シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED™」

HAPPENINGText: Memi Mizukami

まるで人間を超越したような技やアクション、美しい衣装やメイク、加えて幻想的なオペラ音楽。人々はその非現実的な時間を、シルク・ドゥ・ソレイユから享受する。

Flying%20Trapeze.jpg

現在ではシルク・ドゥ・ソレイユには新しい一つの独立したジャンルのような存在感があるが、25年前までは、カナダの小さな町で活躍するサーカス団の一つだった。シルク・ドゥ・ソレイユには、ビッグトップと呼ばれるオリジナルのサーカステントで世界中を移動して上演される“ツアーショー”と、そのショーのためだけに設計・建設された専用の常設劇場でのみ公演を行う“レジデントショー”がある。今回の「ZED™」(ゼッド)は東京ディズニーリゾート®内に2008年に誕生したZEDの為だけの特別な会場「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」で行われる日本で唯一のレジデントショーである。

Banquine.jpg

会場に入ってまず息を呑む。会場のセットに圧倒される。これから観るショーへの伏線のような静けさが賑やかな外との対比となって、高まる興奮を感じざるを得ないだろう。ショー開幕の少し前からショーは始まる。ショー中にも登場するクラウンの二人が現れ、いたずらを始めるのだ。もしあなたが、うっかりショーの始まる近くになってからトイレへと席を立った時には、二人の格好のターゲットにされてしまうだろう!そのままクラウンの二人は会場の雰囲気を作り、ショーは素晴らしいスタートを迎える。

ZED01.jpg

主人公のZedは、いたずら好きで純真な、少年のような存在だ。彼が天と地を旅する途中で経験する様々な事を役者達によって表現され、天と地が一つに結ばれるまでがストーリー。彼らの完璧なアクションと物語に入り込めば、あっという間に時間は過ぎてしい、その時にはもうこの壮大で感動的な出会いと別れの物語に感動せずにはいられなくなるだろう。

この物語性の強さが、一つのシルク・ドゥ・ソレイユの特徴なのかもしれない。パフォーマンスは言うまでもなく素晴らしい。これを人間がやっていると思うと、私はいささか夢を見ているような思いに駆られた。何度感嘆の声を挙げたであろうか。

Hand%20to%20Hand.jpg

中でも私は、物語終盤に起こる“ハンド・トゥ・ハンド”、天と地の出会いの様子を表現したアクトに感動した。力強く柔軟性に富んだ二人の男女が、集中力と完璧なバランス感覚によって、信じられないようなポジションで天地の出会いを表現する。体一つで絶妙なバランスで支え合う二人のいかに美しかったことか。その様子はまさに人生そのものを表現しているように感じた。

Charivari.jpg

物語は“シャリバリ”で最高潮を迎え終焉に向かう。本は閉じられ、この素晴らしい物語は旅路を終えるのだ。

私たちも興奮冷めやらぬまま家路に着く。そして観ている側の私たちも、また新たな出会いと経験をしたのだということに気付くだろう。シルク・ドゥ・ソレイユは一つのエンターテイメントに終わらない、素晴らしい冒険体験の場なのだ。是非あなたも冒険に出掛けてはどうだろう。

シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED™」(ゼッド)
会場:シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京
住所:千葉県浦安市舞浜2−50
料金:レギュラー料金 7,500円〜15,000円
  (客席種類により金額は異なる。ピーク料金は各+1,000円)
公演スケジュールは公式ウェブサイトにてご確認下さい。
チケット予約・購入についてはこちらよりご確認頂けます。
TEL:0570-02-8777(シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京 インフォメーションデスク)
http://www.zed.co.jp

Costume: Renée April

Text: Memi Mizukami
Photos: Kishin Shinoyama, Red Dog Studio, © 2008-2009 Cirque du Soleil Inc.

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE