高木正勝

PEOPLE

自分だけが知っている感覚を突き詰めていけば、普遍的なものにつながる細い道が見付かる。

tanaamiface

新世代を代表するアーティストとして常に新たな地平を切り拓く、音楽家であり映像作家でもある高木正勝。東京では実に3年振りとなったコンサートを記録したライブアルバム「Takagi Masakatsu “Private/Public”」が、2007年5月3日にリリースとなる。 10名のミュージシャンと創りあげた優雅でかつ迫力のあるコンサートの音源を高木自身がミックス。単なるライブアルバムとは一線を画す、現在までの集大成かつ今後がうかがえる貴重な作品についてお話を伺う。


まず最初に、このアルバムの「Private/Public」というタイトルのことからお聞きしますが、非常に多くの作家が同じような悩みというか、独自性を保ちながらプライベート的な表現物にならないようどう回避しようか試行錯誤していると思うのですが、このタイトルはそれをストレートに表していて共感をもちました。
初期の作品からこのようなテーマは常にあったのですか?またはここ最近なのでしょうか?

多くの作家と同じ様に、僕も初期の頃から何かしら普遍的なものを生み出したいという欲求がありました。7年以上、作品を作りながら生活していますが、それだけ続けていると、自分でも普遍的なものに近づいたと思える瞬間に出会えるものなんです。「カミ様が降ってきた」と言われる瞬間の事ですが、自分の意志とは別な力で動かされている様に、作品が作れたり、演奏が出来たりするんです。「気がついたら良いものが出来ていた」という感じで。

作品そのものよりも、そういう不思議な瞬間にずっと興味がありました。一般的には「作品を作る」=「自分を表現する」と思われている節がありますが、本当に良いものが出来る時は、自分の意志とはあまり関係がなかったりする。「作った」というより「作らされた」という感覚。だから、「これはどういう事なんだろう?」とずっと謎だったんです。

皆に分かってもらいたい、一緒に共有したいと思って作れば作る程、自分の中の作為的な部分が出てしまって、つまらないものが生まれる。逆に、自分を捨てて、意識や体を自由に動かしてやると、自分も他人も分かり合える感覚が生み出される。

僕にとっては、「Private」は「個人の感覚」だったり「個人の歴史」といった意味で、「Public」は「普遍的なもの」といった感じです。目の前に広がる普遍的なものには、努力しても触れられない。けれど、自分だけが知っている感覚を突き詰めていけば、普遍的なものにつながる細い道が見付かる。。。

素晴らしい活動をしている作家の方は、自然にこういう事をやっていると思いますが、自分も年齢を重ねた末、ようやく、自分が信じてきたものと真剣に向かい合わないと、と思う様になったみたいです。寄り道している場合じゃないなと。

concert1.jpg

そこで、今回はライブ音源をアルバムとしてリリースしましたが、もともと録音した音源をリリースする予定だったのか、それとも2006年10月に行われたライブからなにかしらの新しい感触を得てリリースしようと思い至ったのでしょうか?

上手くいったらリリースしようと思っていました。録画もしていたのでDVDも考えていたのですが、今回は、音源だけに集中する事にしました。CD用にミックスし直すだけでも大変でした。。。自分では、ライブCDを作ったというよりも、新しいオリジナルCDを作った気分です。通算10枚目のアルバムという事で、今までの活動に一区切りも打てましたし。

生楽器を中心として複数人で演奏することと、一人で行う演奏ではまったく表現の種類がかわってくると思いますが、高木さんにとっての違いがあれば教えてください。

リハーサルが済んで、本番まで辿り着けば、一人で演奏するのも皆で演奏するのも、そんなに違いはありませんでした。ミュージシャンの方達が作品を上手に理解してくれたお陰です。違いがあったのは、準備の段階でした。作品に必要な要素を説明するのに、楽譜に起こし直したり、イメージを伝える為に言葉を使うのは、思った以上に大変な作業でした。半年程、準備期間がありましたが、10名の演奏家がきちんと内容を理解できたのは、本番の最中だった気がします。

concert1.jpg

前の質問にかかりますが、今現在コンピューターミュージックを行っている人間にとってパフォーマンスという側面で、高木さんが行ったようなライブが一つの形だと思われますが他にアイデアなどがあれば教えてください。

楽器を使ってもコンピュータを使っても一緒だと思いますが、演奏そのものだけではなく、サウンドシステムや空間の事まで考えないと難しくなってきたと感じています。結局スピーカーを通して音を鳴らすし、空間で音の出方や感じ方が随分変わるので、自分の専門外と思っていた領域も知っていかないと駄目だなと思っています。すでに沢山の方が試されていますが、もっとそういう総合的な表現を味わってみたいです。

ライブ演奏には演奏家個々人の裁量で行える即興的な要素ははいっていますか?

弦楽器の4人は、楽譜がないとバラバラになってしまうので、大体の曲で決められた通りに演奏してもらいました。後の方は、最低限のメロディーや歌詞、コード進行などを保ってもらう程度で、好きに演奏してもらいました。簡単な構成の曲が多いので、比較的、自由にやってもらえたと思います。でも、いくら楽譜を用意したり決めごとを設定しても、実際に演奏すると全ての要素が「即興」になるものなんですけれどね。。。同じ旋律を演奏しても、毎回違う様に響いてしまうし、上手くいく時といかない時の差は、演奏した旋律と関係なかったりするので難しいです。演奏は自由ですが、作品が醸し出したいイメージは厳密に意識してもらいました。イメージを喚起出来る演奏なら、どんな演奏でも間違いないと思っていたので。

concert1.jpg

このプロジェクトは多くの音楽家・演奏家が参加していますが、エピソードなどがあれば教えてください。または、それぞれの曲にまつわるエピソードなどもあれば教えてください。

今回、初めてクラシックの弦楽器の方と演奏したのですが、楽譜を見ただけでその通りに演奏してしまうので吃驚しました。変な感想ですが、「プロやな。。」と素直に思いました。何か変更を説明しても、即座に合わせてくれる。逆に普段アーティストとして、自分の楽曲を発表している演奏家は、説明をしても自分なりの方法で演奏しようとするので、感覚をあわしていくのに時間が掛かりました。その分、何かを掴むと一気に演奏が突き抜けたものになって予想外の境地に行ける。最終的に目指すところも辿り着くところも同じなんですが、スタート地点が随分違いました。

音楽に限らず、ご自身の映像作品にもいえますが、高木さん特有の透明感と色彩にまつわるルーツ的なものがあれば教えてください。

自分では、あまり独特なものとは思っていないのですが。。。子供の頃から裏山に遊びに行くのが好きだったので、そういう場所からもらってるものが多いと思います。今でも、裏山に足を運ぶと、作品との共通性が裏山で見付かったりします。

concert1.jpg

普段作品を作るにあたって、映像と音はどちらが先にイメージが来るのでしょうか?また、ご自身と音と映像の関係などを教えてください。

どちらも別々に作っているので、どちらが先という事はないです。映像を作るときは、映像を最後まで作ってしまってから、音楽を付けていきます。作っている最中の頭の中は、音が鳴っているのか鳴っていないのか分からない感じです。音楽を作っている時は、映像の事は考えませんが、あるイメージ(空気感の様なものですが)それを頼りに作るので、イメージが先行しているのかも知れません。正直なところ、自分が作った音楽に映像が必要だと思っていないし、映像に音楽が必要だともあまり思っていません。ただ、映像に音楽を付けると全く別の強さを醸し出してくれる時があるので、極力、映像に音楽を付けようと努力しますが、思い通りの音楽を付けると大抵失敗します。全く関係のない音楽を映像に合わせた時の方が、強い作品が出来るのでやっかいです。

今まで行ってきた活動において、特に影響を受けた作家、作品、事柄、場所、などがあれば教えてください。

映像を作る切っ掛けになったのは、スイスの映像作家、ピピロッティ•リスト。それまで自分が知っていた映像は、映画かテレビで見るようなCM、MVくらいだったので。彼女の作品のお陰で、アートの世界で映像を自由に作っていいんだと思えました。撮影の為に、海外へ旅行に行く事が多いので、そういう場所で受ける刺激が作品作りには一番影響していると思います。

concert1.jpg

現在進行しているプロジェクトや、今後の予定など教えてください。

UAさんの新しいアルバムにピアノ演奏で参加したり、映画「そのときは彼によろしく」の音楽を一部担当しました。今は、新作映像の仕上げに掛かっています。昨年は、ライブの準備で手一杯だったので、今年は、少しゆっくり撮影旅行に出掛けて、新しい作品を作りたいと思っています。

concert1.jpg

最後にリスナーと読者にコメントをお願いいたします。

いつもありがとうございます。好きな言葉に「無作為の作為」というのがあるんですが、そんな境地で世界を感じたいものです。最近、メインのコンピュータが壊れました。自分の相棒がいなくなったみたいで、寂しい毎日を送っています。集中出来ないです。思った以上にコンピュータは身近な存在でした。バックアップはお早めに。

ppcover.jpg

高木正勝「プライベート/パブリック」
2006年10月27日(金)、28日(土)、29日(日) ラフォーレミュージアム原宿にて録音
発売日:2007年5月3日
収録楽曲:全16曲(約73分)
価格:2,625円(税込み)
発売元:Epiphany Works + BOOK
販売元:Blues Interactions, Inc.

参加ミュージシャン:
高木正勝(ピアノ、映像、他)、田口晴香(ボーカル)、太田美帆(ボーカル)、UA(ボーカル) 、ヤドランカ(ボーカル、サズ)、OLAibi(パーカッション)、高田漣(ペダルスチール、ギター)、伊勢三木子(第1ヴァイオリン)、下川美帆(第2ヴァイオリン)、三木章子(ヴィオラ)、森谷佳奈(チェロ)、中島ノブユキ(ストリングス・アレンジメント)

高木正勝
http://www.takagimasakatsu.com

Text: Yasuharu Motomiya

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE