サターン・スカイドーム

HAPPENING

オートショーや車のディーラーショップへ行った事のある人であれば、いかにして車メーカーが最新モデルを披露するか良く知っていることだろう。高いプラットホームの上にディスプレイされたり、スポットライトを浴びたり、仕様が書かれたインフォメーションと共に並べられたりする。それが大抵の手法だ。


しかし、サターン・ブランドの新型ロードスター「スカイ」においては、何かもっと違うことを、との要望があった。ロードスターを運転するのは、とても感覚的な体験であり、サターンとそのエージェンシー、サンフランシスコを拠点にする「グッバイ、シルバーステイン&パートナーズ」は、全ての感覚に携わるような、体感的なディスプレイの創作を試みた。その結果が、「サターン・スカイドーム」だった。

元々スカイドームは、比較的シンプルなコンセプトと共に進められた。スカイ・ロードスターを測地線ドームで囲むというものだ。このドームの天井は360度のムービースクリーンに、IMAX シアターとプラネタリウムをクロスさせ、空や雲、梢や星が映し出される。つまり、ドームの中の人は、スカイのドライバーの目を通した世界の美しさと平和を、ただそこに立つだけで体験できるのである。

しかしそのアイディアは、そこからさらに進化した。イマーシブなデジタルビデオを専門とする会社「オブスクーラ・デジタル」が活動に加わると、「グッバイ」チームもまた、車の工学技術を披露する方法について考えはじめた。
「オブスクーラ」は、「スピードシェイプ」によって供給される、二次元CADアニメーションを取りいれ、それらを立体的な表面に写像することのできる真新しい技術を実験し続けていた。 その技術がスカイに適用されると、車はまるで、固体の鉄鋼からエックス線視覚に移行していたように見えた。以下の写真のように。

年に一度開催される展示会「ワイヤード・ネクストフェスト」は、スカイドームがデビューするのに完璧な会場だった。輸送機関、エンターテイメント、科学、環境技術など様々な分野において、最新のクールなものを探す人達や、企業家など、全ての出品者達の興味を喚起させるイベントなのだ。

スカイドームのチームは、それぞれのドーム技術の要素を別々にテストしたが、合わせてディスプレイの全ての要素を一緒にテストすることは不可能だった。実際「グッバイ」と「オブスクーラ」チームは、スカイドーム公開前2日間で、技術を組み立て、障害調査をしたのだ。

始めのステップは、構造を組み立てること。 ドームは、高さ23フィート、直径44フィート。層を組み立て、それは高さ8フィートのトップ部分まで持ち上げられ、黒の生地で覆われた。

ドームの内側は、30の三角形のセグメントでできた映写幕で裏打ちされた。「オブスクーラ・デジタル」のオリジナルソフトウェアが、雲と空の高画質フィルムを取り入れ、ドームスクリーンに映し出した。大規模なサウンドシステムが、ビデオで同期させた多元音響効果でドームを満たした。例えば、あらし雲がドームの端から端へと動けば、サウンドもそれと共に移動した。

その間にもチームはまた、車の多層CADアニメーションを較正して、それらをスカイロードスターの輪郭に写像することにも忙しくしていた。チームは、エンジン、サスペンションシステム、安全技術などを強調した6つの異なるアニメーションを作り出した。車のまわりに設置された4つのタッチスクリーンで、ドームに訪れた人々はそれらをコントロールすることができた。

スカイドームの体験をした人々の反応は、圧倒されるほどポジティブなものだ。映像がどのように車に適用されていたかを理解しようと努める者もいれば、天井の映像とサウンドシステムを鑑賞する者もいた。しかし誰もが、通常のディスプレイよりもイマーシブな体験であるこの展示が、車を紹介する現代的な方法であると認めた。彼らはスカイに対してポジティブな感情を抱き、そしてサターンが未来への準備ができている会社であると感じながら、会場を後にしたのだ。

画像やテクニカル・インフォメーション、またスカイドームのビデオは、www.saturn.com/skydome にて見る事ができる。

サターン・スカイドーム
会期:2005年6月24日〜26日
会場:WIRED NextFest, Chicago, IL, USA
http://www.saturn.com/skydome/

Text: Toria Emery
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE