マーク・ブレイク&コオ・マスダ展

HAPPENING

マーク・ブレイクとコオ・マスダの二人による制作期間約2ヶ月分の作品を発表するインンスタレーション「五(ファイブ)」が、今年新しくオープンしたアーチストと市民の為のスペース、「バンクアート・スタジオ・NYK」で行われた。
会場となった「バンクアート・スタジオ・ NYK」は、横浜市による文化芸術事業の一環の中で生まれ、 元々、1920年代に建てられたという銀行の建物 を再利用した様々な芸術表現を行うスペース、「バンクアート1929」の関連施設だ。

また、「バンクアート・スタジオ・ NYK」は旧日本郵船倉庫を再利用し、展示スペースと、様々な用途に使用できるスタジオを持つ施設。このスタジオは規定の手続きを行い申し込めば誰でも借りることができる開かれたスペースとなっている。


その開かれたスタジオを使用して制作されたのが今回、エキシビションで発表されたコオ・マスダとマーク・ブレイクの作品。同じスタジオを使用し、一方は彫刻刀で、もう一方は鉛筆を持ち作品を作り上げた。ギャラリースペースとなっている展示ホールの入り口には、その約2ヶ月という一連の作業の中から生まれた、彫刻刀で削り取られた木くずと鉛筆の削りくずがクリアボックスの中に納められ、作品が出来上がるまで記憶が視覚化されているようだった。

コオ・マスダはニュージーランドでファインアートを学び、真言宗の僧としの修行も積んだ人物。作品自体も彼が持つ世界観が色濃く現れていて、ある意味全く別世界であろう、ニュージーランドと真言宗での経験が合わせっている。

2次元の木のカンバスの上に鮮やかな色彩と彫刻刀で削られたラインが広がり、どこか版画を思わせる。 一見混沌とした世界が広がる絵には上も下も無く、4方向から見ることができ、良く目をこらすとその絵の中に人の顔があったり、動物や想像上の獣が描かれていて、四方向それぞれ違う見方ができる作品となっていた。一人で制作した作品が主で、幾つかマーク・ブレイクとの共作もあった。

一方、マーク・ブレイクはニュージーランドでフィルムやペインティングの作品を作り活動し、そして現在、日本へとその活動の場を移した。今回展示された、ペインティグ、インスタレーション、そしてビデオの作品はどれも共通のテーマ「記憶」について扱っていたようだ。

上映されたショート・フィルム「ネオコミック」は特にその要素が強く、登場する人物の「記憶」にフォーカスされていた。映画の中に出てくる風景はまぎれも無く日本の風景なのだがどこか視点がずれていて、普段自分が見ることが無い風景のように思え、特に後半に登場する米の田園風景は日本人からみると、自分たちの原風景として印象されかねないのだが、どこか遠い世界を思いおこさせる。タイトルから伺えるのは作家本人の日本文化への興味なのだが、それが良くあるSF映画に登場する日本的要素ではなく、とても普通の風景なのに別世界を想像させる映像で、以前みたヴェンダースの「東京画」ともどこか通じるものがあり、かといってそれとも全く違うショート・フィルムであり、映画に登場する人物の記憶とみている方の記憶が結びつきそうでつかない違和感を残す作品だった。

この二人のエキシビジョンは共同作業というより、スペースを二人でシェアすることによる、刺激とエネルギーの交換がお互いの制作にとってポジティブな影響があったようだ。

今回紹介した、マーク・ブレイクとコウ・マスダ以外のアーチスト達も「バンク・アート・スタジオ・NYK」のスタジオを利用しており、毎週のようにエキシビジョンやワークショップなどが行われている。今後の予定などはウェブなどでチェックしてほしい。

Marc Blake/Ko Masuda Exhibition
日時:2005年8月20日 19:00-22:30
会場:BankART Studio NYK
住所:横浜市中区海岸通3-9
TEL:045-663-4677
http://www.bankart1929.com

Text: Yasuharu Motomiya
Photos: Photoperformer Pas

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE