クンスラーハウス・ベタニエン

PLACEText: Yoshito Maeoka

クンスラーハウス・ベタニエン ー つい最近、その名はベルリンッ子の間でちょっとした話題になった。ハウスプロジェクト・ヨーク59の住人が追い出された後の次の住まいとして、ベタニエンの別棟を占拠したのだ。ハウスプロジェクトとは一つの空き屋を大人数で占拠して住み続ける活動を指し、日本では “スクウォッティング” として紹介され知られている。

ちなみにベタニエンは、今でこそ世界各国から招待作家の集まる名前の知られたアーティスト・イン・レディデンスだが、その歴史を空き家の占拠から始めている。元は病院だった建物で、おおよそ30年前よりここをアーティストの滞在スペースとして活用している。そのような理由からか、ヨーク59の住人との関係も大きな問題は生じていないという。

そのような情況のなか、2004〜2005年度の招待作家、増山士郎の個展「Parky Party」が行われた。この作品は「Supposed Opening」として2002年に最初にニューヨークで発表された作品のベルリン版である。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MATZ(マッツ)
MoMA STORE