土田俊介

PEOPLEText: Julie Morikawa

考えても作れないんだけど、考えていないと出会えないモノ。

土田俊介は、人工の皮膚やスパンコール布、スポンジといった特徴的な素材を使い、作者、作品、鑑賞者の関係性を摸索する作品を手がける、今注目を集める若手彫刻家だ。第16回五島記念文化賞美術新人賞を受賞した後、アメリカ滞在研修を経た土田氏の記念個展が、横浜と札幌の2会場で開催される。個展「考えても作れないんだけど、考えていないと出会えないモノ。」では、いったいどんな「鑑賞の循環」が生まれるだろうか。

土田俊介

これまでの活動内容を含め、自己紹介お願いします。

土田俊介。1973年北海道札幌市生まれ。2004年金沢美術工芸大学博士後期課程修了。現在、明星大学助教。主な個展・グループ展として、2001年「work 01-05」(スカイドア・ギャラリー、東京)、2003年「鎮魂曲&地獄門」(高雄市立美術館、台湾)、2004年「鎮魂曲&地獄門」(苗栗県立木彫博物館、台湾)、「遊具連関vol.3」(金沢市民芸術村、金沢)、2008年「第三の途」(KAPO、金沢)、2009年「土田俊介個展」(CAI02、札幌)、2010年「五島記念文化財団 20周年記念展 美の潮流」(Bunkamura ザ・ミュージアム、東京)、「アートプログラム青梅2010 8th 循環の体展」(青梅織物工業協同組合施設、東京)など。その他に2005年五島記念文化財団美術新人賞受賞など受賞多数。

彫刻家になろうと思ったきっかけを教えてください。

あまりドラマチックじゃないので恥ずかしいのですが、高校生の時、雑誌でウォルフガング・ライプの作品を観て、「こんなことしたい!」と思ったのがきっかけです。

10-04.1.jpg
「10-04.1」h111×w136×d76.5cm / ワイヤーメッシュ、羊毛、シリコン、スパンコール布、石膏、木材

2005年、五島記念文化賞の新人賞受賞を機に、アメリカに滞在し研究を行われたそうですね。どのような体験をなさったのか教えて頂けますか?

1年ほどニューヨークに住んでいましたので、チェルシーのギャラリー街、P.S.1コンテンポラリーアートセンターDia:Beaconなどによく行っては、多くの作品を観ました。コンサートにクラシックバレー、メトロポリタン・ミュージアムアメリカ自然史博物館などにもよく行きましたね。ゲイリー・ヒュームの作品からTレックスまで色々なものを観た1年でした。あんな1年はきっともう無いと思います。

時にはニューヨークを離れて旅行に行ったりもしました。ナイアガラやグランドキャニオンなどにも行きました。それまではナイアガラの滝は人里離れた自然の中にあると思っていたのですが、行ってみると滝のすぐ横はカジノホテルが何軒も立ち並んでいて、滝も夜には七色でライトアップされて…なんかそれが面白かった。それまでも僕らが目にしている情報は、誰かが加工した、誰かの思いが入り込んだものだと分かってはいましたが、何だか笑っちゃいました。同じようなことでは、グランドキャニオンにマクドナルドがあったり。

10-02.jpg
「10-02」 h140×w100×d115cm / ワイヤーメッシュ、針金、羊毛、シリコン、石膏、木材

今回、その帰国記念個展として、横浜のバンカートと札幌のCAI02の2カ所で展覧会が行われます。それぞれの展覧会についてご紹介下さい。

今回の展覧会は「考えても作れないけど、考えていないと出会えないモノ。」というタイトルで、近作を3点展示する予定です。「考えても作れないけど、考えていないと出会えないモノ。」って何だろうと思ったら、是非見に来てください。展示作品は、どちらの会場でも基本的に同じです。バンカートでは同一空間に作品をインスタレーションする予定ですが、CAI02では2部屋に分けて展示する予定です。両方とも個性の強い空間ですので、負けないようにしたいですね。

10-04.jpg
「10-04」h140×w100×d115cm / ワイヤーメッシュ、羊毛、シリコン、発泡ビーズ、スポンジ、フェルト、スパンコール布、石膏、木材

作品を制作する上で、作者、作品、鑑賞者との関係性について興味を持たれるようになったのはいつからですか?また、何かきっかけがあればお教えください。

野放図に作品を作りたいと思うようになった時から、作者、作品、鑑賞者との関係性について考えるようになりました。作者、作品、鑑賞者が自立的であることをアリバイにして、色々なしがらみや束縛から逃げてしまおうと考えたわけです。ですので、きっかけはアリバイ工作ですね。

76PJ4698-.jpg

羊毛、シリコン、スポンジなど、これまで主に柔らかい素材を活用して作品を手掛けているそうですが、素材選びでこだわっていることはありますか?

なるべく思い通りにいかない、扱いづらい素材を使うようにしています。簡単に思い通りに形を変えることが出来る素材では、「考えていないと出会えないモノ。」に出会えないような気がするので。

作品を制作する時にどのような手順で行いますか?

手順と言われるとちょっと困ります。面白そうな素材を選んで、それを触っているうちに偶然出来てしまう感じなので。それが手順と言えなくはないですが…。先ほども話した鑑賞の循環ですが、計算して、計画して作ろうとすると、作品がつまらなくなって、上手く循環しなくなるのです。なのでこのような制作にいつの間にかなってしまいました。

DSC_2774-.jpg

作品をつくる上で基本としている考えがあれば教えて下さい。

野放図でいることです。あと感動とともにあること。私が作者であり鑑賞者であることも重要ですね。最近は、鑑賞の循環を生むような作品、簡単にいうと見飽きない作品、何度見ても違う印象を受ける作品を作りたいな、と思っています。

作品をつくるにあたって、インスピレーションをあらゆるものから受けると思いますが、どのようなものがあるか教えて下さい。

素材と偶然です。

10-05.jpg
「10-05」h154.5×w26×d15cm / 鉄パイプ、鉄丸棒、モップ

彫刻家でなければ、どの様な仕事をしていたと思いますか?

料理人です。彫刻も料理も作るのよりも、見たり食べたりする方が好きなのですけどね。見たり食べたりするのを仕事にするのには抵抗があるのですよ。不思議ですね。

今後のご予定があれば教えて下さい。

予定はあまりありません。夏に学生と一緒に展覧会をしようと計画しているくらいです。展覧会をしていると大体次の展覧会が決ったりするので、今回も展覧会が始まれば次のお話が舞い込んで来るのではないかと思っています。世界が広がるような出会いがあることを祈っています。

土田俊介 – 考えても作れないんだけど、考えていないと出会えないモノ。
横浜会場:BankART Studio NYK 1F / Mini ギャラリー
会期:2011年3月16日(水)〜30日(水)
時間:11:30〜19:00
住所:横浜市中区海岸通3-9
TEL:045-663-2812
http://www.bankart1929.com

札幌会場:CAI 02
会期 2011年5月7日(土)〜28日(土)
時間:13:00〜23:00(日曜祝日休館)
オープニングレセプション:5月7日19:00〜
住所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビル B2
TEL:011-802-6438
http://www.cai-net.jp

主催:五島記念文化財団
協力:Bank ART1929
企画・問合せ:CAI現代芸術研究所(TEL 011-802-6438)

Text: Julie Morikawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE