クルビ・ダ・ブラマ

HAPPENING


ハリウッドの著名な「スタンダード・ホテル」にて、ブラジリアン・グラフィックデザインとショートフィルムを鑑賞して過ごす特別な夜。

映画、音楽、デザインを扱う雑誌「RESマガジン」は、様々な新しいイベントを通して世界中のヴィジュアルアーティストを紹介している。2006年度のRES 10アーティストの発表後、選り抜きのブラジリアン・グラフィックデザインとアニメーション・ショートフィルムを紹介するため、RESは「クルビ・ダ・ブラマ」とチームを組んだ。

場所はハリウッドでも有名な「スタンダード・ホテル」。とても豪華な場所である。プール際のきれいで居心地のいいラウンジ内で、みんなはDJの音楽とお酒を共にしながらほろ酔いかげんで夏の夜を楽しみ、ブラジリアンアートに酔いしれた。

クルビ・ダ・ブラマは、ブラジルのビール会社「ブラマ」が世界中の様々な場所でブラジルのライフスタイルや文化を称えるために設立したものだ。日常のごく普通のスペースを特別なイベント会場に変えるというのがそのコンセプトの一つである。それは“ジンガ”—ブラジル人特有のセンスをもとにして生きる資質—というブラジル人の生き方を感じることなのだ。

グイルハーメ・マルコンデスのアニメーションショートフィルム「Into Pieces」。

カドゥ・マセド、ルーカス・カマルゴ、マルコス・ヴァズ&アンドレ・カルネイロ、ロボ、ルイス・カローネ、マイケル・アームズ&ルイス・カローネ、カルロス・ベラ&アドリアーノ・ヴァヌッチのショートフィルムが、プール際のスクリーンに上映された。

ポーラ・ノブレ(一番左のイラストレーション)。

ラファエル・グランパ、ロドリゴ・ブレク、クラリサ・トシン、アレクサンドレ・ブラガ(別名アビウロ)、コレクティボ・スタジオ、アンドレザ・ヴァレンティンのイラストレーション。

紹介したアーティスト及び彼らのショートフィルムとグラフィックデザインに関する詳細は下記のリンクを参照のこと。


Club Da Brahma

日時:2006年7月19日
会場:スタンダード・ホテル
住所:8300 Sunset Blvd., West Hollywood, CA 90069
http://www.clubedabrahma.com

Text and Photos: Christopher Lenz
Translation: Toyofumi Miura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE