・ジュアンフイ(由庄輝)とダンアル(旦児)夫妻の大型モザイク作品はインターネット上から選び取ったイメージを表している。無限に拡大されたイメージは風刺の意味合いを持ち、このイメージが内包する過度に楽観的でシンボル性の高い内容を表現している。生み出された得体の知れない“物体”は、プラスチック的な現実に対する感覚を強めさせる。三つの作品がそれぞれ会場内の異なる場所に展示されており、そこを通りかかる観客たちに楽観的な印象を与えている。

ジョウ・シャオフー(周瀟虎)のミニマルなインスタレーション作品「文字の鎖」は五つの陶器と映像から成る。映像の中で使用した陶器模型の実物はスクリーンの傍らに置いてある。このダイナミックで超現実主義のインスタレーション作品は、映像と文字の関係性だけを探求しているのではない。誤解、忘却、教育や複製された意志とそうでない自由な意志、それらのあらゆる情況について解釈するものでもある。

ハー・アン(何岸)は人々の期待に挑戦している。(ネオンの文字が所々欠けているのは)盗まれて欠けてしまったものを使っているからではなく、不要になり捨てられたネオン灯で構成しているからだ。約400本のネオン灯が使われ、相対する2つの壁に分けて配置されている。このインスタレーションはネオン灯で出来ているため、輸送中に割れてしまったものもあったそうだが、それらは床で作品の一部となり、依然として光を放っていた。気付く人は少ないだろうが、壊れてしまって点滅しているネオン灯からは4つの重低音がミックスされた音や、低周波無線信号が流れていたのだ。

Carsten%20Nicolai.jpg
Carsten Nicolai 《青山空间》

カールステン・ニコライの出品作は「アオヤマスペース」というシリーズの一部。彼は空間の刺激と人間の知覚が交わる点について探求している。「アオヤマスペース」という名前は、特殊な空間として知られている東京の青山フォトスタジオに由来する。ニコライの作品は、仮想の部屋を正確な比率で縮小した“表面上に限りの無い”構造の空間を創造する。それらは、異なる曲面や出入り口などがある模型空間になっている。そして低周波から高周波のノイズの組み合わせにより電子音響学で距離の測定をし、選択された明かりが灯るという方法で解釈する。この音は箱の内部でも聴く事が出来る。音の周波数と韻律の違いで空間と光の相互作用は、その外観の形状や輝度と視覚の印象に変化が生じる。これを持続させる方法で、空間解釈の主観的なスタイルに対し疑問を投げかけている。

Jiang%20Zhi.jpg
蒋志 《情书》

ジャン・ジーの新作「ラブレター」はカールステン・ニコライの作品を囲むように配置され、ミニマルな作品「アオヤマスペース」との対比を生み出していた。ジャン・ジーは以前、光とエネルギーを使ったシリーズの中で、単純な動作で現実を理解するための注釈として、私たちに見える物や形とそれが持つ意味への知覚を一瞬の内に破壊し再生した。花が燃え尽きる直前の完璧な瞬間を捉えた作品は、表現力に富み、尽きる事無い詩の様な情緒を生み出している。

上海コンテンポラリーアート展2011(SH Contemporary 2011)
会期:2011年9月8日〜10日
時間:11:00~18:00 (10日17:00まで)
会場:上海エキシビジョンセンター
住所:上海市延安中路1000号
TEL:+86 21 3222 0381
http://www.shcontemporary.info

Text: Emma Chi
Translation: Daiki Kojima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE