テセウス・チャン

PEOPLE

シンガポールを拠点に活動するデザイナー、テセウス・チャン。世界規模で発信されるグラフィクマガジン「WERK」の出版社「WORK」の創立者として活躍し、シンガポール2006年の「プレジデンツ・デザイン・アワード」にて、デザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなどして注目を集めている。クラング、藤本やすし、テセウスの創造力を寄せ集めたWERKの最新14号と連動したカバーデザイン、インタビューをお楽しみください。

070226cover.jpg


バックグラウンドを含め、自己紹介をお願いします。

1961年生まれ。シンガポールにあるナンヤン芸術大学でグラフィックデザインを専攻していました。1986年に広告業に入り、ビジュアルやアートディレクションを手がけています。

どういう経緯でWORKを立ち上げましたか?

WORKを立ち上げたのは1997年です。1986〜1996年の間はアートディレクターをやっていて、1997年に私のやりたいことをできる準備ができたと思いました。

WORKではこれまで主にどういった活動をしてきましたか?

クライアントはOn Pedder(香港拠点の靴やアクセサリーのお店)やTangs(シンガポールの人気デパート)そしてClub21(シンガポールを拠点にするセレクトショップ)のようなファッション関連がほとんどです。他には2006年シンガポールで初めて開催されたシンガポールビエンナーレがあります。

070226WERK14a.jpg

WORKが発行しているグラフィックマガジンWERKについて教えてください。

WERKマガジンは毎号、前号が終わるたびにスタートします。毎回の作業の工程で学んだことが新しい可能性、方向性そしてアイディアを示してきます。雑誌の最終形に先入観はありません。雑誌作りは、恐ろしいのと同時に刺激的です。従来の考え方、印刷と構成の方法をよく壊して、新しい解釈と意味を与えます。完全な欠点の表示は、我々がそのユニークさを表すために努力したことです。インスピレーションの材料として服、重工業や科学の構造方法なども見ます。雑誌の内容の芸術的な一因は引き合わされたものであったり、偶発的なものであったりすることが多いです。そうやって雑誌を見てみると、単純に私たちの感情や感覚、運命を基に独創的に雑誌を作ることができます。

070226WERK14b.jpg

プレジデント・デザイン・アワード(2006、シンガポール)、デザイナー・オブ・ザ・イヤーの受賞おめでとうございます。受賞の主な理由は何だと思いますか?

ありがとうございます。ですが、何で受賞したのかはまったくわかりません。大変名誉ですし、これからも何があってもシンガポールのために創り続け、発明し続け、驚かせ続けるつもりです。

070226WERK14c.jpg

驚きや好意といった反応はどのように作品に起こすのですか?

並置ーありそうもないものをまとめること。
驚きーありそうもないものをまとめることによって起こる反応。
突然変異ー変なものは美しくなり得る。

シンガポールのデザインの現状ををどう思いますか?

個人的な観察では流行を追いかけすぎていると思います。この状態がどうなっていくのかわからないし、いいのか悪いのかすらわかりません。

070226WERK14d.jpg

SHIFTカバーのコンセプトを教えてください。

WERKの最新14号のように、1930年のカントリーやデルタブルーズに刺激を受けたものです。音楽や歌い手やギターに。だからこのカバーは、僕にとってはブルースシンガーたちが愛した古いカラマズー/ギブソンに影響されているということになります。サウンドホールやロゼット、ヴィンテージサンバーストなど、すべて恐慌時代の楽器に繋がっているものです。サウンドホールを通してみると、電車から見える美しい日本の田舎の景色になります。それがなんだか過去の時代のなぞや音を引き起こすわけです。

070226WERK14e.jpg

これからの予定はありますか?

特に何も予定は立てていません。未来については恐怖と同時に興奮も感じます。何をするかは謎です。

読者にメッセージをお願いします。

まだWERKマガジンを知らなければ、「bach-inc.com」か「workwerk.com」でチェックして見てください。気に入ってくれると嬉しいです。あとは、クールに、創造的に、 いつも頭の中に音楽を。

Theseus Chan | WORK
Blk 113, Bukit Merah View #01-540, Singapore 150113
TEL:+65 6323 3202
Email:contact@workwerk.com
http://www.workwerk.com

日本でのWERK取り扱い先:
バッハ(東京都目黒区上目黒1丁目5番10号中目黒マンション407)
Tel: +81-3-5773-6687
Email: info@bach-inc.com

Photos: WERK No.14: 3 Cap(Photography by: Clang, Art Direction by: Yasushi Fujimoto, Production Design by: Theseus Chan, Graphic Design by: Saori Kubota, Takahiro Otake, Aya Uchimura, Hayato Yamasaki, Kenzo Shibata, Yoshiko Nakata, Yoshitsugu Enomoto, Mashcomix, Designer: Marina Lim)

Text: Yurie Hatano
Translation: Naoko Wowsugi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE