モアレ・インデックス

THINGSText: Jovan Velkoski

モアレ・インデックス
Moiré Index by Carsten Nicolai © 2011 Gestalten, Berlin

ゲシュタルテンよりカールステン・ニコライによる本「モアレ・インデックス」が2010年11月(国内)に発売された。今回リリースのモアレ・インデックスは、2009年に発売された「グリッド・インデックス」に続く作品集で、ある角度で線が重なり合ったときに発生する模様のモアレ効果についてをまとめた本だ。

あらゆる分野のコンテンポラリーシーンで幅広く活躍するカールステン・ニコライは、アルヴァ・ノトの名で音楽家として活動することでも知られ、コンセプチュアルなスタイルの音楽をつくり、その音楽を組み合わせたアート・インスタレーションの作品でもその名を馳せている。そんな多岐にわたる活動の一端は、現在、山口情報芸術センターで開催されている、カールステン・ニコライとマルコ・ペリハンとのコラボレーション新作インスタレーション「polarm」でも伺い知ることができる。

MoireIndex_press06.jpg
Moiré Index by Carsten Nicolai © 2011 Gestalten, Berlin

著者がアートワークとよぶ多数のモアレ効果がたくさん詰め込まれたこの本は、モアレがどの分野に応用されるかにより違った手段をもたらす本としても機能する。グラフィックデザイン、数学、建築、ビジュアルデザイン、リサーチなどその分野は様々だろう。実際には、モアレは、計量学や布の歪みのリサーチに使われることが殆どだが、その効果は印刷の際に生じるなど日常でも見ることのできる模様である。

MoireIndex_press08.jpg
Moiré Index by Carsten Nicolai © 2011 Gestalten, Berlin

そんなモアレ現象を追求し580パターン集めたのが「モアレ・インデックス」だ。例えば、“直線格子”や、より複雑な“ハイブリッド・モアレ”など、異なる現象ごとに収録し、モアレの種類ごとにすべての公式や名前、コードなどの情報が分かりやすくまとめられている。この本について特筆すべきは、付属CDだ。格子、勾配、関数などなど、この本で紹介された1400以上に及ぶモアレのデジタルファイルを収録している。ハードカバー仕様の本の表紙に、この本の内容でもあるモアレ効果をうまく利用しているのも面白い。また、本の巻末にはカラーのモアレが紹介されている他、新規にオーバーレイをつくることが可能な透明シートも付属されている。

MoireIndex_PressPhoto04.jpg
Moiré Index by Carsten Nicolai © 2011 Gestalten, Berlin

普通に見ることのできる以上のものを視覚的にとらえることを必要とする「モアレ・インデックス」は、クリエイティブプロセスにおいて、ある種の礎石にもなり得る一冊だ。これまでのクリエイティブな行程に見いだすことができなかったり、そのことに空腹を感じて新しい何かを求めるのなら、この本はモアレの審美性を追求した最高のレシピ本となり得るに違いない。

MoireIndex_press_cover.jpg

Moiré Index
出版:ゲシュタルテン
発売:2010年8月(欧州)、11月(国内)
仕様:312ページ、18.5 x 23 cm、付属CD-ROM
言語:英語
ISBN:978-3-89955-308-6
価格:€ 39,90 / $ 60,00 / £ 37,50
国内お問い合わせ先:ゲシュタルテン・ジャパン (0422-30-9326)
http://www.gestalten.com

Text: Jovan Velkoski
Translation: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE