チックス・オン・スピード「ドント・アート、ファッション、ミュージック」

THINGSText: Victor Moreno

Chicks on Speed - Don't Art, Fashion, Music

もしアインシュタインがミレニアムまで生きていてその辺をふらふらしていたら、きっと彼なら、エレクトロクラッシュ+ライオットガール+DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)=チックス・オン・スピードだということ、示してくれただろう。DIY精神を伴ったアートと音楽とファッションの境界を超えた表現で、世界的に知られるこのバンドは、今作2度目となる作品集「ドント・アート、ファッション、ミュージック(Don’t Art, Fashion, Music)」をリリースした。”アートでなく、ファッションでもなく、音楽でもない”と題したその本は、主に機械、器具、彫刻として同時に機能している、自作”オブジェクト楽器”の新しいコレクションに焦点を当てている。コレクションには多数受賞を果たしている偉大な靴デザイナー、 マックス・キバルディンとのコラボレーションで作成された、世界初のハイヒールギター「e –shoe」も含まれている。チックス・オン・スピードのコアメンバーであるメリッサ・ローガンとアレックス・マーレー=レスリーに、今回の作品集や彼らの今後についてなどの話を伺った。

ミュンヘン王立美術アカデミーで会った以来ですね!あれから何か変わったことはありました?

メリッサ:私たちは、プロジェクトをスタートさせるべく同じアイデアの元で作業していると思うわ。自分たちがつくりあげてきた言語にこれまで以上に接近している感じ。リラックスすることなんかあり得ないくらいで、実際もっと仕事に夢中になってるわね。

アレックス:美術や音楽やファッションのプロジェクトを15年間やってきて、私たちは今よりももっと様々なプロジェクトを実現することに意欲的なの。今よりも大きな場所で、例えばニューヨーク近代美術館やポンピドゥーセンターなどで素晴らしいブランドのアートや音楽イベントをやりたいわ。私たちを信頼してくれる人がいて、実験的なことをさせてもらえる環境が増えたから、最高の気分ですよ!

COS_18-19.jpg

新しい本は、6月にダンディー現代美術館で行った際のパフォーマンスが基となっていますが、どうでしたか?またこの本の中ではどう表現されていますか?

メリッサ:「オブジェクト楽器」(Objekt Instruments)についての本よ。集中的にこのプロジェクトを行ったのは3年前だけれど、もともとのスタートは9年前。ダンディー現代美術館でハイヒールのギターとシガーボックスのシンセサイザーを完成させたわ。この本はチャプターやフォーマットのようにシーンごとのタイムラインを使って体感出来るよう表現されているの。あと奇妙なジンセクションもあって、読者が好奇心旺盛になったり混乱したりハッピーな刺激を受けてもらえたらと願っているわ。

アレックス:そう、これはオブジェクト楽器についてのガイドであり、いかに何年もかけてこの作品に熱中していたのかが分かると思う。ダンディー現代美術館でやったことは私たちのキャリアになったわ。これは今でも私たちにとってとても大きなプロジェクトでもあるの。つまり、作り続けることや新しい表現でパフォーマンスをすることで私たちは、マックス・キバルディンと共にE-SHOEを開発することが出来たから。2年の時を要してね。ダンディー現代美術館は、本当に他では実現できそうにない、この作品に対して情熱を持ってくれてましたね。メインキュレーターのジュディス・ウィンターと共に本当に多くを学べたわ。彼女は私たちの作品を他の次元にまで持って行ってくれたのよ。あと、そこのチームの人々は本当に素晴らしいのよ!

COS_148-149.jpg

本の中で2人とも執筆は行ってますか?

メリッサ:あまり多くは書いていないわ。私たちはゲストを呼んで2度のインタビューをしたの。主に「オブジェクト楽器」についてね。ゲストは、素晴らしいライターで出版者あるスチュワート・ホームと、ロンドンのビクトリア&アルバートミュージアムのグレン・アダムソン。

「E-SHOE」について教えて下さい。

アレックス:そうね、私たちにとってこの5年間は夢を実現させる原動力でしたね。私たちは最初の試みとしてビリニュスにあるCACで初めてのハイヒールギターを作ったの。まだ履くことの出来ないものよ。そして、ダンディー現代美術館から助成金をもらって、マックスとの素晴らしいコラボレーションが出来てすべてが実現したの。私たちは絶対に、それを成功させなければいけなかったのよ。2年間ミラノへ旅をする間に、このプロトタイプをもっと良くする為に2度工場を変えて、工場では夜遅くまで作業をしたわ。車を塗装することで生計を立ててる”チューニング”する男の子達も関わるなど、私たちの夢を叶えることにみんなワクワクしだしてね。E-SHOEはワイヤーなしの、履くことのできるハイヒールのギターで、私たちはこの靴をアートパフォーマンスで使用したり、美術館のガラスの陳列ケースに展示したりしたわ。これってロックでアートなファッションでしょう!

COS_86-87.jpg

「オブジェクト楽器」のコレクションにはどんなものがありますか?

アレックス:クリストフ・コパンとのコラボレーションで制作したエンターテイメントシステムを搭載した帽子2つ、シガーボックスシンセサイザー10個に、E-SHOE5足、ハイヒールギター1つ、アンプ付きミシン1台、コンタクトマイクとギターのペダルがセットされているもの。 あとはビデオと音の引き出すスーパースーツ4つがあります。

これらのコレクションは今までレコーディングやパフォーマンスに使用されたことはありますか?

メリッサ:前回のアルバム「カッティング・ザ・エッジ」で、たくさんのはさみやシューズギターのプロトタイプを使ったわ。

ファッショナブル・テクノロジーとは何でしょうか?

アレックス:セビン・シーモアがつくった言葉で、テクノロジーがファッションとして、つまり着られるものとして組み込まれていることを表していて、彼女が書いた同名の本のもありますよ。

今回リリースされた本はどこで手に入りますか?

アレックス:私たちはダミアン・ハーストやチャールズ・サーチと同じディストリビューションだから、多くの良書を取り扱う本屋や美術館のショップで取り扱われると思うわ。

マックス・キバルディンについて聞かせて下さい。マックスとコラボするというアイデアはどういう経緯で始まったのですか?

アレックス:マックスと会ったのは2008年の彼のショーで、私は一目で恋に落ちたわ。それで、4ヶ月後に彼に会いに行って、E-SHOEについて話をしたの。その時、そこに小さな蜘蛛がテーブルの上に現れて、プロトタイプの上に登ってきたの。それを見た彼が『これは幸運なことだね!是非このプロジェクトを進めよう!』と言ってくれてね。マックス、メリッサと私はとても良い友人となり、今後のコラボレーションを楽しみにしてるんです。その中には、来年の4月から6月の間、東京で滞在制作するファッション映像があって、大勢の東京のファッションデザイナーやミュージシャン、振付師とコラボレートする予定があります。

COS_144-145.jpg

個人的にファッションに興味がある?それとも、DIYとしてただ楽しいものとしてというものでしょうか?

アレックス:もちろんファッションは好き。私は出来る範囲でいつも様々なことを行っていて、そしてそれらを音楽や展示に結びつけている。私たちは常にどのようにして作品と関係付けられるかという視点で見ているの。1つのことだけで他に繋がらない物は、みんなにとってもつまらない物だと思うわ。チックスがスタートしてから私たちは自分たちのステージ衣装も自分たちで制作して、多くのデザイナー達、 キャシー・グラスジェレミー・スコットクリスタル・ボールジーン・チャールズ・デ・カステルバジャックとも一緒に仕事をしたわ。全ての新しいアイデアは、新しいビジュアルとして体の上で再度表現されることを求めていると思うの。私もファッションやアートに中毒になるときもあるし、ダイアン・ペルネのブログでもコントリビューターとして参加してるわ。大胆でパフォーマンス性の高いファッションは特に大好き!

興味深いと思うデザイナーを教えてください。

アレックス: トリシャ・サクレチャマックス・キバルディンガレス・ピューブレスペギー・ノーランドアリ・フィッシュカセットプレイヤタッティー・ディバインヴラジミア・カラリヴ C-Neonペリカン・アベニュー、「サムシング・エルス」のナタリー・ウッド、マテリアル・バイ・プロダクト

COS_114-115.jpg

最近は、他のあらゆる種類の会場よりもアートギャラリーでパフォーマンスをするようですね。

メリッサ:私たちはクラブでDJもして、とても視覚的なダンスやパフォーマンスを披露してるんですよ。ライブは、私たちにアートのコンテクストを見せてくれるし、スペシャルなステージを作り上げて、一度しかないパフォーマンスとしてユニークなことが出来ます。これはとても貴重な経験で、同じことを繰り返しているバンドに対しての問題解決にもなると思ってるの。私たちはこのパフォーマンスを京都国立近代美術館で行い、そこで3週間過ごして、珍しいキノコ舞踏団のアートダイレクターである振付師の伊藤千枝さんと日本の素晴らしいバンドであるOOIOOと共にフィルムを制作したの。彼等とはまた一緒に何かやれることを願っているわ。京都国立近代美術館で行ったことはとても素晴らしく、ニューヨークのMoMAよりも良いものだったわね。普通ではなくて難しいことを達成してきたことは明確で、とにかくそこでの経験に感銘を受けました。法然院での撮影もできたんですよ。

ダーティ・ディスコ・ユースとは?

メリッサ:彼はプロデューサーでDJでもあり、ハンブルグに住んでいるわ。彼とは飛行機の中で知り合ったの。同じフェスティバルに行く予定だったのよ。それから共に仕事をするようになって…。彼は素晴らしい音楽を作るし、アジアでも最近はプレイしているわね。たしか、日本でもやったのではないかな?

あなたはブログや、Facebook、ツイッター、Tmblrなどを頻繁に使用していますか?

ええ。

僕たちが初めて会ったのは1999年のソナーだったと思いますが、アレックスはまだバルセロナに拠点を置いているの?

アレックス:えぇ、今もバルセロナを拠点にしていますよ。とっても良い街だし、文化的。私たちはそこで沢山の音楽イベントを見ることが出来るし、人々と影響し合えるコミュニティーが出来上がっています。もちろん太陽が良く照るというのも1つの大きな要因です!私はオーストラリア生まれですもの!故郷を感じられることも大事なファクターです。

現在のオーストラリアとの関わりはどうですか?

アレックス:毎年オーストラリアに帰ろうと思っているのよ。友達とだ過ごしたり、レクチャーをやったり、プロジェクト計画して、それからヨーロッパに戻るという計画。私たちは2003年から毎2年ごとオーストラリアを結構まわってるのよ。大きなフェスティバルでプレイする為にね、オーストラリアとニュージーランドに素敵なファンがいるからね。クラフトビクトリアにあるロレアルのメルボルン・ファッション・フェスティバルでソロの展示を2008年にしたの。私たちの今後の予定としては著名な美術館で、大きな展示会をすることよ。でも、まだどこかは言えないの!これはオーストラリアのアートシーンにおいてとても大きな体験で、影響を及ぼすことになると思うわ。それに私たちは沢山の意見やインビテーションを得ているから、良いものを作らなければいけないわね!

日本では何を楽しみたい?近々行くのですよね?

メリッサ:東京のヴァカントで、ピーター・ドナルドソンと澤柳英行のオーガナイズによるイベントで展示をする予定です。4月8日から始まって、私たちのパフォーマンスは15日に行う予定。長く日本に滞在しようと思って、そしてフィルムの制作に打ち込む予定よ。今の時点ではストーリーボードの制作と資金集めをしているけど、日本に戻ることは本当にとても楽しみにしているわ!

アレックス:日本には凄くハマっているの!本当に友人皆に会って一緒に過ごしてプロジェクトを進めることが楽しみよ。 チックス・オン・スピードの一部は日本人だと感じるわ。

他の2011年に予定している秘密を教えて下さい!

メリッサ:私たちはクリスタル・ボールのためにデザインをしたいと思ってる。彼等とは何年か前に一緒に仕事をしたの。私は未だにジェレミーが彼等と作ったバックを持っているわ。ベルリンでは、来年夏に「オブジェクト楽器」の展示会をクンストラウム・ベタニエンでやる予定よ。あと、9月にロンドンで大きなパフォーマンス「HAPPENING」をやる予定。

アレックス、スペインでお気に入りのレストランを教えてくれませんか?あと、お気に入りのスパニッシュフードも。

アレックス:サンタという私の友人のパコがシェフをしているレストランがあるのだけれど、そこの料理は街で一番おいしいわ!

ありがとうございました!

こちらこそありがとう!

Chicks on Speed “Don’t Art, Fashion, Music”
発売:2010年11月2日November 2nd, 2010
言語:英語
仕様:ペーパーバック、240ページ
出版:Booth-Clibborn Editions and Dundee Contemporary Arts
価格:$35
http://www.chicksonspeed.com

Text: Victor Moreno
Translation: Memi Mizukami

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE