FOOD X ART SPACE BY ROCKET

PLACEText: Yuko Miyakoshi

食べ物とアートのいい関係 

ROCKET

原宿の明治通りを一本入ると、表通りの喧噪とは一線を画した裏原宿ワールドが広がる。そこにはクリエイターたちの発想が生きた店が並び、歩いているだけでもわくわくしてしまう。地図を片手に、さらに知っている人しか入り込まない路地へ。細い道を抜けると、宇宙基地のような不思議な建物がある。そこが「ROCKET」(ロケット)だ。今年で15周年を迎えるロケットは、9月16日、「食」と「アート」をテーマにリニューアルオープンした。吹き抜けの白い空間には「DAIKEI MILLS」が手掛けたキッチン小屋が出現。ラフな木材でかたち造られた構造は、1階部分がオープンキッチン、2階部分が展示スペースになっている。

roket.jpg

リオープンの第一弾企画「ナミノ菌とはっこう団」では、「かもめ食堂」などの映画や「キューピーハーフ」広告でフードスタイリングを手がける飯島奈美さんを期間限定オーナーに迎え、オープン初日は行列ができるほどの大にぎわいとなった。飯島さん愛用のキッチン道具や世界各国で買い集めた珍しい品々、季節の果実や野菜の酵素を使った料理が展示され、実際に飯島さんの料理を食べることもできるとなれば、行列ができるのもうなずける。

IMG_1233.jpg

メニューは映画「めがね」で使用したかき氷機で作る酵素シロップかき氷や、酵素フードプレートなど。ロケットでは企画の度にメニューが一新され、テーマにちなんだ料理を味わうことができる。

rocket_loft.jpg
Photo: Yuko Miyakoshi

2階のロフトには、「見えない世界をのぞきにいこう。」をテーマに不思議な酵素フードの世界を映した映像作品が流れ、スペース中央にはベンジャミンの木が配されている。ぼーっと展示を眺めながら一息つくのも許してくれるスペースは、どこか友人の家を訪れた時のようなリラックス感があり、原宿の穴場的なスポットと言えそう。

会場構成を手掛けたのは、キューピーCMのディレクションで知られる「ファンタジスタ」。「美味しいもの」は見た目にも美しく、実は食べ物とアートってとっても関係が深いのでは?と思わされる。
ロケットでは今後も「食」にこだわるクリエイターを期間限定オーナーに迎え、「食」と「アート」に関するエキジビションを展開していくということだ。

rocket_space1.jpg
Photo: Yuko Miyakoshi

通常のギャラリーならアート作品が並べられている壁や棚には、新ものの食材や、ラベルが可愛い瓶詰、食べ物に関係のある書籍などが並べられていて、新しいロケットがコンセプトとする「生活の中にあるアート」をここそこに見つけることができる。

rocket_can.jpg
Photo: Yuko Miyakoshi

アートグローサリーショップでは、オーナーこだわりの食にまつわるグッズが紹介されている。クリエイターがひとつひとつ手作りしたオリジナルのエプロン、トートバック、器など食に関する生活雑貨や、食をテーマにセレクトした書籍、瓶詰めされた有機ナッツ、オリジナルグラノーラ、オーガニックピクルスなどは、見ているだけでも楽しい。第一弾クリエイターには、ファッションデザイナーの「cikolata」や「writtenafterwards」などが参加。参加クリエーターは今後も増えていくそう。

また、ロケットでは鑑賞するだけではなく、定期的にワークショップやイベントが開催され、誰でも参加することができる。訪れて終わりになるだけではなく、新しいことを身につけたり人との出会いがあるという新しいギャラリーの楽しみ方は、ぜひ一度体験してみたい。

rocket_space3.jpg
Photo: Yuko Miyakoshi

アートの話もいいけれど、とかく私たちは食べ物の話で盛り上がる。とりわけ、その道に造詣が深い食のプロから、食べ物の話を聞いたり、その生活の一端を伺うのは楽しい。素人の自分には奥が深すぎる食の世界に、新しい道すじを開いてくれるから。

ファッションとアートの流れをくんできたロケットは、「食」という生活の場にあるテーマを取り入れ、日常と非日常の間にあるような新しいスポットに生まれ変わった。毎回異なるオーナーによってギャラリーの雰囲気も様変わりしそうだから、今後もかかさずチェックしていきたい。

food x art space by ROCKET
住所:東京都渋谷区神宮前6-9-6
TEL:03-3499-1003
http://www.rocket-jp.com

「ナミノ菌とはっこう団」
会期:2011年9月16日~10月2日
時間:12:00~20:00 入場無料(酵素フード試食券¥500)
営業時間は会期ごとに異なりますので、オフィシャルサイトをご参照ください

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE