ポスタルコ

PLACEText: mina

ポストを開けたとき。味気ない印刷の宛名シールが貼られた幾つものダイレクトメールの中に、手紙を見つけたときのあの気持ちは何だろう。

「伝える」という普遍的な行為の中には、どんな言葉に置き換え、文節をどう組み合わせるのか。そして、その言葉の連なりがどんなストーリーとともに、音として耳に余韻を残すのか。そんな過程の果てに、メッセージは人に届けられる。
同じ日本語でも、人の心に届けられるイメージや言葉の強度はさまざまだ。だからこそ、文字は興味深い。そこに、肉筆というドレスまで纏い、書き手の感情や印象までをも浮かび上がらせてしまう。

POSTALCO

私たちは長いこと、紙でコミュニケーションをしてきた。誰かのために便せんを選び、言葉を紡ぎ、切手を貼ってポストに投函する。手紙を送る人も、受け取る人も「手紙」を通して相手を想う。そんなコミュニケーションが郵便という公共サービスになっていることに興味を抱き、郵便のPOSTALと会社のCOMPANYから「POSTALCO (ポスタルコ)」という造語をつくったのがマイク・エーブルソンさんとパートナーの友理さん。郵便への関心から、紙への興味も拡がって、それらがクロスするように「ポスタルコ」は2000年、ニューヨークのブルックリンで誕生した。

POSTALCO

京橋の築50年ほどのビルの4階は、古いビルに特有な殺風景なまでのシンプルさと色合いが、どこか懐かしい記憶が交差するような場所。古くて開かない窓の外には、時々、トレードマークの伝書鳩を想起させる鳩たちが、羽を休めにやってくる。

POSTALCO

作り手のものづくりへの想いの片鱗が、使う人にも届くといいな。そんな想いとともに「ポスタルコ」はものづくりをスタートさせ、クオリティの高いものづくりを目指している。
使うほどに馴染み、味わい深い表情を見せるようなもの。永く、人に寄り添い、愛着が育まれるもの。作り手の想いが感じられるもの。そんなデザインの本質とも思えるものをテーマに、自分たちが欲しいと思うものをカタチにしている。

ハンカチで何かを包むように、大切なメッセージを包みたいとつくられたのが「Handkerchief envelopes 6枚入り」(1,575円)。ペンが滑りすぎないようにと中性紙が使われ、折り紙のようなその封筒には、気持ちを包む文化を大切にするオーナー夫妻の視点が活かされている。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE