福井利佐

PEOPLE

線を切り取ることによって一枚の空間に新たな境界線を生み出し、絵画を作り出す。

福井利佐福井利佐

切り画(KI RI GA)という言葉がまさにぴったりくる。「KI RI GA」とは、11月に上梓した初の作品集の名前。福井利佐は新進気鋭の切り絵作家だ。


グラフィカルで大胆な構図の上にものすごく繊細な線と綿密に計算された色彩設定。その絶妙なバランスの上で成立している彼女の作品で切り取られている動物や人は、いまにも動き出しそうな躍動感で見る人に迫る。

現代的かつ西洋的なモチーフを使っていても、どこかしらに「和」がにじみ出ている。意識しているかどうかに関わらず、和(としての静)の要素があることによって、逆に有機的なモチーフの”動”が強調されている。

さらに、福井の活動は多岐に渡っている。切り絵は2次元を飛び出して、車のシート、スニーカーへのデザイン、Tシャツやアニメーションへと広がりをみせる。今後の益々の活躍が楽しみなアーティスト福井利佐に話を聞いた。

福井利佐

中学で切り絵クラブに入っていたことが切り絵を始めたきっかけだと伺いましたが、しばらくは切り絵から離れていたそうで。その後、美大に入ってから切り絵を復活させたきっかけは何だったのですか?

通っていたのは多摩美術大学のグラフィックデザイン科だったのですが、私の時代はグラフィックといっても結構アナログで、色紙で構成を考えたり、顔を線で分解して色彩構成したり、手書きで線をかいたりしていて。紙を使うということが身近な状況だったんです。
2年生の時に、手法は何でもよいから作品を作るという授業があり、普段から紙を使っていたこともあって、中学校のときに切り絵が比較的得意だったことを思い出したんです。当時、周りにはデッサンや水彩が上手い人がたくさんいたので、何か別の表現方法を追求していかないといけないなぁと思っていて。それで切り絵を試してみたら、すごく楽しくて上手くいったんです。以降、ずっと切り絵をやっています。

一つの作品をつくるのにどのぐらいの時間かかりますか?

例えば、現在、週刊誌での連載をしているのだと、一週間でA3一枚とA4一枚の白黒作品を2つ制作しています。時間的には結構大変です。これに色づけが加わるとさらに時間がかかります。通常は、一つの作品に最低でも2~3週間は必要ですね。

お話にもあがりましたが、現在週刊文春で桐野夏生さんの小説に挿絵を書いていらっしゃいますがいかがでしょうか?

文章に挿絵を書くことはやってみたかったので、機会を頂けて嬉しいです。週刊誌なので毎週読んでいない人もいると思うのですが、これまでのストーリーを知らない人も大体の話の内容が一目でわかるように、一話ごとのキーワードを決めてそれをもとに絵を作っています。

福井利佐

11月に出版された初の作品集「KI RI GA」。この作品集を一言であらわすと?

従来の切り絵という言葉からイメージするような趣味としての切り絵ではなく、一枚の絵画として完成された作品だということを強調したかったんです。それで切り画(KI RI GA)という言葉を用いています。

福井利佐

スニーカーやCDジャケットのデザインなど、色々とコラボレーションを手がけられていますが、今までで一番印象に残っているのは何ですか?

2004年に作った中島美嘉さんのCDジャケットの作品ですね。多くの人に私の存在を知ってもらえるきっかけとなりました。一緒にやらせて頂いたことで、中島さんのアイディアや世界感が作品に入り込んできて、私だけだと思いつかなかった絵柄(例えば、メデューサなど)に挑戦できました。これまで表現してこなかった私の新しい部分を引き出してもらっている感じでしたね。

福井利佐
© Sony Music Associated Records Inc.

普段は平面な切り絵ですが、立体的なものに転記する時に気をつけていることは?

形をいかしてより有機的に見えるようにしています。例えば、スニーカーの場合、その流線型の形に沿わすために鯉のモチーフを選んだり、車のシートに模様をつけた時は、植物が生きている様子を再現するようにデザインしました。これは、助手席と運転席とバックとで全て模様が違うんですよ。人が座ってなかったり、外から覗いた時にも楽しいのが作りたかったんです。

福井利佐

どのような切り絵を目指しているのですか?

切り絵という平面で静的なものに動的なものを持ってくることに興味があります。切り絵は線が命ですが、オリジナルな線を描く時、有機的な線、生き生きとした線を描くことで私らしさがでるんです。力強さ、生命力が感じられる作品であるかということを一番重視していますね。

作品のインスピレーションはどこから受けますか?

動植物や人など生命をもったもの、また、煙などの動きがあるものに興味があります。その他、目に見えないけれども動きを想像させるもの、例えば、スペースシャワーTVの広告ではドラムから音楽が出ているという設定で音の流れる様子を切っています。

福井利佐

構図や色使いで参考にしているものがありますか?

芹沢銈介さんという型絵染めで知られる染色工芸家の方の作品は参考にしています。西洋の染色や沖縄の紅型の色使いを伝統工芸に取り込んでいて斬新なんです。実は、彼の作品を多く所蔵する個人美術館が実家の近くにあって、学生時代はよくそこに通っていました。地元が静岡なんですけれども、ひな人形などの工芸品が地場産業で、幼い頃から親しんでいたこともあり、伝統工芸品は好きですね。
芹沢さんとか民芸運動の父と言われている柳宗悦さんとか。民芸の方には学ぶところが多く、尊敬しています。

好きなアート作品やアーティストは?

ヤノベケンジさんのトラヤンとか大きくてわかりやすいものが好きですね。他には祭国強さんの作品とか。ダイナミックで単純明快に面白いところに惹かれますね。自分が小さくて細かいものをつくっている反動でしょうか? 

そういわれてみると、確かに作品もダイナミックさと繊細さの絶妙なバランスの上にありますよね。

性格は意外と男っぽいんです(笑)。切り絵は思い切りが大切だったりして。線を切る時は、うじうじ迷わずに、切っちゃえという気持ちでやっています(笑)

個展のご予定はありますか?

久しぶりに、来年の3月にやる予定なのですがとても楽しみです。今後も定期的に個展をやっていきたいですね。発注をいただいて取り組むお仕事はスパンが短い ので、腰を据えて自分の作品を制作する時間ももっと増やしたいです。雑誌やCDなんかのお仕事だと紙に乗っている状態で露出するので、きちんと紙を切った現物も見て頂きたいですしね。

福井利佐

福井利佐
静岡県出身。切り絵作家として幅広く活動。切り絵という作風ながら、描写のきめ細やかさが話題に。Reebokとのコラボレーションスニーカーや、中島美嘉のジャケット、ステージ装飾、東京コレクシェン参加ブランドとのコラボレーション、オリジナル映像制作、広告、ポスター等、型にとらわれない活動 フィールドは新たな切り絵業界の継承者との呼び声も高い。 1999年、JACA日本ビジュアルアート展特別賞を受賞。
ブログ:http://artgene.blog.ocn.ne.jp/fukui/

RISA FUKUI EXHIBITION VOL.2
「KI RI GA」 展
会期: 2008年3月14日〜4月13日
会場: Gallery ef (浅草)
住所:東京都台東区雷門 2-19-18 
TEL: 03-3841-0442
時間: 12:00〜21:00  *火曜定休
主催: PHILGallery ef

KI RI GA—福井利佐切り絵作品集
仕様:24.8 x 18.2 x 1.4 cm
価格:3,045円(税込)
出版:情報センター出版局
発売日:2007年11月
ISBN-10:4795835330
ISBN-13:978-4795835337
Amazonでの購入はこちらから。

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE