NIKE 公式オンラインストア

クンストアウシュテルング・トラブル

HAPPENING


ベルリンの中心部から北東に位置する地区プレンツラウアーベルクに「シュタットバート・オデルベルガー・シュトラーセ」という建造物がある。ここは20世紀初頭に建築家ルートヴィヒ・ホフマンにより地区のプールとして建造され、旧東ドイツ末期近くまで使用されていた施設である。現在はプールとしての機能は果たしておらず、運営組合により保存事業が行われる一方で、その新古典主義調の意匠に着目した展覧会等が行われている。

去る5月28、29日、「クンストアウシュテルング・トラブル//1」と題する女性作家によるグループ展が開催された。この日は気温が30度を超え、ベルリンにしては珍しい蒸し暑さであったが、会場内は天然のクーラーが良く利き、インスタレーションにおあつらえ向きの別世界を演出していた。

会場は、旧更衣室にあたる2F部分と、大ホール/浴槽部分とその周辺の部屋が使われた。手始めに階段を上り2F部分に足を運ぶ。そこには小さく区切られたいくつかの部屋で、セリア・アミツィス、エヴァ・キーツマン、ベティーセクシーショックら他数名のビデオ作品やインスタレーションを中心とした展示が行われていた。

次に大ホールにあたる50mプールには、イルカ・ベルントのインスタレーション、その周りの部屋では、
ゴンカ・カラピナーのタブローやマイケ・クラインの写真が展示されていた。この中で最も印象に残ったのは、人体の写真をモチーフに針と糸でつなぎ合わせ新たな人体像を作り出す事をシリーズとしたアネグレット・ゾルタウのプロジェクションだった。タイル敷の壁面が作品と重なる事により、そこはプールの跡ではなく、とても恐ろしい実験施設の様にも思えて来た。

大ホールにてブラジル人アーティスト、ジャナイア・アンドレのパフォーマンスがある、とアナウンスがあったのでこれを観覧した。

彼女はブラジルの地元の伝統を作品の要素に取り入れることで知られており、パフォーマンスの他に今回はビデオ作品を出展していた。

元浴槽部分の床にはタイルの色に合わせたカーペットが敷かれており、そこでパフォーマンスの開始を待つ十数人の観客が、音響インスタレーションに耳を傾けつつ気持ちよく寝そべっていた。

インスタレーションの音がいつの間にか雨音に変わった。すると、不意に後方より洗濯籠を抱えた女性が現れた。パフォーマー本人である。洗濯籠の中には、洗濯物の様に何枚かの布が乱雑に投げ込まれており、彼女はそれを一つ一つ、ゆったりとした動作で、鼻歌を歌いながら洗濯ひもに掛けて行き始めた。布には壷や食器その他日用品をモチーフに、木版画の様な印刷が施されていた。

5、6枚掛け終わった後、籠の中の布の内一枚を背に掛け、そしてもう一枚を頭に撒いた。そうして最後に逆さ吊りにされた人間の絵を洗濯ひもに掛けた後、小さな壷をとりだし、その中に香を焚き付けた。これを持って観客の側によりその煙を掛けて回りだした。先ほどまでとは打って変わって、彼女はシャーマンの様な表情を帯び始めた。

その後、観客の頭に白い粒(よくみるとポップコーンだった)を掛けてまわった後、観客の手を取りはじめた。それらが少しずつつながって行き、あれよあれよという間に浴槽内にいた観客すべてが立ち上がり、手を取り合って一つの輪になった。輪は時に外向きに広がる/内向きに集まる動作を幾度か繰り返した。その後彼女の先導により、輪が崩れて行列となり、行列は螺旋状になった。螺旋は入れ子状になり、先頭は螺旋の中心から抜け出し、螺旋が崩れ再び輪となった。そしてこの輪が再び内向きに集まったところでパフォーマンスはクライマックス、そして終了を迎えた。

個人的には、このような観客を誘導し、パフォーマンスに巻き込んでいく、という手法がとても新鮮だった。巻き込まれた観客側も気分が高揚するというところも面白かった。

Kunstausstellung Trouble//1
会期:2005年5月28、29日
会場:Stadtbad Oderberger Strasse
住所:Oderberger Strasse 57/59, 10435 Berlin
http://www.stadtbad-oderberger.de

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE