ヘンリック・ヴィブスコブ 2010年秋冬コレクション

HAPPENINGText: Victor Moreno

The Slippery spiral situation.

Henrik Vibskov A/W collection 2010

時に、ファッションショーといわれるものからどれだけ身を引くことができるか見てみるのもいいだろう。ヘンリック・ヴィブスコブのクリエイティブな精神は、それを引き起こすことを目的としている。

Henrik Vibskov A/W collection 2010

彼は、究極のひねりの効いた経験全ての中からコレクションを発表してきた。そして今回、2010年秋冬コレクションを発表するイベントが開催された。場所はコペンハーゲンの食肉加工地区にある畜殺場。このイベントはコペンハーゲン・ファッション・ウィークの関連イベントとして予定された。

ショーは一般に公開された。高い金額を払ったオーディエンスは、気温が0度を下回る寒空の下、長い列を作り入場に40分以上待たされたが、大きな期待をしているオーディエンスにとってはなんの問題もなかった。

中に入るとまだ寒く、人々は自分達の場所を確保し、少しのビールで体を温めてショーを見る準備をした。完全に公開されたスペースには、木で作られた彫刻のインスタレーションがぶら下がっていた。それが回転するのだろうか?不思議に思った。

Henrik Vibskov A/W collection 2010Henrik Vibskov A/W collection 2010

ランウェイの出口の近くにある4つの台の上に4人の音楽家が立ち、黒いガウン、木製のレイヤートップに施された白いプラスチックの帽子、そして楕円形の目の形をしたミラーサングラスを身につけていた。まるでオリンピックのスイマーがスタートを待っているようだった。多くの観客が待つ中、ショーは始まった。そのとき、木の彫刻が回転された。

Henrik Vibskov A/W collection 2010

音楽は、スローなディストピアとジャズをブレンドしたような感じで、とても雰囲気がある。楕円形のミラーサングラスと帽子が、このショーの中で一番特徴的であり、ヴィブスコブ自身もそれを着用していた。靴とタータンコートが、おそらくコレクションのハイライトアイテムだろう。

Henrik Vibskov A/W collection 2010 – The Slippery spiral situation
HV design team: Henrik Vibskov and Maja Brix.
日時:2010年2月12日
会場:show AW10 Copenhagen Fashion Week.
住所:Slagterhusgade 4. 1715 Copenhagen V.
http://www.henrikvibskov.com

Text: Victor Moreno
Translation: Asami MIyamura
Photos: Victor Moreno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE