カイル・ペレット

PEOPLEText: Yumiko Miyagawa

自分は駄菓子屋さんに行くにはもう年だなんて思ってないだろうか?もしそうなら、 カイル・ペレットのアートに目を向けてみよう。カリフォルニア、サンノゼを本拠地に活躍するカイル・ペレットは沢山の色彩豊かなアートを産み出している。彼のアートをオンラインや展示会で見ていると、いつの間にか、自分が駄菓子屋さんで目移りして止まらない子供の様に振る舞っているのに気付く。様々な種類の駄菓子をずっと見ていたいとの、全部欲しくてしょうがないというこの気持ち。

2010年12月にサンノゼのエンパイア・セブン・スタジオで行われたペレットの初個展。この展示を経て、沢山の人がペレットワールドの素晴らしさに気付いたに違いない。彼の頭の中をもっとよく理解するために、今回“3文インタビュー”を行った。彼は内気なアーティストとして知られているが、3文だけの答えでは秘密は隠せないだろうという作戦で。

カイル・ペレット

ご自身について解説をお願いします。

自分は物静かな人と一緒に時間を過ごすのが好きです。たまに、他人に意地悪になってみようとしますが、何かしらの理由で(きっと自分が意気地なしのでせいで)失敗し、家に帰ってから落ち込みます。自分はゴリラに似ています。

431.jpg

絵を描きはじめてからどのくらい経ちますか?始めた頃と今では何か違うことはありますか?

自分が絵を描きはじめてから7年と少し経ちます。始めた頃はどうやったら被写体を上手く表現できるか、という点に集中していました。たとえば、「この牛をどうやって描こうか」とか「どうやってこの人の手を描こうか」といった感じです。今は、「自分のお婆ちゃんが亡くなってしまった時と、お婆ちゃんが生きていたときに一緒にフライドチキンを食べていたときの気持ちの対比をどうやって描こうか」という感じの質問を自分に投げかけながら絵を描いています。

作品の大半はどうしてそんなに小さいんですか?

絵を描きはじめた頃、自分は本当に貧乏でした。なので、最低限のコストで絵を描く方法を見つけようと決意したんです。その方法を見つけ出してからは、どうやったら自分の中のイメージに沢山の意味と物を含めて、小さな場所の上に表現できるかと挑戦することが面白くなってきました。さらに、沢山の人が「もっと大きな作品を作るべきだ」と言ってきますが、それを聞く度に、自分の本能がもっと小さな作品を作るのに時間と努力を費やせと言ってくる気がします。

183.jpg

自分の作品について好きな点を述べてください。

自分が出来が良いと思ってる作品について、見る人がそれぞれ違った意見を持っているところです。自分の作品はあいまいに見えますが、かつ複雑すぎないと思います。時には自分を笑わせるぐらいの、すごく馬鹿らしい物を描きますが、そう言った物も好きですね。

kpshow.JPG
© artPerera

先日エンパイア・セブン・スタジオで行われた初の個展についてどう思われますか?

個展のすべてにおいて、とても満足でした。音楽とドーナツショップに始まり、作品のレイアウトや完成度、この展覧会はとても独特な経験を作り上げたと感じました。この個展を経て、どれだけの時間と努力がかかるということを理解したので、次はもっと大きな物に挑戦してみたいです。

サンノゼのアートシーンにご自身がどんな影響を与えたと思いますか?

モップのような髪の毛と、悪い姿勢。男のくせに長い爪。自分は絵を描く素材や道具を当ても無く使ってみるのが好きですが、誰も興味がなさそうですね。

DSC_0700.jpg
© Terry Hwang

もし、今、絵を描くのをやめてしまったら、代わりに何をすると思いますか?

銀行強盗をする。嫌いな奴から物を強奪する。タッケリーア(メキシコ料理のファーストフード店)を襲う。お巡りさんから隠れる。

2011年に挑戦したい事はありますか?

短編映画を作りたいです。素敵な事をやっている人に出会い、多くの人たちに素敵なことをしようと伝えたいですね。もっと素晴らしい人たちに出会い、あとは友達や家族にもっと敬意を持って接したいです。

116a.jpg

10年後のカイル・ペレットは何をしてると思いますか?

今より更に太り、更に馬鹿になり、鼻に白髪がもっと増えていることでしょう。もっと臭くなってるかもしれませんね。

他になにかコメントがあればお願いします。

好きなことに全力投資をして、僕と、あなた自身、友達や家族の為に世界を良い場所にしてください。素晴らしいミュージシャンになり、素敵なお父さんになり、素晴らしいカウンセラーになり、素晴らしいスケーターになり、などなど。自分の人生を自分の信じることに捧げてください。僕のぶつくさを聞いてくれてありがとうございました。

さて、ペレットワールドに行く準備はできただろうか?

Text: Yumiko Miyagawa

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE