進化する次世代エコ自動車

THINGS

7月7日〜9日に北海道洞爺湖サミットが開催された。札幌市では、洞爺湖サミットを記念して「環境総合展2008」が6月19日から3日間、札幌ドームにて開催。国内外の300を越える、環境について考え行動している企業や団体が参加し、その取組みを披露した。その中で興味をそそられたのが、次世代をいくエコロジカルカー(エコカー)の展示だ。ほんのちょっと先の未来に私達の前に頻繁に登場するかもしれない数々の車を紹介しよう。

進化する次世代エコ自動車進化する次世代エコ自動車
日産 コンセプトカー「PIVO 2」


ドームのメイン会場で、一際注目を集めていたのは、何といっても日産のコンセプトカー「PIVO 2」だろう。その可愛らしいフォルムで目を引き、他の展示されているエコカーとも一線を画している。「PIVO 2」が提案してくれるのは、人と車の関係の全く新しいカタチ「フレンドリーイノベーション」というコンセプト。それは、車とドライバーの楽しく、ポジティブな関係を築いてくれるというもの。ロボットらしい風貌もさることながら、ドライバーと対面して相手をしてくれるロボティック・エージェントがダッシュボードに装備され、ドライバーの顔や声から状態を読み取り、ドライバーをハッピーな状態へ誘導してくれる。仕事で疲れ帰宅する時、長時間のドライブの時など、ドライバーの良きパートナーとなってくれるだろう。「PIVO 2」では、クルマを運転するということ自体が、今までとは異なる体験へと導いてくれるに違いない。エコの観点を添えると、電動化技術をふんだんに盛り込んでいる車だそうだ。

札幌ドームの屋外駐車場内に設置された特設会場には、様々な種類のエコカーを展示、試乗や同乗会を行っていた。ここで注目を集めていたのが「水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)」に参加している、水素を燃料に走る燃料電池自動車(FCV)だ。水素は、水はもちろんのこと、様々な原料から製造できる将来期待のエネルギー源である。

進化する次世代エコ自動車
燃料電池自動車「X-TRAIL FCV」のフロント部分

最大の特徴は、走行時の有害な排出ガスがゼロ、CO2排出量も勿論ゼロということだろう。そして、何が排出されるかというと、水だ。実際エンジンをかけてその様子を見せてもらったが、水素が燃やされて発生する水が車の下にどんどんと排出されていた。また、ガソリン自動車から発せられるようなエンジン音というのもなく、無音に近い静かな車なのも特徴のひとつだ。各社とも燃料電池車を、企業に提供したり、公用車として導入したりしており、日産の「X-TRAIL FCV」は、実際に神奈川県と横浜市に納車され、横浜市のハイヤーとしても導入されている。

ガソリンスタンドならぬ、可動式の水素ステーションも展示されていた。日本では、東京近郊や愛知県、大阪府に12の水素ステーションがあり、水素を供給するだけでなく、そこで製造も行っている。今回、展示された可動式水素ステーションでは、約5台分の水素燃料を満充塡できるそう。水素・燃料電池自動車の開発、実用化を進めていく上では、水素を製造し蓄えておくステーションの開発、発展も必須だ。

進化する次世代エコ自動車
JHFC相模原水素ステーション

全ての燃料を水素でまかなっている車を運転できるようになるには、なかなか時間がかかりそうだが、水素とガソリンの混合燃焼の車というのなら、そう遠くない話かもしれない。気体である水素の輸送の困難を解決してくれる、有機ハイドライト(*)という化合物を利用し、ガソリンとの混合燃料で走る「有機ハイドライト水素自動車」がある。今回出展されていたのは、株式会社フレイン・エナジーフタバ産業株式会社によるもので、水素の貯蔵・供給システムに、有機ハイドライトを利用。燃料となる水素そのものを作り出すのに、風力や太陽エネルギーを利用している。水素の製造、貯蔵、供給がうまくいってこそ、現実的な水素自動車の運用に結びついていくのだろう。

(*)有機ハイドライトとは、芳香族化合物の水素化物であり、触媒反応により水素を貯蔵したり、取り出したりすることができる。

進化する次世代エコ自動車
E10対応自動車「日産ムラーノ」

ガソリンにバイオマスエタノールを3%混ぜてCO2削減を目指す従来のE3(*)対応車から、混合率を10%程度引き上げたE10対応車も登場した。展示されていたのは、とかち財団によるE10対応自動車だ。もちろんCO2削減率もアップするという。展示されていた車は、ガソリンにエタノールを9〜10%まで混合したもので、今年2月に国内初E10対応車として国土交通大臣の認定を受けている。

(*)E3とは、バイオマスエタノールをガソリンに3%混合したバイオ燃料のこと。E10は、その混合率が9〜10%。なお、現在公道を走行しているガソリン車は、E3燃料に対応できるものとされている。

すでに世界中でクリーンカーとして注目を集めているLPG車。黒煙が限りなくゼロに近いLPガスは、クリーンエネルギーで、CO2排出率が低く、低騒音で低コストの「低」が3拍子揃った車だ。全国を走るタクシーの約9割がLPG車だから、エネルギー補給も難しいことが少ないといえる。言わずと知れた、ガソリンエンジンと電気モーターで走るハイブリッド車「プリウス」だが、そのトヨタ・プリウスをベースに改造されたのが、LPガス+ガソリンと電気モーターの切り替えで走る「プリウスLPGハイブリッド」だ。LPガスを導入することで、さらに低燃費、低CO2排出を目指した。アストモスエネルギー株式会社より展示されていたこの車は、残念ながら同乗車として走行中の為、見ることができなかった。

世界初の試作車展示となったのが、住友電気工業株式会社による超電導電気自動車だ。超電導線材の抵抗ゼロという特性を活かし、モータに利用することで、省エネルギーを図る。更には、電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池車などに応用し、モータの小型化や軽量化を行い、環境にも資源にも対応した車となる。これからの開発に期待したい。

そして、最後に紹介するのが、北海道の根室地域に位置する別海町役場から出展されていた「バイオガス自動車」だ。日本一の酪農王国を誇り、乳牛11万頭を飼育している別海町では、年間19万トンもの糞尿が発生するという。その糞尿から発生するバイオガスを燃料とするのがバイオガス自動車だ。もともと、家畜排出物の臭いや汚染などで周辺環境への問題となっていたことから、糞尿がバイオガスとしてエネルギーになると知ったこの町の人たちにとっては、目から鱗のアイデアだったに違いない。こちらの車は、実際に同乗させてもらうことができた。通常のガソリンとバイオガスの切り替えが、スイッチで簡単にできるバイフューエル車で、乗り心地もガソリン車と変わらず。また、バイオガス自動車に改造するのにかかる費用百数十万円のうち、55%〜60%の国の補助金が出るらしい。しかし、燃料のバイオガスを充塡するステーションがないのが現状。これからどのように効果的に運用されていくのか楽しみな車だ。

ヨーロッパで広く支持されているディーゼル車。ディーゼル開発が進み、遂にこの9月には、クリーンディーゼルエンジンを搭載した日産の「エクストレイル」が発売開始となる。クリーンディーゼル車は、低燃費で低CO2排出に加えて、クリーンな排気が特徴。世界的にも注目されていて、次世代エコカーの先駆けとなるだろう。
企業や自治体などが、車を走らせるために利用される燃料やパーツ、そして、車を運転するという概念まで、これまであったものの次段階をいくアイデアとして、ズラッと展示されていた展覧会だったといえる。次世代を行くエコカーは、現代でも公用車やハイヤーとして既に利用されている。今後創造される新しいアイデアの発展に目が離せない。

環境総合展2008
会期:2008年6月19日〜21日
会場:札幌ドーム
http://www.do-summit.jp/kankyouten2008/

Text and photos: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE