第11回 ソニック・アクツ

HAPPENING


年に一度アムステルダムにて開かれる「ソニック・アクツ」、いつも予想通りに迎えられるが、今年も例外ではなかった。 2月23日〜26日の間、「パラディソ」と「デ・バリー」で開かれたこの国際コンピューター・アート・フェスティバルは今年11年目を迎え、強烈な三日間のカンファレンスは三晩三夜のライブパフォーマンスに匹敵し、広範囲に渡るフィルムプログラムと展覧会で構成された。フェスティバルテーマのDVDと本が来月あたりに出版される予定だ。

自主的なコンピューターアートはますます多くのアーティスト、彼らのハードウェアの発展によって最近リバイバルされ、彼ら自身のソフトウェアを書いている。「ソニック・アクツ」にとってこれは現代のコンピューター・アートにおいて欠くことのできない要素である。今年のフェスティバルのねらいは、様々な面を持ち、色々な形に浸透するコンピューターアートの概要の提供だった。国際的な参加者はコンピューターアート、フィルム、ファインアート、音楽、学問の世界から引き付けられ、文学とアートの歴史は、歴史的発展によるものではなく、現代、未来におけるコンピューターアートの位置から、話し合うため集まった。

スピーカーには、1968年に展示「サイバネティック・セレンディペティ(人工頭脳力)」で歴史を作り上げたヤシャ・ライハート (GB)、コンピューターアートやフィルムの先駆けであるリリアン・シュワルツ (USA)、作曲家であり「コンピューター・ミュージック・チュートリアル」の筆者であるカーティス・ローズ (USA)、そしてサンフランシスコ州立大学のコンセプチュアルデザインアートの教授であり「インフォメーション・アート:アート、サイエンス、テクノロジーの交点」の筆者であるステファン・ウィルソン (USA) がいた。カンファレンスはフェスティバルが始まる前にすでに定員となり、これら勢力のあるスピーカーたちのスピーチを聞くための要求だった。

デジタルフィルムアートでのフィルムプログラムは純粋にドキュメンタリーとコンピューターフィルムが一緒になって見え、また貴重なものを含んでいた。ほとんどがこれまでオランダで見られたことのないものだった。私のお気に入りは「シーグラフ」のアーカイブをもとにしたショートフィルムのコレクション、「ザ・シーグラフ・コレクション」だった。(「シーグラフ」はテクノロジーとアートが関係したコンピューターフェスティバルで、年に一度アメリカで開かれる。)上映されたコレクションはサイエンスやアート、エンターテイメントの分野から取られた作品の概要だった。それぞれの映像はコンピューターアートの発展に先駆者の役目として上映された。そのうち際立った2人は、エド・キャットマルアルヴィ・レイ・スミスである。私は純粋にデジタルグラフィックの作品を製作する会社で働いていたので、この全てのテクノロジーのデザインは当然のことと思う。しかしそれは誰かによって発明されなければならなかった。エド・キャットマルの「ハンドフェイス」は1972年に制作された。彼は曲がった表面を展示するために新しい技術を考え出すことに責任感のある人だ。彼は生地の地図作成を発明した人だ。彼はアニメ番組「ツウィーン」を発明し、さらにやがて「ピクサー」の初代の社長になった人だ。著名な人である。

彼の作品に並ぶのは、長年の友人でありコラボレーターであるアルヴィ・レイ・スミスのフィルム作品「ビッド・ビッツ」(1974)だ。アルヴィもまた「ピクサー」の設立者であり、彼の長い経歴にはデジタル・ペイント・システムやデジタルイメージ合成の発展が含まれる。また、彼のフィルムにおけるデジタルアートとアニメーションへの貢献にはオスカーが2度送られた。これらの初期のフィルムが、デジタルグラフィックの道具の発展にどれほど重要かを知るのはおもしろい。

展覧会もまた、いくつかのコンピューターアートの伝説を含んでおり、ベン・ラポスキー(US)、エドワード・ザジェク(US)、フリーダー・ネーク(DE)、マンフレート・モ−ア(US)そしてトニ−・ロンソン(US)の名前があった。このアートは50年代初期、そして60年代末期までさかのぼる。事実、数学者でありアーティストでもあるベン・ラポスキーは、1950年代電子機械によって最初にグラフィックアートを考案したとして信用された。展示されたアートの全ては強く数学的で審美的な質ディスプレイされ、これらの先駆者的アーティストが色や演算方式の計算といった見本になってその魅力を明確に示した。

最後に、デジタルテクノロジーから確立し、ドローイングにインスピレーションを受け出てきた新しい才能を紹介するためにのミュージックナイトが「パラディソ」で開かれた。最も大きいアトラクションは金曜の夜に開かれたジェイス・クレイトン(DJラプチャーとして知られる)のイベントだ。彼は、多くの支持を集める並外れたターンテーブリストであり、「ネグロフォニック」の設立者で、さらにアメリカの「スート・レコーズ」に所属する。彼の選ぶミュージシャンは傑出していて、その幅広い音源にはグライム、レゲエ、ブレイクコア、ダブステップ、ヒップホップのようなアンダーグラウンドなジャンルからベリーダンスやパンクまであるのだ(!)

その夜の私のおすすめは、ロンドンが認める「ノー・レイ」と「Gキッド」だ。「アンオーソドックス・ファミリー」出身の二人のMCからなり、彼らはロンドンの若者特有のガレージ音楽を代表する。(「ソニック・アクツ」のウェブで彼らのサンプルを聞くことができる)。目を見張っていると近いうちに必ず彼ら二人の名前を耳にするだろう。また、現在「ワープ・レコーズ」所属のソロアーティスト「ビーンズ」(元アンチ・ポップ・コンソーシアム)の名もあげられる。彼の上演するライブを聞けるとはなんて贅沢。来年は是非。

Sonic Acts XI
会期:2006年2月23〜26日
会場:Paradiso, De Balie
住所:Amsterdam, The Netherland
info@sonicacts.com
http://www.sonicacts.com

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Mark Visser and SonicActs
Translation: Miwako Nakazawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE