クラスター・オープニング展

HAPPENING


壁の崩壊より十数年が過ぎようとしている現在、ベルリンアートシーンの最先端はミッテ地区アウグスト通り界隈よりミッテ地区の周辺へと移行していると言われている。ホルツマルクト通り、ツィマー通りあたりにベルリンの主たるコマーシャルギャラリーがそちらに移動した、という話題は既にご存知の方も多いと思う。しかし最近意外な地域の名前が挙がる。ヴェディング地区である。

この地域はかつての西ベルリン区域に属し、現在もトルコ人をはじめとした外国人労働者の住んでいる地域で、他の地区に比べると、カフェやクラブといった娯楽も少ない。どちらかというと“低所得者層の住む地域”というイメージが強い。故に人気も比較的低く、家賃等が押さえられるメリットがあり、そこに目をつけたアート関係者がここに新しいスペースをオープンするようになった、と言われている。ここにはコマーシャルギャラリーだけではなく、非営利のアートスペースが増えてきている様だ。

今回紹介する「クラスター」もその様な情勢を背景にオープンした、アーティストらが運営するアートスペースだ。このスペースがオープンした同じホフ(中庭)には、グイド・バウダッハ、マックス・ヘッツラーと既に2つギャラリーがオープンしている。

このスペースのオープニングとして、運営者である9組のアーティストによるグループ展が行われた。その際、アーティスト達は次の様な事をフレームワークとして定義した。

  ・作品の要素としてこのアートスペースである“部屋”を一部取り入れる事
  ・作品の構成要素の一部に、特定の素材を用いる事

結果として、すべての作品が統一された見栄えとなりつつも、様々な要素を包有し、個々の作品に更なる視線を加えたくなるような展示となっていた。ここにあらわれたのは、アーティストの今までの制作的要素をバックグラウンドとしてサンプル的に提示したものであったり、このスペースでこれから行われるであろう作品の素案であったりした。

たとえば、ゲールド・グロトゥーゼンは普段写真を元に絵を起こす。今回の展示では彼は作品の元となる写真のコピー、及びこの部屋やこの部屋から見える風景のコピーを共通の素材となる木の箱の上に提示した。

同じようにティー・ティムも部屋の写真をモチーフにしている。

またイレーナ・エデン&シュティーン・レーノウ、シモン・ハルフメイヤーは、模型としてこの部屋を取り入れた。

一方でシュテラ・ゲッペルトは共通の素材である木の板の上に、市販のラックと鏡を組み合わせこの部屋の“大きさ”として再現した上で、そこに白樺の枝、動物の毛皮を使用し、多角的な要素を持ったオブジェを提示している。
部屋の大きさのみを取り入れるアプローチは、ベルンド・トラスベルガー、ルッツ‐ライナー・ミュラー、ヨハネス・ハイデンペーター&セバスティアン・グレーフェにも同じ事が言える。

グナー・フォスのアプローチもまた興味深かった。彼は共通の素材である木の板の上に、布地のコピーの束、6冊のメモ帳、メモ帳に使われたインクと同じインクのしみを配置した。メモ帳ひとつひとつに目を通してみると、舞台の脚本のト書きであることが分かった。そのト書き一つ一つを念頭に目をつぶり想像してみると、あたかもその部屋で、コピーされた布地の衣装をまとった人々が登場する、これから始まるであろう舞台の様なイメージを呼び起こした。

このように個性豊かでありながら一つのまとまった方向性を演出する役割を演じたのがプロジェクトチーフにあたるバーバラ・ブッフマイヤーだった。彼女はこのプロジェクトに際してこの場所を選んだ理由を次のように語った。『勿論、経済的な理由もある。でも、それ以上に大切なのはヴェディングにはまだアートを見る場所が少ない、ということ。おかげでここに来る人々はより長い時間作品そのものに向き合う時間を作る傾向にある。例えばトア通り(ミッテ地区、徒歩圏内に多数のギャラリーがある)に場所を持つ事も出来たけれども、あそこではみんなすぐ他所に行ってしまうでしょ?かといってアートファンに魅力的なもの何も無い訳ではない。このホフには他に2軒ギャラリーはある。このような適度な周りの環境が、ここにスペースを構えた大きな理由のうちの一つかしら。』

裏を返せば、魅力のあるコンテンツを提供できるからこそとれるアプローチである、その様に彼女の発言から自信を感じた。今後も彼らの活動には注目して行きたいと思う。

「クラスター」オープニング展「Vorabzug」
会期:2006年6月3日〜13日
会場:Cluster
住所:Osram Hoefe, Oudenarder Strasse 16, 13347 Berlin
http://www.cluster-berlin.de

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE