モノ

PLACEText: Gisella Lifchitz

素敵な人たちがつくる素敵なものが揃うお店の裏に、こぢんまりしたかわいらしいオフィスがあるというのは、ブエノスアイレスではよく見かける風景だ。そこでは、時折足を運ぶラッキーな人たちのために、とびっきりのものをつくっている光景を目にすることができる。

Mono

グラフィックデザイナーのメルセデス・エルナエスが手掛ける「モノ」は、そんな場所のひとつだ。メルセデスは、窓からきれいなバックヤードの風景を眺めることのできる場所で美味しいお茶を入れて私を出迎えてくれた。店内に陳列された数々のノートの豊富さと色に夢中になってしまうほど、そこには思わず集めたくなるような、沢山のすてきなもので溢れていると同時に、空間全体にオーガニックな雰囲気を醸し出していた。

「モノ」について教えて下さい。

「モノ」は、沢山の“場所”を集めた小さな空間です。沢山の場所とは、スタジオであり、大好きなデザインが施されたものや、ブエノスアイレスのシティマップ制作の場、その他もろもろをつくっていく場所など、いろいろな意味を含んでいます。

「モノ」をスタートしたのはいつですか?

10年前にシティマップを始めたのが最初のはじまりです。ノートは、ずっと好きで、よく旅行をするのですが、その度にノートを購入し、そのノートを他では手に入れることができないと思うと、使うことができずにいました。そんな経験から、自分でノートをつくってしまおうと思い立ちはじめたのがきっかけです。そこで、壁紙工場を見つけ、材料を手に入れて、ノートのコレクションをつくるようになりました。いいなと思っていた昔ながらの製本業者を見つけることができたのもラッキーでした。

8238.jpg

どんな人がノートを購入しますか?

特に若い人たちが多いですね。文章を書いたり、絵を描いたり、お料理をするような繊細な人たち。基本的には私がいいなと思うような人たちばかりです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE