スリープオーバー・サイケデリア展

HAPPENING


香港の旧市街に佇むショップとギャラリーを兼ねるお店「カポック」。そこでオーナーのアルノー・カステルと話していると、バックパック、ポートフォリオと寝袋を抱えた興奮状態の20代の青年がどかどか入ってきて、床に持ち物を放り投げた。彼は壁にかかっている絵、手作りのジンやミニチュアの城をしばし眺めたのち、『こういった雰囲気がどんなに恋しかったか!』と言った。

フロリダ出身で上海在住の若いアーティストが、天后(ティン・ハウ)の車庫を改造した店に入ってアットホームにくつろげるってどういうことなんだ?それは、「カポック」初めての展示「Sleepover Psychedelia」(外泊するサイケ展)の作品のせいだろう。この展示は、サマンサ・カルプとエイドリアン・ウォンによって企画され、「DIY」「ファンタジー」「おたくシック」などにどっぷりつかっているアメリカのアーティスト5人による作品を紹介している。ポストヒッピー、ポストパンク、ポストニューエージ、ポストポップ、この展示会にあるような作品、ジン(ミニコミ誌)、手作りプリントのTシャツ、CD、そしてグラフィックがこのジェネレーションの象徴だ。

『彼らはね、方眼紙に描くんだ。』と、アルノーが言う。『ぼくたちもよく方眼紙に書いたなぁ。』絵の複雑さが彼ら独特の世界を創り上げ、子供っぽい外見からは想像できないほどその世界はしっかり形成されている。こういった世界は誰にでも心当たりがあると思う。それは一般的な潜在意識の変形であり、普段の生活の中で大量に押し寄せてくるイメージと心の中の世界を表現したものである。もし来世のアメリカ郊外で熱狂的な愛が受け入れられ、並外れて解読不能でかつ親しみやすい新しい美学的思想が生み出されたらどうなるんだろう。そんなところにポップカルチャー、ビデオゲーム、60年代と80年代のイコノグラフィ、神話的な動物のイメージがはこびったら…。

答えは、この世のものとは思えないトーマス・ギャロウェーのロボットフィギュアシリーズ「gang dudes」。そしてドン・ヘンリーやエア・サプライを聴きながら石器を削っているマット・ロック作のネオン色ケイブマン。デボン・バーメガによる、幾何学の問題用紙に漂うアステカ調な怪獣の街。

こういったアイコンは香港の若者には珍しくないけれど、数学の時間に描いた落書きやそれをブログでばらまいたりするのは珍しいかもしれない。

『香港のDIYアートは、未熟だとかごちゃごちゃしていると思われがちだけれど、実際アーティスト達が自宅の地下室でこういったものを作っているところがおもしろい』とサマンサは言う。『香港ではアートの選択枠が狭く価値観も薄い。アートスクールに行った人と、全くアートに興味がない人と二種類に別れている。』エイドリアンによると、香港の莫大な資本は無難なハイファッションやポップカルチャーに注がれているそうだ。だから「カポック」が存在する意味があるんだとアルノーが付け足す。高級ブランドとどこにでも手に入るストリートアートとの間で「なにか驚くようなもの」を探し出すことができるような場所を提供するのが「カポック」の目的だ。サマンサにはもう一つの課題がある。『ここでは誰もがもう特権的なアメリカはごめんだと思っているけれど、結局目にするのはハリウッドものばかりなんです。ヨーロッパの領事館が自国からの面白そうな作品を後援しているように、まずは文化交流の第一歩としてアングラなアメリカの若手のアーティストによる作品を展示することにしたんです。』

ネオン色マーカーで架空の歴史を描いた落書きの数々は、現実と潜在意識、古代神話と21世紀ポップカルチャー、そしてハイアートとストリートアートの間をさまよっている。そしてこれらの作品は、エイドリアン・ウォン制作によるモノクロームの城や虹のインスタレーションとともに展示されている。『こんな馬鹿っぽい難解さを素晴らしいと感じてもらえれば理想的。』と彼は言う。任天堂で遊ぶのに忙しくてポストパンクについて語る暇などない、というエイドリアンは、絵を見た本能的反応からこのインスタレーションを作った。絵は自由で色彩に溢れ刺激的で現実味があるけれども、単調で平らだ。それを立体的な空間作りで見せようという訳だ。城や虹など幼年期のアイコンを選んでおきながら、わざとトレードマークの色を使わなかったのも彼の目論みか。『絵をかけるには具合がいいオブジェになった。』と彼は言っている。


Sleepover Psychedelia

キュレーター:サマンサ・カルプ、エイドリアン・ウォン
インスタレーション:エイドリアン・ウォン
参加アーティスト:ブライアン・チッペンデール、トーマス・ギャロウェー、マット・ロック、 デボン・バーメガ、ブレント・ワッデ
会期:2006年4月1日〜5月5日
会場: Kapok Gallery Space
住所: 9 Dragon Road, Tin Hau, Hong Kong(香港天后皇龍道9番)
TEL: 852.2549.9254
e.info@ka-pok.com
www.ka-pok.com

Text and Photos: Kat Lo
Translation: Nem Kienzle

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE