飯田竜太展

HAPPENING


梅雨真っ只なかの6月13日〜7月2日、「ギャラリー(g)」で、飯田竜太展が開催された。

ただひたすらに、カッターで本を刻み続ける飯田くんの作品は、第22回一坪展でもグランプリを受賞するなど、今や各方面で『なんかスゴい奴がいる』と話題もちきりになっている。今回は、大阪「graf」での「tenants」展で創作された本の彫刻のほか、文字が刳り貫かれた1ページのアートワークなどが展示され、光を絞った整然たる空間に、奔放に独自の世界観を放っていた。

(g) は、デザイン会社「gooddesigncompany」が運営する、事務所に併設されたギャラリー(のようなもの、と彼らは呼ぶ)だ。古賀充さんや本城直季さんなど、毎回独特な視点と質の高さでうならせる若手作家を中心にキュレーションしていて、ちょっと頑張れば手が届きそうな値段の作品を販売したり、若い人でもアートをもっと身近に感じられるスペースといえるだろう。

そして代表の水野学さんをして、『希有な人材』と言わしめる飯田くんもまだ24歳。大学では彫刻を専攻し、「ガーディアンガーデン」での個展や、「青山WALL」でのグループ展などで作品を発表してきた。実家が鉄工所ということもあって、展示に使用された什器もすべて制作したという。中央に置かれたガラス製の棚は、少しかがむと表紙が見える絶妙な高さで、ミニマムな空間にあってちょっとした動きをつくり出していた。

木目?波?さて、いったい何に見えるだろう。自然のフラクタルのような、文字の黒と紙の白でできあがった立体のテキスタイルは、フランス語と日本語、あるいはカラーページや段組によって、それぞれに表情を持つ。飯田くん曰く『何だかわからないけど惹きつけられる』対象としての本は、がむしゃらな彫刻という過程をへて、捉えどころのない不思議なモノに様変わっていた。

エキシビジョンの冒頭にはこう記されていた。

『本そのものが持っている「内容や意味、中の文字」は、読むことができない。しかしそれらの断片破片は、言葉にならない「何か」を語っている。「本」「文字」を、「彫る/切る」という行為によって、別のものへと昇華する。「本」「文字」を彫刻するというのは、そんな「見えない何か」、「見ることはできない何か」を、垣間見せるための行為なのかもしれない。』

本を切り開く。本から文字を刳り貫く。そうして出来上がった何とも言えないそれは、特に意味を付与されないまま、ただそこにあり続ける。知識の集積としての偉大なる本は、物質そのものの美をはらむことを、その豊かな表情は教えてくれた。彼のアートから放たれる力強く新しい衝撃、それはハッとするほどの文脈の転覆にあるのかもしれない。

飯田竜太展
会期:2006年6月13日〜7月2日
会場:(g)
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-31-12 2F
TEL:03-5728-1711
http://www.gooddesigncompany.com

Text and photos: Yoshihiro Kanematsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE