ファブリカ展「将来を見据えた目」

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

エイズ防止を訴える強烈な写真、黒人と白人が手錠で繋がれている人種差別を題材にしたポスター。あなたがおそらく一度は目にしたことがある ベネトンの広告は、ある“クリエイティブファクトリー”から生み出されている。

ファブリカ展

それは、ファブリカ。1994年、ルチアーノ・ベネトンとベネトンの広告のアートディレクターであったオリビエーロ・トスカーニによって設立されたこのデザインの実験場では、既存の価値観を揺るがすようなモノが次々と生み出され、世界中のクリエイターに多大な影響を及ぼし続けている。

ファブリカ展

イタリア・ヴェネティア郊外に位置するこのリサーチセンターでは、世界中から集まってきた才能あふれる若者たちが一年を掛けてプロジェクトを行う。その実験場で生み出されたいくつかの作品が、2006年10月にパリのポンピドゥー・センターで展示され、その後2007年7月には、ミラノ・トリエンナーレ、また10月には中国の上海美術館へと巡り、この度日本へ上陸する運びとなった。

これまでファブリカの趣旨や概要は知っていたが、実際にどのようなことをしているのかは見たことがなかった。今回の展示では、ファブリカでどのようなプロジェクトが行われているのかを知ることができた。

FABRICA: LES YEUX OUVERTS

会場は、主にドキュメンタリー プロジェクト(「I see」と「COLORS NOTEBOOK」)と実験的なプロジェクト(ビデオ、ビジュアル・コミュニケーション、インタラクティブ・インスタレーション)の2つから構成されている。例えば「I see」は、6人の写真家たちが世界の主要な6地域で、民族紛争、生と死、異常気象、女性差別、石油問題、食料危機について、各々の視点で捉えたフォトジャーナルプロジェクト。棺おけで横たわっている遺体、一夫多妻制の家で隣り合う二人の妻の部屋…など、「一枚の写真」が語る内容の大きさに改めて驚く。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE