ミハイル・カリキス

PEOPLEText: Mariko Takei

声の彫刻家。

Mikhail Karikis

あなたはもうすでに、彼の力強くミステリアスな、そしてクラシックでエクスペリメンタルな声を聞いたことがあるかもしれない。ビョークの「アーミー・オブ・ミー」のリミックスや、今シーズンのブランドの最新のファッションショーで流れていた時、または、YouTubeで偶然彼のミュージックビデオを見ているかもしれない。ミハイル・カリキスの声に触れた時、皆今までに感じたことのない深い場所へと連れて行かれたはずだ。彼の最新コラボレーションアルバム、「MORPHICA」が発売される予定の、活動的に独自の音楽とアートの世界を広げ、人々を未知の場所へと連れて行くミハイル・カリキスにインタビューをした。

まずはじめに自己紹介をお願いします。

私はギリシャ生まれのアーティストで、90年代の初期からロンドンを拠点に活動しています。テッサロニキという騒がしい港町で育ちました。バルカン諸国からの移民が入り交じり、中東に隣接し、東ヨーロッパの国々やアフリカ、ストリートミュージック、衣装、そしてもちろん船の汽笛の音!これらがこの国でもっとも刺激的なことでした。労働者クラスの教育されていない家族の中で育ち、私はいつも“向こう側”に興味を持っていました。例えば、本や詩、エクスペリメンタルやクラシック音楽、 アバンギャルドなデザイン、古代のギリシャ悲劇などです。これらを全て発見する道はとても長く、決してまっすぐではありませんでした。クラシック音楽を勉強し、実験的デザイングループのアーキグラムと一緒に建築を勉強し、そして私のアートへの勉強をロンドンのスレード校に移したのです。美術学校で自分の声を発見したのですから、面白いですね。そして声の彫刻を作り始めました。

Mikhail Karikis

最新アルバム「MORPHICA」を含め、最近のプロジェクトや活動について教えて頂けますか?

私は「MORPHICA」を統一したビジョンと一般的な原因を非凡な地で発見しつつある政治的底流のプロジェクトと捉えています。これは3枚組のアルバムであらゆる大陸からの30組以上のミュージシャンと共に制作したアルバムです。前回の私のアルバム「Orphica」から素材を取り、私と一緒にその素材の形を変えて新しく作ったものです。アーティスト達は、これらを自分で作り、自分の仕事や背景に関連付けました。このアルバムはエレクトロニカや、テクノ、アンビエント、アバンギャルド、ジャズ、そして合唱音楽が心地よく共存しているようなアルバムです。

「MORPHICA」は、私の友達の間で作られた、友情です。私はこのアルバムに全てを注ぎ込むことを決め、リミックスとコラボレーションというアイディアを映像と文字へと膨らませていきました。何か今までに見たことのないものを作りたいと思い、たくさんのアーティストや、デザイナー、映像作家、詩人、そしてライターを集め、音楽と映像へのリミックスや、「Orphica」の歌詞のリミックスをしていきました。しかし、それは、そこだけでは終わりませんでした。私たちはこのアルバムを持っている人が全く異なった要素で彼らのためにリミックスできるという仕組みをデザインしたのです。インスタレーションでもよいし、CDのパッケージの色を変えてもいい、文字を色々な方法で読んでもいいなど、プロジェクトのどんなステップにおいても自分自身をチャレンジし続けました。そして、その結果、私たちの誰もが今までに見たことのない何かを作ることが出来たのです。真の喜びです!

最近のプロジェクトでは、他に「イン・ディーズ・グレートタイムズ」というアリエル・オーロウのインスタレーションのサウンドトラックや、キングズ・プレイスというロンドンの新しいコンサートホールから依頼されたジュース・ヴォーカル・アンサンブルと私の声との新しい合唱音楽の作品などがあります。また、ジネブ・セディラの短編映画「ミドル・シー」のサウンドトラック、 アラミエ・クワイヤとのツアーや、その他たくさんのパフォーマンスを色々な場所でしています。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE