NIKE 公式オンラインストア

ミー・コレクターズ・ルーム・ベルリン

PLACEText: Kiyohide Hayashi

ベルリンには現代アートを扱う美術館やギャラリー、そしてプライベート・コレクションが無数にある。しかし来場者が作品に心を奪われても、そのスペースに強烈に惹きつけられることは、それほど多くないのではないだろうか。ミー・コレクターズ・ルーム・ベルリンは好き嫌いが分かれるにせよ、強烈な存在感を放ち人々を惹きつける。なぜなら「あく」といえるほどの強烈な個性を持ち合わせているからだ。

19.-Pressefoto-Thomas-Olbricht-%C2%A9-Schacht-2-www.schacht2.de_.jpg
Thomas Olbricht © Schacht 2

ミー・コレクターズ・ルーム・ベルリンは2010年5月コレクターのコレクションを展示する美術館としてオープンした。そのコレクターとは、トーマス・オルブリヒト、現在はエッセンで医学の教授を務めている人物だ。スペースを構えるのはベルリンのアート・シーンの中心地ミッテ。隣にはベルリンで最も先進的な現代美術館「KW」が、裏手には最重要なギャラリーの一つノイゲリームシュナイダーがスペースを構える。スペースは地上2階建の空間の中に、吹き抜けを利用した広大な展示室を始め、遊び心溢れる個性的なカフェ、そしてコレクションにちなんだ特徴的な商品が並ぶミュージアム・ショップなど、個人美術館には十分なほどのコンテンツを持ち合わせている。

Blick%20in%20die%20WUNDERKAMMER%20OLBRICHT%201%20%EF%BD%B8%20me%20Collectors%20Room%20Berlin%2C%20Photo%20Bernd%20Borchardt.jpg
Wunderkammer © me Collectors Room Berlin Photo: Bernd Borchardt

コレクションは二つの枠組みに分けられて展示されている。一つは「ヴンダーカマー(驚異の部屋)」と呼ばれるもので、中世絵画のジャンルにもあるヴァニタス(人生の空虚さや死を意味する)をテーマとしており、「死」を象徴し、同時に「エロティシズム」を喚起させるような16世紀以降の美術品や工芸品が所狭しと並べられている。特筆すべきは古今東西の解剖模型や骨格模型のコレクションで、わずか10数センチほどの模型は細部まで再現されていて、その超絶的な技巧に思わず息を飲んでしまう。またコレクションの中には小人のミイラと思われる頭部の標本や、南洋諸島で作られた人間の頭骨を用いた工芸品などのように、不気味さを感じさせ、強い衝撃を与えるものも多数含まれており、まさに驚異の部屋に相応しいものを備えている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE