BEYES インタラクティブインテリア

PLACE

2月11日〜28日、ごった返す表参道ヒルズにオープンしたセレクトショップ「BEYES」表参道店で「インタラクティブインテリア」が開催された。「インタラクティブデザインとインテリアデザインを結ぶ新しいフィールド」というかつてないフロンティアを描いて、wowlab+wildcardSEMITRANSPARENT DESIGN、鎌田貴史(.spfdesign)、マルコス・ウェズカンプNANIKAと、熱狂的ウェブデザインギークスには失神ものの3カ国5組のメンバーが参加。

「大人の男のルームシェア」という斬新なコンセプトを掲げた野心的なセレクトショップにあって、新たな環境装置「EDIT WALL」がどのようにお客様のココロを/カラダを捕らえるのか。金曜日の閉店後にこっそり潜入して、たっぷり体験させていただきました。その様子を、ここでレポートします。


raku-gaki.com」のニシダさんや「artless」が手がけた、クリエイティビティ溢れるレコメンドコンテンツが何かと話題のECサイト「BEYES」。その初のリアル店舗が今が旬の表参道ヒルズにオープンした。友達のウチに遊びに行って見つけた「何か気になるモノ」をお持ち帰りできる、そんなコンセプトで構成された開放感のあるショップだ。こだわりの品々が並ぶ店内の入り口から入ると、正面に環境装置と呼ばれる「EDIT WALL」がある。2m×1.5mのスクリーンに映し出される美しいモーショングラフィックス。好き勝手に流れる映像は、CCDカメラで捕らえた人の動きに反応して予期せぬエフェクトが起こる。そんな「ビジターとのインタラクションを通じたインテリアとしての映像を生み出そうとする試み」を、さっそく味わってみよう。

まずは「For All Seasons」がTDC賞を受賞したアンドレアス・ミューラーと、Hi-ReS!のファウンディングパートナー、フローリアン・シュミットによる「NANIKA」から!人の動きで湧き上がる「Motion Wall」はスモークのように渦を巻き、かろうじて形作られる人型のグラデーションは、予期せぬ他人の動きによっていともたやすく形を変えてゆく。色とりどりの繊細なメタモルフォーゼは、インタラクティビティの自在性を軽く突き抜けて、そこには彼らの言う「ただシンプルに楽しむ“何か”」があるだけだった。

そしてシステムのディレクション、ウェブサイトの制作、ポスターデザインも担当した「SEMITRANSPARENT DESIGN」!一目見ただけでウキウキを予感させるドットのスペクタクルがキレイ。じっと見てると自分が動かなくてもモーションが勝手に動き出す。EDIT WALLのウェブサイトを閲覧するユーザーの動きもデータ化されているのだ。オンライン/オフラインを違った次元で共有することは、今では直球勝負なのかもしれないけど、タイトルに「Skew=ねじれの位置」とあるように、アウトプットの心得た意外性に驚かされる。デザイン×プログラム×デバイスを華麗にミックスするセミトラ、その一癖あるクリエイティブが直感的な心地よさをそそるのだろう。

続いてはうって変わって、「wowlab」+「wildcard」による静的な「Air Garden 空中庭園」。ふと動き出すゆらめきは、風が吹いたり、花が散ったりのミニマルなインタラクション。前のバージョンでは全ての草花や動物が反応し、にぎやかに動いていたという。止めるところを止め動くところを動かす。そうやってそぎ落とされた作品は、動きのロジックをカラダで感じたときの、喜びのふれ幅が更に大きいものとなる。テクノロジーと日本的な美が混ざり合って環境装置として動く日本画は、おもてなしのための掛け軸のようだった。

4番目は、マルコス・ウェズカンプによる「Color Traces」。「ショップ環境の動きと色をマッピングして、時間と空間を脱構築する時計」というかつてないマニフェストによって生み出されたインタラクティブアートは、1秒ごとに人の動きや服の色を瞬時にトレースし、無機質なカタチと色を生成していく。一目ではわかりづらいのだけど、誰かがそこに足を踏み入れて成立する客観的事実を積み重ねることは、新しいインタラクティブマーケティングの地平?とか、壮大なアーカイブの可能性を予感させていた。

最後は鎌田貴史さん(.spfdesign)の「Chronorhythm」!スペクトルのグラデーションが鮮やかな色相リングは、時を刻みながら空間のあらゆる動きに敏感に反応して回転を続ける。もしその動きをとめてみたいなら、ミリ単位の繊細な操作が要求されるだろう。同じ仕様のスクリーンセーバーをインストールできるので試した方もいるかもしれないが、マウスなら自在にできるアクションも、あなたのカラダがデバイスとなったときにものすごい神経を使う動作となる。ロジカルに組まれた厳格なプログラミングが、気まぐれにしか思えなくなってくる不思議さ。肉体感覚とロジックの錯綜が、僕たちの遊び熱に火をつけるのだ。

こうしていろいろな作品に意識的に触れてきたが、垂れ流しという普段使いを考えたとき、どれもふと後から気づくような、さりげないものに仕上がっていた。「インタラクティブ」という言葉がそれほど一般的ではない今、環境に忍び込んだ空間演出は、ショッピングという気まぐれのインタラクションにどんな豊かな刺激を与えてゆくのだろう。

というわけで、今回の取材は「BEYES」の黒田さんにご協力いただきました(ありがとうございます!)。『他の作品を見てまた刺激を受けたようで、その場でプログラム修正している方もいました。』とか裏話も伺いました。中でももっとも印象的だったのは、いい感じに人が入ってきたらセミトラの「Skew」、混みすぎているときは「空中庭園」など、お客様の混み具合や雰囲気でコンテンツを選んでいるということ。場の空気を変えてゆくための環境装置は、クリエーター/アーティストの多彩な表現と、置かれるショップ側のリアルな空間感覚とがシンクロすることで初めて成立するのだろう。

『みんなが楽しそうにやってくれて本当に嬉しかったです。』と嬉々とお話をする黒田さんをみていて、新しい表現のフィールドが幸せに誕生したことを、汗をかきながら確信した夜だった。

INTERACTIVE INTERIOR
会場:BEYES 表参道店
http://www.beyes.jp/editwall/

Text: Yoshihiro Kanematsu
Photos: Kenjiro Nakano and Yoshihiro Kanematsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE