長尾 洋

PEOPLE

感動、興奮し、そして想い、表現し続ける事。

長尾洋長尾洋

SHIFT 2008 カレンダー・コンペティションで作品が入選した、愛知県在住の若きアーチスト、長尾洋
デザインとアートを行き来し、自身でもTシャツブランドを立ち上げるなど、精力的に制作活動を行っている。
彼の姿勢は、クリエイターを目指す若者にも参考になることが多いので、ぜひこのインタビューをみて何かを感じてもらえたらと思う。

まず始めに自己紹介をお願いします。


こんにちは、長尾洋です。1981年生まれ幼少期は神奈川県で育ち、現在愛知県在住です。
小さい頃から絵を描く事が好きで美術大学ではグラフィックデザインを専攻し、卒業後はデザインとアートの両方を行き来して会社、団体に属さずに活動をしています。そして「Yogurt」というオリジナルブランドを運営しています。

長尾洋

オリジナルブランド「Yogurt」について教えてください。

手描きのTシャツを沢山作ってきた中で、ユニクロクリエイティブアワード(現:UTグランプリ)の入選などもあり、1枚のキャンバスに向けて作るものとは異なるスタイルに興味が出てきました。
しばらくするとニューヨークのセレクトショップでのTシャツ展への参加の話が現地の友達から回って来て、その時にYogurtが始まりました。
ブランドには特別なコンセプトは無いですが、ロゴだけがプリントされたブランド名を売るようなデザインは一切しないようにしています。当たり前の事ですがブランド名よりもアートワークに興味を持って欲しいので。
道ばたですれ違う人が身につけてる物を見れるのはほんの数秒だと思います。その短い時間の中でも印象に残るデザインを作ることを心がけています。まだ規模もとても小さいですが、少しづつ大きく育てて行こうと思ってます。
近々スペインの出版社「Monsa Barcelona」からリリースされる「Streetee」というTシャツを集めた本に掲載されます。

長尾洋

以前ニューヨークで活動されていたそうですが、どのような体験でしたか?

もともとスケボーや音楽、ファッションなど、ニューヨークのストリートカルチャーに興味を持って育ったのもあり、まず10代の頃に一人で旅行をしました。
その後も何度か旅行をして、一番最後に訪れた時は3ヶ月ほど滞在していました。近い将来一度住んでみたいと思っている街なのでその下調べの意味も含めてポートフォリオと作品を持って回っていました。自分でペイントしたTシャツを来てパーティーに遊びにいったり、アートイベントに参加したり、家賃代わりに絵を描いたり、スケボーやバスケをしたり、制作会社のプロジェクトに関わったりしました。毎日とても楽しく過ごすことができたし友達も沢山できました。
帰国してからもその時の繋がりがベースとなってエキシビションやプロジェクトに日本から参加したり、ファンジンに寄稿する為に作品を送ったりしてきました。結局は帰国してからの方が活動は増えました。

長尾洋

最近の活動について教えてください。

現在ニューヨークの「WE-ARE-FAMILIA」というプロジェクトにペインティング作品で参加しています。「GROWING STUDIO」のクリスチャン・カーラブロと「SEEE」のジェニファー・グラシアが運営しているプロジェクトで、第1回目のエキシビションが12月の3日から8日にかけてパリのコレットで開催されその後も店内に今年一杯までフィーチャーされます。その他にはイベントなどでライブペイントをしたり、Yogurtの新しいデザインを考えたりしています。

今月のSHIFTのカバーデザインですが、どのようなテーマで制作されたのでしょう?

人間は千差万別、十人十色です。私は私、あなたはあなたなりの一番心地よい速度で歩んで行けば良いと思います。
その最適な速度を見つけ、シフトして行くことが現代の社会で大事なことの一つなのではないのかと思い制作しました。

長尾洋

鮮やかな色使いやデザインのモチーフの発想などはどこからくるのでしょう?

写真などの印刷物から影響を受ける事もありますが、愛犬と近くの川原を散歩しているときの空、夕日、星空、車のライト、ネオンなど、やはり実際に見た風景や物に非常に惹かれます。モチーフの選び方も似ていて、その物を見た時のイメージ、フォルムや性質などに強い憧れを持つんです。
そしてそれらの恩恵を受けたいと思う事が多いですね。色使いもモチーフ選びも自分の表現にはいつも足りないなあと思っている部分を補うところから始まっていると思います。

自分に一番の影響を与えた物は何だと思いますか?

一つの物には特定はできませんが日常のさまざまな発見や感動、人との出会いが良い影響になっています。

長尾洋

もし長期休暇がとれたとしたら何をしますか?

日本国内と世界中を旅して僕が気になる人や場所を巡りたいです。そして美味しい物を沢山食べて遊んで素敵な人たちと沢山出会えるといいですね。

普段の休日の過ごし方も聞かせてください。

バスケやスケボーをしたり、友達を呼んで家の庭でBBQをしたりだとか。夜はクラブへ出かけたりもします。基本的に何もしてない日は無いですね。でもやっぱり家で何か作ってる時が多いと思います。

小さい頃になりたかった職業は何ですか?現在の職業との繋がりはありますか?

バスケやスケボーのプロ選手になりたいと思った事もありましたが、一番初めになりたいと思ったのは絵描きだったと思います。
でも当時のイメージはいわゆる、ベレー帽にパイプ、イーゼルを立てて筆を握り、風景画を描いてる人でしたが。とりあえず好きな事は今とそれほど変わってなって事ですね。

クリエイター志望の人々に何かメッセージをお願いします。

クリエイターと作品は一心同体だなという事をよく考えます。どんなに些細な事にでも感動、興奮し、そして想い、表現し続ける事が大事だと思うので、僕は常にフレッシュな感受性を持ち合わせる事を心がけています。そして好きな事をとことんやれば良いと思います。

長尾洋
contact@yohnagao.com
http://www.yohnagao.com

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE