NIKE 公式オンラインストア

DESIGNEDGE & EXPO 2005

HAPPENING

すっかりクリスマスムードの11月10日〜12日、シンガポールで「DesignEDGE Conference & EXPO 2005」が開催された。このイベントはシンガポールが国を挙げて主催する「シンガポール・デザイン・フェスティバル」のキックオフとして、香港のデザイン雑誌「IdN」がプロデュース/キュレーションを担当、DELTA、MO’WAX、ROSTARRなどストリートシーンのヒーローがこぞって登場した。さらに日本から倉石一樹や、デビルロボッツ、デジタルフィルムシーンからUVAとD-Fuse、そして大御所デザイナーズ・リパブリックまでもが一同に集結し、赤道に程近いアジアの南国は一段と熱気で溢れかえっていた。


「アジアにおけるデザイン創造力の発信拠点にしよう」と、本気でデザインを国家戦略に据えているシンガポール。11月9日から23日まで続いた「シンガポール・デザイン・フェスティバル」は、そんなアジアを代表するビジネス都市で満を持して開催される、規模の大きなデザインイベントだ。

期間中は「DesignEDGE」のほか、アジアにおける広告やブランド戦略に関する国際会議「ADASIA 2005」、クリエイティブ業界の新たなリーダーを巡るサミット「Beyond 2005」など、カルチャーからビジネス、アカデミックなシーンまで多様な交流が盛り込まれている。ずらりとラインナップされた世界中からの豪華なゲスト陣を見ても、リッチな政府の本腰の入れようが伺える。

デザイン・ギークスのための祭典「DesignEDGE」の会場となったサンテック国際会議場、既にロビーでは期待感でそわそわしきりの若い面々でごった返す。開場して瞬く間に満員御礼となったオーディエンスを前に、シンガポール・デザイン・カウンシルの会長とIdN社長のローレンスによる挨拶が行われた。『今回招いたゲストたちの反抗、彼らの新しい視点はいまやクリエイティブカルチャーの主要な部分を担っている。このカンファレンスはその革命がどのように起こったかを指し示すことになるだろう。』と彼らがいうときに、『今もっとも尖がったデザイン』とはいったい何なのか、そこに至るまでにどのようなプロセスがあったのか、そんなことを巡るはずの熱い3日間がいよいよ幕を開けた。

トップバッターは、「DELTA×MODE2」!ライムを生み出すリズミカルなしゃべりのMODE2は、普段の何気ない光景、ありがちなコンポジションを極端にトレースするかっこよさをまざまざと見せつけ、DELTAは歴代のピースだけでなくキース・ヘリングやZephyrのタグが描かれた80年代のスケッチブックを披露してくれた。最後にDELTA自身が“バフ”(=グラフィティを消す)するという最近のプロジェクトでは、DELTAによる白と黒の都市的なピースの上に、市民は誰でも赤いスプレーでボムすることができ、その上に再びDELTAが重ねると、しばらくしてまた誰かが赤くボムしていくということが繰り返される。そのリーガルウォールを舞台にした楽しげないたちごっこは、グラフィティの表現がコミュニケーションのプラットフォームになっているようで、とても爽快だった。

続いての「Answer×U.N.K.L.E×Kostas Serementis」では、ジェームス・ラヴェルの代わりにU.N.K.L.Eとして登場した欠伸しながらのベン・ドルーリー、モジャモジャの髭に触ってみたいコスタス・セレメティスなどが登場、ラメルズィーやFUTURAなどビッグネームなコラボレーションといいつつ、ここではただ見たことのある作品を紹介していくだけだった。一方、次の「D-Fuse×United Visual Artists」では、D-Fuse小野さんの生DVDJプレイや、光を自在に操るUVAの生インスタレーションによって、デジタルフィルムによる圧倒的な映像の異空間にオーディエンスを引き込んでいたのはさすがだった。

質疑応答の時間も無いままカンファレンスは午前中で終了し、午後からエキスポでのパビリオン展示が始まった。「プリント」、「アート」、「ファッション」、「ミュージック」、「インタラクティブ」、「コリア」、「アーバン」の7つのパビリオンで会場は構成され、そこかしこでサイン会やライブパフォーマンスがパラレルに行われる。昨年のカンファレンスで「セクシーチェンジ!」というフレーズを流行らせたデビルロボッツのサイン会には、これでもかという人だかり!ふと見渡せばSHIFTのNO.94のカバーを飾ったFAILEも、あの見覚えのあるシルクスクリーンをサイン代わりに惜しげもなく量産していた。ひっきりなしにファンがサインをねだりに来て、さすがに疲れも見え隠れするプレゼンターたち。ここでは彼らは、あまりにビッグスターなのだった。

展示として一番楽しめたのは、自分も体を動かして参加できる「インタラクティブ・パビリオン」だろう。体をデバイスに、シューティングなどゲーム性を持たせたフィードタンクは、ユーザーの動きを見ながらこっそりその都度ゲームバランスを制御していたのが印象的だった。またプレイモーション! は、触る/当たるという身体的で単純なインタラクションながら、まるで自分からオーラが出てしまったような美しいグラフィックと抜かりない反応のよさに、思わず「ワオ!」と声に出すくらいデバイスとなった体は弾けきった心地よさを感じた。

カンファレンス2日目の「Surrender×Mo’Wax×Kazuki Kuraishi」のセッションも、昨日同様ウェブサイトをみればわかるような作品紹介に終始していて、ステージ前のビーンクッションの席の観客はうとうとしている。そして、倉石一樹さんのときに空気はさらに微妙なものとなった。何も持参しなかったという彼とのセッションはQ&A形式になり、『作品がないと質問もできない。』というもっともな意見が噴出し、質問したとしても素っ気無い受け答えを連発する。目の前にいるのにまるで遠い存在。そのとき一人のオーディエンスがマイクを手に取った。『主催者に言いたい。この馬鹿げた展開はなんだ?僕たちはプロセスを知ろうとここに来たのに、作品を見せられるばかり。これで何が得られたというのだろう?』会場の声を代弁するスカっとする突っ込みに会場からは大拍手、波乱のセッションは後味の悪いまま終了時間を迎えた。

この微妙な空気を颯爽と変えたのが「ロースター」!「グラフィックのパワフルなところにぞっこんになった」という彼が見せてくれた、スケッチブックで描いていく破壊と創造の映像には場内も釘付け。『僕たちアーティストには君たちが必要なんだよ。』というビッグブラザーの包み込む言葉に打たれ、ギスギスした気分はどこかに行ってしまった。それでもカンファレンスの意義をオーディエンス側から突きつけたこの局面は、ストリートカルチャーシーンでありがちの何だか閉鎖的な感じを端的に示している気がして、いろいろなことを考えさせられた。

カモフラKING「マハリシ」のセッションですべてのカンファレンスは終了し、再びエキスポタイムへ。DELTAのライブペイントが予定されていたが技術的な都合で残念ながら実現できず、その代わりに急遽タギング会を行っていた。一転リラックスした雰囲気の中で、『どこから来たの?』『デザインを学んでるの?』と会話が弾んでいる。会場でもらえるオフィシャル・ブックレットはタグやサインで埋め尽くされて、ファンの面々もこの上なく幸せそうだ。こうしてお気に入りのアーティストと直接話せることは確かに大切かもしれないけど、相変わらずの「ビッグスターとファン」という非対称な構図はそのままで、『オレの作品を見てくれ!』という輩がほとんどいなかったのは引っかかるところだった。

悶々としたままファンク・ステューディオのエキシビジョン「Decade of Decadence」へ足を伸ばす。ファンクは、ステファン・サグマイスターをして『やろうとしたものが既にやられていて、あいつら嫌いだよ!』と言わしめるシンガポール・カルチャーシーンの真のチャンピオンだ。ワクワクするさすがの仕事たちが並ぶその空間は、ダークでゴシックなデカダンス(=退廃的なもの)だった。思わずハッとする、壁にフライヤーが煩雑に塗りたくられたこの感じ、それはシンガポールのストリートでほとんど見かけない小汚くてパワフルな光景だった。一歩外に出れば、グラフィティはおろかステッカーさえほとんど見かけない。「死刑のあるディズニーランド」と揶揄されるシンガポールにおいて、グラフィティは「鞭打ち刑」に相当する。そんな汚れのない国を舞台にストリート出身のアーティストが数多く「反抗」について語っていること、それはシンガポーリアンにとって何を意味していたのだろう。

こうしていろいろな思いが交錯した「DesignEDGE」の日々は終了した。ビッグスターとファンの非対称がひたすら印象に残る中で、『僕らはビジュアル・ロックスターになる』というファンクのアッパーなフレーズが心に残る。プレゼンターとオーディエンスの距離感は、シンガポールを豊かなデザインマーケットと捉えるならば大成功なのかもしれないが、『我こそは次のロックスター!』と思い描く若い才能にとっては物足りないものだったかもしれない。デザインのエッジ、それはその距離が縮まってぶつかり合う、煮えたぎったギリギリの境界にあるはずである。

DesignEDGE Conference & EXPO 2005
会期:2005年11月10日〜12日
会場:シンガポール・サンテック国際会議場
http://www.designedge.sg

シンガポール・デザイン・フェスティバル 2005
会期:2005年11月9日〜23日
www.singaporedesignfestival.com

Text: Yoshihiro Kanematsu
Photo: Yoshihiro Kanematsu and Syunya Hagiwara

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE