ピーター・イェンセン

PEOPLEText: Yumiko Isa

デンマーク出身のピーター・イェンセンは、ロンドンを拠点に活動を続けているファッションデザイナーだ。デンマーク王立アカデミーを経てセントマーチンズの修士課程を終えた後、2000年に自分のブランドを立ち上げた彼は、すぐにメンズ・ウィメンズ共に非常に人気のデザイナーとなった。物語を感じさせる彼の独特なデザインとチャーミングなプリント柄は日本でもとても人気があり、日本中の多くのセレクトショップで取り扱われている。彼の最新コレクション「アンナ・カリーナ」は、ショーを行わずに写真集の形式で発表するという新しい試みだ。

Peter Jensen
Photo: © Paul Bliss

コレクションには毎回ミューズになる女性がいますが、今回「アンナ・カリーナ」を選んだのは何故ですか?

アンナ・カリーナは、アイディアを練っている過程のだいぶ後になってから出てきたんだ。今回はショーをやらないと決めていて、シャーリー・クラタというスタイリストと仕事をするためにロサンゼルスに向かった。出来上がりの写真は映画女優みたいな感じにしたくて、そのイメージに合う人を探していた。60年代のすごく素敵なフランス映画の中からカトリーヌ・ドヌーヴがまず候補にあがったんだけど、シャーリーにはどうもしっくりこなかった。そんな中で、アンナ・カリーナは、ぴったりだと思ったんだ。それに僕と同じデンマーク人だし。それからアンナ・カリーナっていうのは本名じゃないんだよ。

Peter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna Karina
Peter Jensen AW2011 – Anna Karina

ココ・シャネルが名付けたんですよね。

そう、その通り。まぁそういう感じで彼女に決めたわけだ。アイディアが出て来たのはずいぶん遅かったけど、とてもしっくりきてたと思う。それから彼女の出ている映画を見始めたんだ。タイトルは聞かないでね、全部フランス語で全然覚えてないから。

キャットウォークショーについてどう思いますか?

キャットウォークショーは、服を見るという点では一番手っ取り早い方法ではあるけど、僕は正直に言って時々とても退屈なものに思えるんだ。ただ同じ行為が繰り返されるだけで。例えばパリでのショーなんかでも、いいキャットウォークショーを作り上げるために莫大なお金が動く。そんな中には、大切な何かが欠けたように思える人たちもいるんだ。

Peter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna Karina
Peter Jensen AW2011 – Anna Karina

パリやロンドンでの展示会と比べてニューヨークでのショーは何か違いを感じましたか?

ニューヨークで行った二つのショーはやりやすかった。決められた時間までにコレクションを終わらせないといけないし、とても構築的だった。ショーが始まってしまえばその場に行かなければいけないから、最後まで作業を続けるというのはできないしね。そういう意味での違いはあったかな。新鮮だったよ。

Peter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna Karina
Peter Jensen AW2011 – Anna Karina

ニューヨークでのショーはこれからも続けていきますか?

いや、そうとは限らないね。僕はおもしろそうな事なら何でも挑戦してみたいし、そうじゃないと、展示会やキャットウォークショーをただ繰り返すだけになってしまって、そのうち初めの頃に持っていた意欲なんかを失ってしまいかねないと思っているから。

何に影響を受けますか?

うーん、とてもたくさんの事から。例えば読んだ本の中からイメージを得る事もあるし、僕は自分で編集した音楽を毎日聴くのが好きなんだけど、そこからも時々イメージを得る。

Peter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna KarinaPeter Jensen AW2011 - Anna Karina
Peter Jensen AW2011 – Anna Karina

現在取りかかっている事は何ですか?

今は次のコレクションに向けて動いているよ。でもテーマはまだ言う事ができないんだ。100%決まっているわけじゃないからね。もったいぶっている様に思えるかもしれないけど、確実に決まる前に話すのは良くないからね。

ピーター・イェンセンは日本の多くのショップで取り扱われていますね。日本のマーケットについてどう思いますか?

すごくいいと思う。僕たちはブランドを始めた当初から日本とはずっとうまく付き合ってきた。でも彼らは品質について見る目がすごく厳しいね!とてもいい事なんだけど。

旗艦点を出す予定はありますか?

いや、まだそんな余裕はないから無理だね。でも今シーズンからオンラインストアを始めるから、もしその売れ行きが順調ならロンドンに店を出す事も考えるかもしれない。

Peter Jensen Studio
住所:18 Shacklewell lane, E8 2EZ London
TEL:+44 (0) 20 7249 6894
mail@peterjensen.co.uk
http://peterjensen.co.uk

Text: Yumiko Isa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE