ナッハ・デア・ナトゥア展

HAPPENING


ここ数年巷でベルリンが“最高にトンガッている”という噂を耳にする。こちらに来た当初は、まだまだ保守的かつドイツ的な垢抜けない旧西側のセンスに、少し浮ついたレトロスペクティブな東側のデザインだけが目についた。大したことは無い、ただの噂、というのが正直な感想だった。しかし、そんな噂を聞きつけて他流試合を望む熱きクリエータ達がどこかしらに集まってきて、どこかで着実に何かを開花させようとしている、そんな息吹を感じる瞬間に出会う様になって来た。

今回紹介する展覧会のオーガナイザー兼アーティスト、ディルク・ホルツベルクと出会ったのもそんな匂いが漂うプレンツラウアーベルクでのカフェだった。実際そこには色々なエクスペリメンタル・ミュージックをやっているミュージシャンが集まっており、友人に連れられて足を運んだその日、彼らもたまたま顔を出していたのだった。

彼らは、そんな街の喧噪を他所に、ベルリン州東部の郊外ミュンヘホッフェにて「Nach der Natur (ナッハ・デア・ナトゥア:自然に向かっての意)展」が行われていた。Sバーン(都心部から郊外を結ぶ鉄道)に乗ってオスト駅から約10分のフリードリヒスハーゲン駅、そこからさらに車で15分ぐらい行ったところに会場はあった。そこは自然保護区域、植林地帯の先、農耕牧畜を営む穏やかな風景のなかぽつりとたたずむ集落にある一住居で、広い吹き抜けを持った二階建ての一軒家。ディルクを含め7人の作家がインスタレーションを中心とした展示を行っていた。

会場を入ると左手に吹き抜けの部屋が目に入る。そこには天井に伸びた蔓性の植物が十数個植木鉢から伸びている。よくよく耳を傾けるとそこから某かの声が聞こえる。日付、時刻を不規則に、そして淡々と読み上げている。

その向こうには、あたかも多くの松葉をボードにばらまいたかの様に見える、コンピューター・グラフィックを駆使したタブローが、掛けられている。

そして手前には、黄色いビニールテープを親指大に丸めたものが山積みにされている。個々の形が微妙に違い、それがあたかも個々に生命を持っているかの様に思える。

それぞれロルフ・ギーゴルド、ディルク、ベティーナ・ヴァハターの作品。これら3点がこの部屋の展示物ではあるが、各人の“自然”に対する解釈を媒介として統一感を感じる構成だった。

反対の右手側の部屋に入ると、丸められた緑色のビニールシートやチューブ、カプセル、カッティングシート等が目に入る。一見無造作に散らかっていたかの様に見えたが、よく見るとちいさな模型の飛行機がおいてあり、縮尺に合わせて見渡してみるとその構成は緑色の大地を想起させた。
そして二つの部屋の間には中庭があり、その先にこんもりと土砂の山があり、そこに人工的に芝生の絨毯が絵を描く様に横たわっている。(これら二つはアンケ・ゲーリングの作品)

中庭とは反対側、手前奥の部屋には、一連の物語的関連を感じる写真が並んでいた。(クリスティアン・マイロックの作品)

2階に上がってすぐ目入ったのは、モニターを中に設置した大きな箱だった。箱には穴があいており、モニターは穴の口より奥まった位置に設置されていた。そしてモニターを囲む壁面四方にタイル状の鏡を張り合わせており、モニターには熊が小屋とカメラの前を行き来する短いシーケンスの映像のループが映し出されていた。一方で壁面は合わせ鏡状態となり、そこにモニターの映像とその反射が映り込み、元の映像とは全く違った想像を超えた視覚効果を生み出していた。(ディルク・ホルツベルクの作品)

左手の部屋一杯に長いラッカー地の素材とむき出しの建材をとりこんだ構成の作品が見えた(レベッカ・ミヒャエルズの作品)。しかしさらに注意を引かれたのは、その手前吹き抜けの部屋を見渡せる位置から聞こえる物音だった。「これは、不規則にカタツムリの殻が回る仕組みなんだ。特に光量に反応して速度が変化する。でもそこには規則性は無いんだけどね。」と会場にいたラルフ・シュライバーは説明してくれた。

展示数は少ないもののそれぞれの作品に良い意味で緊張感があり、意欲的な取り組みの展示の様に思えた。

Nach der Natur
会期:2005年7月30日〜8月21日
会場:Haus A3XX
住所:Pappelweg 1d,15366 Munchehofe
http://www.oase.udk-berlin.de/~dh/nachdernatur.html

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
“Unknowna
MoMA STORE