クラウディオ・ロンコリー

PEOPLE

『スターを見続けるといい』と彼は言った。

クラウディオ・ロンコリークラウディオ・ロンコリー

だから私は彼に会う前の数日間そうしていた。そして彼の作品で埋め尽くされたカラフルな本にも、スターを見ていた。思えば少し前にラジオでインタビューを受けていた彼の声を聞いた時にはすでに、私は彼のアートに出会っていたのである。全てのスターは、クラウディオ・ロンコリーを指していた。


数日後に彼が私に連絡をしてきたのは、そのためかもしれない。インタビューをしに彼のスタジオへ行くと、本、雑誌、ロボット、ステッカー、ペン、ブラシ、紙などと、コレクターズ作品が、壁に床にと至る所で、花のように拾われるのを待っており、そこは彼の色や質感に埋め尽くされていた。

クラウディオ・ロンコリー

『10歳になるまで父が図書館とおもちゃ屋を経営していたので、僕は常にこういうものたちに囲まれていて、今でもインスパイアされています。両親がいない隙に二人の兄とおもちゃで遊んでいたものでした。そのうち、兄達が仲間内へのお土産を作って、スクールバスをまわって売ったりしてね。僕たちみんなにとって特別なことでした。』

クラウディオ・ロンコリー

これまでのキャリアの最高点はいつですか?

2002年に「シアター・ゼネラル・サン・マーティン」でソロ展覧会をやったとき。2004年に、ここブエノスアイレスでもとくに重要な場所「プラクシス・ギャラリー」で作品を展示したとき。僕にとってそれは、大衆にアクセスするトランポリンのようなものでした。それから2006年には、ペルー、リマの「エンレース・アートギャラリー」で活動し始め、今も続いています。「クラウディオ・ロンコリー」を出版したことも、僕のキャリアにとって大事なことで、それは2007年でした。

クラウディオ・ロンコリー

私たちをつないだのは、その本だった。ピンクのカバーの「クラウディオ・ロンコリー」。様々な本の中でも際立っていた。

私はロンコリーのアートを説明できない。しようともしない。ただ彼のアートが目に入ると、幸福感のミックスを見つける。エネルギーショックのよう。キッチュがレトロと出会い、ビンテージが時代を越えた美と出会う。エネルギッジュな大きな筆と共にカラフルポップが弾け出る。ペインティングの中にはフェミニンなものもあり、そこから放出される奥深い巧妙さがある。

これが、夢が住む場所。ロンコリーのアートの1つ1つの作品とその内側。クラウディオはささやいた。『僕のアートはロマンチックで、たとえば意味のない一夜限りの関係ではなく、手作りのディナーとキャンドルに花付きのデートのようなもの。』

クラウディオ・ロンコリー

では、あなたをインスパイアするものは?

ほぼ全てのものです。一般に言えば、メディア。新聞、テレビ、雑誌、ドキュメンタリー、古いコマーシャル、新しいコマーシャル、消費社会。メディアは常に僕たちを馬鹿にして、巧みに操作しようとしています。それは50年台のことでしたが、今もそうなんです。

なぜ作品では女性が主なのですか?

主婦の姿を評価することが、僕のしようとしていることです。女性は男性よりもずっと上を行きます。男性は女性が怖いのです。おとしめられるのが怖いので、追いやるのです。

ロンコリーは、かつて15年間広告エイジェンシーで働いていたため、広告に詳しい。今や広告される側となり、ストリートのあちこちで見かける。日々人気を増すクラウディオ。彼の作品はフレンドリーでパワフル。彼がクライマックスに届こうとしていて、世界はそれに気づいている。

クラウディオ・ロンコリー

今年もスケジュールはびっしりでしょうね。今後の予定について教えてください。

この金曜日にアメリカ、サンフランシスコの「415ギャラリー」でオープニングがあります。4月にはボリビア、サンタクルス・デラシエラの「キョスコ・コンテンポラリーアートギャラリー」で展示をします。それからブエノスアイレスでは「ArteBA」に参加し、6月にはスイス、バーセルの「スコープ・フェア」に行きます。それからマイアミで展示をして、そのあと、ペルーのリマです。

ではあなたの仲間達である「スター」について教えてください。

今の多くのアーティストが、自身を触れられてはいけないようなスターと思っています。スターのように振る舞い、熱狂的な要望に答える。ものすごいエゴ。というコンセプトでからかうのが好きなのです。個人的に、アイコンとしてのスターはとても好きで、スターは自然に純粋に人間を案内できると思っています。

そしてこれが彼がドア越しに手を振りながら言った最後の言葉『スターにあなたの案内をさせましょう。』

以降、私は家への道を見つけるため、毎晩一番星を探す。

Claudio Roncoli
www.claudioroncoli.com

Text: Gisella Lifchitz
Translation: Yurie Hatano
Photo: Manuel Archain

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE