XYZ COLLECTIVE

PLACEText: Yuko Miyakoshi

XYZ collective

東京・世田谷地区にこの夏オープンしたばかりのアーティスト・ラン・スペース「XYZ collective」(エックスワイジー・コレクティブ)。ディレクターのCOBRA氏(ビデオアーティスト/MIHOKANNOメンバー)、松原壮志朗氏(現代美術作家/MIHOKANNOメンバー)、服部円氏(編集者)が中心となり、アーティスト・マネージメントオフィス「SNOW Contemporary」、レコードショップ、ブックレーベル「BOOK SHOP YAMATO」が同居する。アーティスト・ラン・スペースとはスタジオとオルタナティブ・スペースを兼ね備えた、アーティストが自主的に運営する場のこと。アーティストのアトリエにより近いギャラリーといった感じだ。

nevergiveup%21.jpg

グランドオープニングパーティーの後、まず始めの展覧会を飾ったのはSNOW Contemporaryの飯沼英樹氏の個展「美女」。ヨーロッパでの活動を経て、今年の2月に開催されたアートフェア「TOKYO FRONTLINE」で日本デビューを果たした飯沼氏の作品は、以前見た時よりもぐっと存在感を増していた。木彫の女性たちはより強い形、より深い、優しさと涼やかさが入り交じった表情となってそこに居た。飯沼氏はファッション誌をモチーフとし、下絵を起こすことなくイメージを形にする。時に荒いほどのタッチにはスピード感があり、その作品が1本の木から、1枚の写真を見て掘り出されたものだとは驚かされる。SNOW Contemporaryの展示は、年に4回開催されていく。

record_shop_2.jpg

メインスペースの隣には、大地岳紀氏がオーナーであるレコードショップが展開され、パートナーとして以前渋谷にあった、クララオーディオショップの野界氏も参加している。木の棚に所狭しと並べられたレコードのある一角は、どこかヨーロッパの家の屋根裏部屋のような、不思議な雰囲気。扱われているのは1900年代の蓄音機でし か聞けないレコードや16mmフィルム、アートブックなど。つい最近作られたばかりのはずなのに昔からそこにあるようなファンタジックな雰囲気は、野界氏が蒐集した物たちのせいか。

book_1.jpg

さらにその奥には、アーティストグループ「MIHOKANNO」のメンバーである千葉正也氏、万代洋輔氏が立ち上げたブックレーベル 「BOOK SHOP YAMATO」のスペースがある。入口には、XYZ collectiveが震災後のプロジェクト「FAXINATION JAPAN」で制作した巨大な本が。そのページに一枚一枚貼られているのは、世界中のアーティストからファックスで寄せられたメッセージ。モノクロのA4用紙とは思えないさまざまな表現があり、身の丈ほどの高さにある本と対峙しながらページをめくるのは楽しい。中にはビル・セイラーやタイラー・ワックスマン、雨宮庸介、青山悟の作品も。

book_2.jpg

発起人であるCOBRA氏が、XYZ collectiveを立ち上げた思いについて語ってくれた。自身が2010年に東京ワンダーサイトの交換レジデンス・プログラムでオーストラリアのメルボルンを訪れた際、そこで出会ったアーティスト・ラン・スペースに感銘を受けたことから、XYZ collectiveの構想は始まる。

『ギャラリーのオープニングパーティーの雰囲気が凄く良かったんです。向こうの文化はバーベキューやパーティーをしながらわいわいやるという感じで、それはアー ティスト達の雰囲気にも、また共通した物があったんですよ。単純にアートに接している人間(アーティスト、キュレーター、ギャラリスト等)達の密接な交流があり、活気に満ちている。日本で同じような事が出来るとは思わないが、ただもっと活気があってもいいんじゃないかと思うんです。アートに関係している人間だけに留まらず、デザイン、ファッション、文学、音楽等を繋いでいければ、メルボルンで感じた活気みたいな物を越えて、日本独自の文化発信基地が出来るのではないかな、と。僕はアーティストとしてこのXYZ collectiveを運営していきます。アーティストだから作れるネットワークや、社会との関係を築いていきたいと思っています。このスペースには同世代の人間だけでなく、SNOW Contemporaryの石水美冬や窪田研二も参加している。そういった方々とも一緒に何かをやっていけるというのは勉強になるし、それは僕が繋いでいきたいネットワークというものへの第一歩ともなっています。今回、SNOW Contemporaryに初めの展覧会を飾って頂いた事も大変感謝しています。』

space_2.JPG

ベルリンの壁崩壊後のドイツでは、アーティストグループによるラン・スペースが自然発生的に出現したという。不景気やさまざまな逆境に屈することなく、 アーティストのアクションはより活発になっていったということだ。アート、音楽、本、ファッションなど、さまざまなシーンの接点となりそうな XYZ collective。同じフィールドの人だけでなく、他のフィールドにいながら共通項のある人たちが集まる場になったら、とても面白いと思う。

ロケーションは渋谷からバスで20分ほど行った住宅地にあり、リラックスした雰囲気の中で鑑賞できる。三宿周辺のおしゃれなお店まで足を伸ばすのもいい。少し時間を作れば、ちょっとだけ都会を脱してアートに触れられる機会がある。

XYZ collective(エックスワイジー・コレクティブ)
住所:東京都世田谷区弦巻2-30-20 1F
アクセス:東急田園都市線・駒沢大学駅(西口)徒歩15分
JR渋谷駅から東急バス「渋05」「向天神橋」停留所 徒歩30秒
http://xyzcollective.org

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE