ウェイティングルーム

PLACEText: Memi Mizukami

三軒茶屋のあの素敵な空間に行かずに終わった人は残念だなと思う。住まいの中に展示場所が設けられていて、住居と同時に小さな展示場としても機能する、珍しい形の空間としてローカルに賑わっていた芦川朋子、通称モコモコと山内真の二人によるウェイティングルームが11月に、恵比寿と代官山の間に移転した。移転先では、家の中ではなく良い雰囲気に歳をとったビルの一室が展示場となっている。二人の事務所も、同ビル内の展示スペースと同フロアにあるそう。

ウェイティングルーム

訪れたその日はウェイティングルームのオープニングとして、また移転後最初の展示となる吉田博の「漂流する風景とねじくれた神秘」展の開催を祝い、パーティーが行われていた。展示場としては、以前のように小さなスペースではなく、大判の作品もきちんと展示出来る程の広い空間だが、広過ぎることのないため「この作品を購入した場合、我が家ではどれくらいの存在感か?」というのが良くわかる、程良い大きさだと感じた。

wtgrm02-.jpg

以前同様、ジンやイラスト作品、アート作品のブースも健在で、いくつもの種類のアートやデザイン作品を購入することが出来る。小さな作品を買い丁寧に飾ることで、同じ部屋だった場所が何か違った素晴らしいものになるという楽しさを知れるチャンスになるはずだ。

その日のパーティーは、夕方頃には人で賑わい、三軒茶屋にあったかつてのウェイティングルームで見かけた人や友人など顔馴染みと思われる人々や、たまたまふらりと立ち寄り参加をしてみた人などで廊下まで溢れ、オーナーの二人は常に人に囲まれていた。この愛すべきキャラクターを持つ二人は、今後も私たちを飽きさせることなく楽しい企画を企んでいるのだろう。以前のような、「住処にお邪魔して作品を鑑賞する」という形も純粋に面白かったが、あの場所で「住居にアートを取り入れる自然な形」を知り、今後は「では、実際にアートを部屋に置きませんか?」という彼らの提案に、私たちは乗るべきだと思わせてくれる。

wtgrm01-.jpg

彼らは若い芸術家の発展場として、あるいはそこに訪れた人々がアートを通じて繋がり合うといったように、その場所が機能することを望んでいると思う。週末に訪れるのも十分面白いと思うが、月曜日は23時まで営業している。是非月曜日に仕事を終えてから、飲み屋に行くのでなくこの空間へ訪れてみて欲しい。面白い出会いがあるのではないだろうか。少なくとも、素敵な二人が笑顔で迎えてくれる。

Waitngroom
営業時間:月曜 17:00〜23:00 金曜&土曜 13:00〜19:00(左記以外は予約制)
住所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-11渋谷百貨ビル3F(4B)
TEL:03-3476-1010
info@waitingroom.jp
http://www.waitingroom.jp

Text: Memi Mizukami

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE