SHIFT 2011 カレンダー

THINGS

2011年SHIFTカレンダー、12のビジュアル作品が決定!10月1日より販売開始。

フレッシュなクリエイター発掘を目的に、SHIFTの企画で2003年より毎年行われている「SHIFTカレンダーコンペティション」。8回目を迎えた今年の応募総数は、世界35カ国から1,623作品が集まった。そして、今年もその数多くの応募作品の中から12作品をセレクトし、2011年の1年間の月日を刻むカレンダーとなって10月1日よりオンラインと世界各地のセレクトショップで販売開始予定。

2011COVER.jpg

世界中で活躍しているクリエイターの、その活動の舞台を広げるきっかけづくりを担うまでとなった「SHIFTカレンダーコンペティション」は、この8年間を通じ若手作家の登竜門として数多くの才能を送り出し、その数は去年までで96組に及ぶ。この活動を通じて多くのクリエイターに様々な出会いの場をつくり、そこから生まれるクリエイションの輪を更に広げていきたいという思いだ。

2011年、今年撒いた種もようやく芽を出す時期を迎えた。どんな風に開花していくのか楽しみな、若手クリエイターによるビジュアル12作品収録のカレンダーをお楽しみください。

Shift 2011 Calendar / 杉浦良平
mutant rabbit

杉浦良平(日本)

1986年、愛知県生まれ。イラストレーター。幼少の頃よりスケートボード、映画、モンスターから影響を受け絵を描く事に興味を持つ。現在はインスタレーション、アニメーションを制作しながら、Tシャツの制作も行っている。

作品解説:沼の近くの田舎の道を、スケートボードで滑走していたPUNK子供の前に突如現れたウサギのミュータント!その怪しい得意気なポーズをとる姿からは、いい奴なのか悪者なのか判別できない。奥に見える古い家は無人なのか?それともウサギの住処なのか?

Shift 2011 Calendar / Johan Björkegren
The march / lead pencil on mohawk superfine paper / 66 x 101cm / 2009

ヨハン・ビョルケグレアン(スウェーデン)

スウェーデンの西海岸出身。31才。現在はストックホルムを拠点にアーティスト兼イラストレーターとして活動。2005年にデザイン系大学を卒業後、イラストレーターとして活躍。その間、アーティスト活動にも目覚める。音楽、映画、グラフィックデザイン、自然やアングラなコミックなどをインスピレーションに、疎外感や反ユートピア的な風景を題材とした白黒作品を制作している。

作品解説:スウェーデンのフォーク、サイケ、メタル、スワンプ・ブルースなど、去年の冬によく聴いたスウェーデンの音楽からインスピレーションを受けて制作。ゴシックで神秘的な美のフィルターを通した、スウェーデンの森とルイジアナ・スワンプをミックスした風景です。

Shift 2011 Calendar / Karo Akpokiere
Sneaker Transition

カロ・アポカレラレ(ナイジェリア)

ナイジェリア・ラゴス出身のアーティスト/デザイナー。絵を描くことに貪欲。描いた絵が、視覚的にアクセス可能なひとつの方法として、様々なメディアでどのように応用されているのか、ということに深い興味を抱いている。現在もラゴスを拠点に、日々絵を描きつつ、www.seekproject.comwww.theseekproject.wordpress.comを運営している。

作品解説:もし、僕たちのまわりにある愛すべき無生物体がその機能を選択できるオプションをもっていたとしたらどうだろう?もし、受動的で従順なやつらが、その反対に活動的で積極的になったとしたら?その機能の変化は、やつらがどう知覚されデザインされているかということに、どんな影響があるだろうか?空間が黒い線で覆われているこの絵は、この場合は靴の反逆と攻撃をする物体として、そのシナリオを視覚的に表現しようと試みる。さて、あなたならどうする?

Shift 2011 Calendar / IMUSM

IMUSM(香港)

ビジュアルコミュニケーションを学んだ香港理工大学のデザイン学部を2007年に卒業。その後、REMアドバタイジングで2年間アシスタント・アートディレクターを務める。現在は、香港のレオ・バーネットにてフリーランスとして活躍。

作品解説:私は世界が2つの主要カテゴリーに分類されると認識しています。広告ビジネスでの私の作品全ては明るく、ポジティブで完璧ですが、個人的な作品は、コマーシャルワークで制作する作品とは逆に、私自身の複雑さと心の奥のダークな部分を反映しています。明るさと暗さ、動と静の間にあるバランスを維持し、どちらの側にもある美しさを表現しました。

Shift 2011 Calendar / Winnie Won Tsuen Yiu
To be free

ウィニー・ウォン・ツェン・イウ(カナダ)

ピニャータの人形のような頭をもったカナダの若手アーティスト。くだらないものを頭に詰め込み、これまでやってきたことは、ピニャコラーダを啜りつつ絵を描くこと。アイディアはナンセンスなものばかり。時には間違った時制で書いたりもするけど全然OK。人生は仕事ばかりでもなければ、遊びがないわけではない。自分のレンズを通して世界をみたいと思っている。

作品解説:妖精の一群に一度出会ったことがあり、限界を押し広げるよう、『魚が広い海に泳いでいき、新しい景色を探索するように、自分自身を開放しなさい!』と言われたことからこの作品を制作しました。

Shift 2011 Calendar / リトメロ

リトメロ(日本)

littomeroo(リトメロ)。littttoralkarimerooによる、全天候型未知数おんなのこユニット。2009年春、大きな丸い月の出る夜に出逢う。2010年結成。主にlittttoralがグラフィックデザイン、 karimerooがドローイングを担当。「キラキラ、きゅんきゅん、ブイブイ」を胸に、二人でドローイングやTshirts、 zine、バッグ、カーテン、文筆、おむすびなどのものづくりを楽しんだり計画したりしている。ものがたりのある包装紙をつくる 「ラッパー(wrapper)」展、リトメロでの展示、壁のペインティングなどを構想中。合い言葉は、女の子は未知数!

作品解説:世界中が上機嫌で溢れるために、私たちはキラキラ、きゅんきゅん、ブイブイ、そしてわくわくを全力で追求することを誓います!あらゆる失望や不安に押しつぶされている時間なんてないのだから。想像力という未知数を楽しむんだ。

Shift 2011 Calendar / 小笠原徹

小笠原徹(日本)

1975年東京生まれ。イラストレーター。多彩な表現スタイルにより、雑誌や書籍、音楽関係、アパレル、広告など、幅広い分野で活動中。

作品解説:無意識の中にある意識の衝動。

Shift 2011 Calendar / 武田浩志
signs of light / 木製パネル、和紙、アクリル絵の具、ピグメント、ラメ / 91 x 91 x 2.5cm / 2010

武田浩志(日本)

1978年生まれ。美術家。絵画を中心に、それに基づいた立体、インスタレーションも展開。札幌駅近くのアトリエ「atta (アッタ)」を拠点に活動中。

作品解説:北海道にある活きる山、有珠山の噴火口を描いていたら、昭和新山の如く、凛とした佇まいの山に変貌した。

Shift 2011 Calendar / 和田尚武
Re: 東京を戦場に

和田尚武(日本)

1979年東京生まれ。福岡在住、会社員。2007年pomiyama名義でイラスト制作を本格的に開始。2009年より自主制作のイラスト集をZINE’SMATEを通じて、東京、ベルリン、ニューヨークで販売。

作品解説:「家族」「家屋」をテーマに、定規のみを使って描いた「家」シリーズのうちのひとつ。中でも本作はECDの「東京を戦場に」という曲に触発され制作。

Shift 2011 Calendar / Alexey Malina
Sunrise

アレクセイ・マリーナ(ロシア)

1983年生まれ。モスクワ在住。グラフィックデザイナー兼デジタルアーティスト。グラフィックデザイン、イラストレーション、コンセプトアートの分野で活躍中。ダンス、音楽、建築、日常からインスピレーションを受け、見果てぬクリエイティブな地平線を常に目指す。

作品解説:色と形を試した作品で、サンライズ(日の出)という素晴らしい現象から受けた印象を描いた作品。

Shift 2011 Calendar / 鈴木大

鈴木大(日本)

1984年生まれ。神奈川県在住。グラフィックデザイナー。000MHz代表。音楽とマンガ、小説などが好き。

作品解説:混乱、催眠、痛みなどを表現しました。

Shift 2010 Calendar / 戸谷光一
マッシュルーム

戸谷光一(日本)

1981年大阪生まれ。作家。現在東京にて活動。

作品解説:なぞる視線、みえるリズム、拡散するイメージの収束。
私が捉えた画面とフォルム、そしてインスピレーションを感じてください。

SHIFT 2011 CALENDAR
発売:2010年10月1日
価格:1,260円(税込)
仕様:All Color / 28 p / 210 x 297mm
企画・制作・販売:SHIFT FACTORY
印刷:正文舎
取り扱い店:SHIFT FACTORY ,

販売店も募集中です。お問い合わせは、 staff@shift.jp.org まで。

Thanks to

【スタッフ募集】オンラインマガジンSHIFTの翻訳・編集及びギャラリー業務。勤務地、札幌。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE