アグネスホテル・アートフェア 2008

HAPPENING

ホテルの客室が、期間限定のギャラリーに!

ホテルを舞台としたアートフェアは、ニューヨークのチェルシーホテルなどが有名だが、日本での先駆けとなるのが「Art@Agnes」だ。

ART@AGNES 2008

神楽坂の長期滞在型ホテル「アグネスホテル アンド アパートメンツ 東京」を舞台に、4回目の今年は1月11日から13日まで開催され、2500人のアート好きが足を運んだ。日本のアートシーンを代表するギャラリーから、一石を投じる気鋭のギャラリーまで、現代美術を専門とする33軒のギャラリーが出展。ホワイトキューブを飛び出してベッドやお風呂に、意図的に(あるいは無造作に)置かれた現代アートは、人の暮らしの文脈により近づいて、違った顔を見せていた。


ART@AGNES 2008

正直なところ、それほど日本のアートシーンに明るくない。だから、名前は知ってるけど見るのは初めてというギャラリーも少なくなかった。ちまたで噂の高円寺の無人島プロダクションは、チンポム作のネズミピカチュウがお出迎え。

ART@AGNES 2008

気になる展示ばかりで要チェックだったGallerie SHOには、ヘルムート・ニュートンのウン千万という作品のケースがそっと置かれていてハッとする。

ART@AGNES 2008

また、地下に展開していた出展ギャラリー最若のギャラリスト・八木沢俊樹によるGallery Countachでは、ウェットでもドライでもない、若手作家の微妙な時代のトーンが印象的だった。どこもギャラリストとの距離は近く、ギャラリーの温度を直に感じられる貴重な機会だった。

ART@AGNES 2008

もっとも爆発していたのはmagical ARTROOMだろう。HOTEL magicalという架空のホテルの工事現場は、洗面台からベッドルーム、床から天井まで、イマジネーションがミニマムな部屋を侵食していく。その後も山本現代小山登美夫ギャラリーSCAI THE BATHHOUSENANZUKA UNDERGROUNDなどなど、東京を圧縮したような展示を次から次へと目撃する。そうやって今のアートシーンの輪郭がぼんやりと見えてくる。

ART@AGNES 2008

穏やかなホテルにあって、あまりに異質な空間が廊下ひとつでつながっているのは本当に不思議な光景だ。一部屋一部屋の往来は、まるで異なる次元へのワープするかのよう。次は何が飛び出すのかソワソワする一味違うアートフェア、年初の恒例イベントとして今後も見逃せないだろう。

ART@AGNES アグネスホテル・アートフェア 2008
会期:2008年1月11日~13日
会場:アグネスホテル アンド アパートメンツ 東京
住所:東京都新宿区神楽坂2-20-1
http://www.artatagnes.com

Text and Photos: Yoshihiro Kanematsu

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
クォン・オサン
MoMA STORE