クスタ・サキシ

PEOPLE

脳内を酔わせるヒーロー、クスタ・サキシ。

Kustaa SaksiKustaa SaksiKustaa Saksi

12月のSHIFTカバーデザインを手がけてくれたクスタ・サキシ。皆さんも一度はどこかで、彼の作品を見た事があるのではないだろうか?
その美しい景観と、サイケデリックで奇妙なキャラクターが登場する彼の作品は私たちの脳内を酔わせ、幻覚を起こさせそうなくらい、強くインパクトに残る。
数多くのプロジェクトに携わり、今月にはアムステルダムにあるマクサロット・ギャラリーでの個展開催も控えるクスタ・サキシに話を伺った。

自己紹介をお願いします。


アムステルダム在住のフィンランド人イラストレーター兼デザイナーです。去年、4年過ごしたパリから引越してきました。2000年にフィンランドにあるラハティ・インスティテュート・デザインを卒業し、2003年よりイラストレーターとして活動してます。

クスタ・サキシ
Today’s Art – Precision beamed installation in Hague (The Netherland)

まずは、マクサロットギャラリーでの展覧会おめでとうございます!今回の展覧会を開催するまでの経緯を教えていただけますか?

マクサロットギャラリーのスタッフとは「Today’s Art Festival」の時に一緒にコラボレートしたことで知り合いました。ここ数年、他のプロジェクトでも関わりがあったのですが、アムステルダムという同じ都市に腰を落ち着けたこともあり、遂に一緒にエキシビションをやろうと決めました。マクサロットの展覧会はいつも素敵なので、今回はとても楽しみにしています。

クスタ・サキシ
The Later Days of Vice Admiral A. B. Aslanbegov

展覧会のテーマ、作品についていくつか紹介していただけますか?

展覧会名は、『クスタ・サキシの「ザ・ヒーロー」』といいます。様々な作品を展示する予定で、他にバッシャーとゲシュタルテン社から出版される作品集「Offpiste – In the Land of Kustaa Saksi」のリリースも兼ねています。
ロシアのサンクトペテロブルクへの旅以降、ヒーロー像にインスパイアされてます。ロシアの海軍司令官長が天使として古い教会に描かれていて、そこからこの小さくてヘンテコな宗教的象徴を思いつきました。なぜかその教会の絵にとても興味が湧き、その頃からヒーロー画をたくさん描き始めました。それら全てには、たくさんのメダルや紋章など力を象徴するものでヒーロー的風貌が引き立てられた権力が表現されています。でも、同時にその様子はとてもユーモアに溢れていて、たいてい何気ない様子です。そのコントラストが、自分にとっては作品をとても興味深いものにしている。過去や現在の要素を取り入れながら、自身のヒーロー肖像画シリーズを確立したかったのです。

クスタ・サキシ
The Captain

数々の仕事に携わっていますが、今までで一番印象に残っている仕事を教えてください。またその理由もお願いします。

ファッションから音楽、広告からアートまで幅広いプロジェクトを手がけているので、ひとつを選択するのは難しいですね。一番面白いプロジェクトはたぶん人と交流のあるものかもしれません。直にレスポンスがあるものが好きです。去年ニューヨーク市内の至る所に手がけたハワイアナスの巨大な壁画がとても良い例ですね。

クスタ・サキシ
Fiftr24sf – Signature Sneaker Collection, 2008 (USA)

とても緻密で、幻想的で、ホームページに掲載されている作品を見ていると、どこか違う世界にいる気分になります。作品のアイディアはいつ、どのように生まれてくるのでしょうか?

たいていアイデアはスタジオの外で生まれます。時には、カフェで通りがかる人を見たりすることもアイデアとなったりします。また、特にアジアの食品パッケージも好きですね。スパーマーケットは天才的アイデアに溢れてます!昔の絵本も好きでアールヌーボーのものや、ウィリアム・モリスのパターンデザインも好きだし、60年代のオプアートやサイケなものにもすごく影響を受けています。最近はフラクタルに興味あります。

クスタ・サキシ
Domestic – Plate designs for Domestic Tableware Series (France)

作品の多くに草、木、山などモチーフが自然から発想を得ているように思える作品が多いなと感じました。ご自身の作品で共通しているテーマ等を教えてください。

それはおそらく、僕がスカンジナビア出身という背景からかもしれないですね。いつも自然やオーガニックなものから影響を受けていましたから。また、作品の構図を考える時には、起こりうる自然現象の為にスペースを残すことが大切だなと感じてます。小さな間違いは、イメージの中でとても大切なことだと思います。多くの作品にコンピューターを使用しているけど、ソフトウエアを利用しながらも、もっと人間らしい表現をしたいといつも心がけています。

クスタ・サキシ
Offpiste: In the Land of Kustaa Saksi – © 2008 Gestalten, Berlin (Germany)

普段、作品制作をする時はどのような環境で制作していますか?

アムステルダムの中心に古くはチョコレート工場だった場所に僕のスタジオはあります。最上階なので、冬でも自然光がはいります。素敵な歴史のある場所のようなので、とても気に入っています。でも、お化けがいるのも確かなんですが…。

クスタ・サキシ
Igor – Wallpaper For Restaurant Igor in Gement (Belgium)

またプライベートでは、何をしている事が多いですか?(個人的に部屋の様子を知りたいです!)

天気が悪い日に本を読んでマッタリするのが好きです。もうちょっと料理もできるようになりたいと思って練習してます。また、できる時はジョギングもしています。
あまりごちゃごちゃと物を置きたくないから家の中はとてもシンプルですよ。今は、いつでも簡単に引越ができるようにしておきたいと思っています。

アムステルダムのアートシーンについて教えてください。

アムステルダムのアートシーンはとても活気があると思います。いつでもレベルの高い展覧会が数多く開催されているし、ギャラリーの人たちも、いつも新しいフレッシュなアイデアで展覧会を手がけているように思います。好きな場所のひとつに写真美術館の「フォーム」があります。

今後の目標、決まっているプロジェクト等あれば教えてください。

現在は、アディダスのプロジェクトが進行中なのと、マンダリナダックのクリスマスウインドウを仕上げてます。立体作品にしていくのは、例えばアニメーション等とても楽しいです。展覧会もたくさんやっていきたいですね。

最後にSHIFTの読者にメッセージを!

SHIFT+Apple+Z!!!!

クスタ・サキシ
Offpiste: In the Land of Kustaa Saksi
仕様:114ページ、ハードカバー
発売:2008年11月
言語:英語
出版社:バッシャー/ゲシュタルテン社
ISBN-10: 3899552296
価格:$50.00

Kustaa Saksi
住所:Utrechtsedwarsstraat 13 III, 1017WB Amsterdam
TEL: +31 (0)20 4273835
info@kustaasaksi.com
http://www.kustaasaksi.com

Kustaa Saksi’s “The Heroes” Exhibition
会期:2008年12月12日〜30日
会場:Maxalot Gallery Amsterdam
住所:Boudisque, Haringpakkersteeg 10-18, Amsterdam
TEL:+31(0)6-2450-4540
http://www.maxalot.com

Text: Mariko Takei, Kazumi Oiwa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE