シャウト・アウト・ラウズ

PEOPLEText: Victor Moreno

スウェディッシュ・ポップは、あらゆる所で好評だ。現代音楽史上、過去10年の間に、金色に光り輝く大きな文字でアーティスト名を書かれたグループが数組程いるが、現在は、誰かがその伝統を受け継いでいる。シャウト・アウト・ラウズは、結成からほぼ10年。彼らのニューリリースである「ワーク」は、最近のスウェーディッシュポップ史上、最も重要なアルバムのうちの一枚となった。実に、彼らはアメリカにおいて紛れもない観衆を抱える数少ないヨーロッパのバンドの一つで、このバンドの人気は海外へ広がっている。

IMG_0349.jpg
Photo: Victor Moreno

スウェーデンと海外の両方で多くのファンを得ることとなった作品は「Our Ill Wills」(2007年)。「ワーク」は4枚目のアルバムとなり、シリアスなポップソングを美的センス溢れる作品に完成させたことを誰もが認めている。レコーディングはシアトルにて行われ、バンド・オブ・ホーセズやフリート・フォクシーズなど素晴らしいアルバムを制作したプロデューサーであるフィル・Ekが手掛けている。

SHIFTは、カナダ、アメリカのツアー中のシャウト・アウト・ラウズから話を伺うことができた。今夏ヨーロッパツアーを行い、年末にはオーストラリアに到着する予定という。

レコーディングや演奏する際、一部のミュージシャンは、そのことを「働きにいくこと」とする人もいます。一方、多くの他の人々はそうすることを嫌がりますね。

僕らの仕事は自分たちが好きなことや、楽しみにしていることで、長い期間準備してきたことなんだ。どのアルバムもひとつの作品とし、多くの情熱と努力を注ぎ込まれたプロジェクトなんだ。

あなた方はどのように一緒に“仕事”しますか?また、それぞれの役割はありますか?

僕はよくアイデアを提案するし、たまに曲を完結させたりもする。けど、みんなで一緒に付け加えたりアレンジもしているよ。話し合う必要がない時もあるし、何時間も口論する時もある。

どうしてシアトルでレコーディングしたのですか?

プロデューサーのフィルEkがシアトルを拠点に活動していて、良いスタジオと彼の好きなスタッフの手配をお願いしたんだ。僕らはストックホルムから出て、いろんな気が散ることから離れて、ただのバンドとしてありたかったんだよ。シアトル周辺は少しスウェーデンに似ているね。トップレスのコーヒードライブスルーなんかは別だけど。

「ワーク」はこれまでのアルバムとはどのように異なるのですか?

地元から離れているということがすでに大きな違いだったよ。みんなが同じ部屋に泊まって、フィルの従来のレコーディングの進め方に夢中になった。彼は非常に細かいので、僕らはそこから多くを学んだから、今の僕らは音楽の天才だね。

メンバー全員が子供の頃からお互いを知っているバンドと聞いているが、どのように一緒に成長し、音楽的のどのようにバンドに影響を与えあてきたのですか?

友人と共に歩むのは楽しいが、仕事なのでたまにシンドイ時もある。仕事から離れても友人同士でいたいので、お互い発言する内容には注意を払っているよ。でも他に特にはないね。

シャウト・アウト・ラウズを結成した経緯を教えて下さい。

テッドと僕はレコードを貸し借りし合い、バンドや音楽について語ったりしていて、テッドはそれまでバンドに入ったことなかったんだけど、バンドを始めたかったんだよね。僕はバンドで少し飽きてしまったけど、テッドが僕に説得した翌日にカールに電話をし、ドラムマシーンを導入したバンドを3人で始めたんだ。Bebbanとエリックはその数ヶ月後に加わり現在に至るという感じ。

Our Ill Wills」の後、メンバーは世界のあちこちにバラバラとなって別々の活動をしてましたよね。その後なぜ再結成を決め、現在の活動をするようになったのですか?

僕らは一旦あらゆるものから休息が必要だったんだ。ツアーからもお互いからも。だけど、みんな、また戻ってレコーディングするだろうことはわかってたよ。だから僕らにとって一旦解散したのは本当に良かった。メンバー全員が強さを取り戻せたからね。

5月現在はアメリカツアー中で、いつも大観衆がいますね。ヨーロッパから、もっと言うと、スウェーデンから来ているということにアメリカの人達が特別に注目していると思いますか?

そうかもしれないけど、わからないね。スウェーデンはすばらしい音楽で知られていて、もちろんそういうことが影響しているかもね。

アメリカでプレイする中で、何が一番好きですか?

今のところ全部だね。

これまでのツアーはどんな感じでしたか?

最高だよ。今はトロントにいるんだけど、この街には楽しいパーティがいつもあるよね。

アメリカやヨーロッパのツアー後は、アジアをまわる予定はありますか?

新年はオーストラリア辺りで、うまくいけば日本に行けるかも。前回日本に行ったときはとても楽しかったよ。僕らに酒を(笑)!

新しいレーベルを立ち上げますか?あるいは、デジタル配信はどうでしょう?

今ちょうどリリースに向けてディストリビューションに話し合い取り組んでいるよ。

シャウト・アウト・ラウズの独特で優れた作風のアートワークやグラフィックデザインは、現在誰が担当されてますか?

僕とカールが担当しているよ。僕らは二人ともデザイン学校出身で、今でもアート作品に取り組んでいるんだ。どのアルバムもいろんなことからインスパイアされてつくってる。「ワーク」は、昨年逝去した偉大なフォトグラファー、アービン・ペンによってインスパイアされたもの。あらゆる物に関わることは僕らにとって大切なんだ。僕らはそんなになんでもかんでもコントロールはしないけど、最終的な結果が委ねられてるほうがいい。頑張れるからね。

Text: Victor Moreno
Translation: Megumi Tsuruoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE