ホロコースト記念碑

PLACE


5月12日、先のドイツ連邦共和国の終戦60周年を記念して、「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」(通称ホロコースト記念碑)がオープンした。
この施設は、時遡る事1988年、ジャーナリスト、レア・ロッシュの呼びかけから始まり、様々な議論を経て漸く今年の開設の運びとなった。建設賛同人には、ヴィリー・ブラント、ギュンター・グラス、クリスタ・ヴォルフ等ドイツの各界著名人も名を連ねた。

設計は、ピーター・アイゼンマンによるもので、石碑の広場とその地下にある情報センターから構成される。

石碑の広場は2711基の石碑から構成される(2711基という数字は場所と規模から計算された数字であり、数字そのものに意味はないらしい)。すべての石碑は、縦2.38m横0.95mで、空洞のコンクリート製である。その間隔は規則正しく、おおよそ人ひとり、もしくは車いすが通行できる程度の幅であり、来場者は周辺の任意の場所から広場に入り、石碑の間を歩く事が出来る。石碑の広場の周辺付近では1m以下である石碑も、深部に足をすすめるにつれ、高さを増し、最大4mを越える。

石碑の広場の深部に足を踏み入れると、通路の出口にあたる空間と空しか見えないようになる。そして面白い事にどこからも陰になる場所がない。また石碑は規則正しく並んでいるようで、実際は微妙な傾きがあり、高さが違う。また、その床面は緩やかな勾配が不規則にあり、足下をややぐらつかせる。そしてそれぞれの隙間から様々な人がそこに現れては消え、また現れては消える。それが不連続に不定期に繰り返される。時として不意に手前の角から横切る人とぶつかりそうにもなる。造形はとてもミニマルで、シンプルであるが、そのような構造が様々な実社会でのドラマを喚起させる。

その一方で、地下の情報センターでは写真とテクスト、そして資料を中心にナチスの絶滅政策、その当時のユダヤ人の記録等を様々な角度から検証した展示を見る事ができる。検証はユダヤ人の歴史そのものにまで遡るため、迫害前後のコントラストから迫害のもたらした歴史的な意味合いを理解する事ができる。

ところで、多くの人が疑問に思うに違いない事が一つ挙げられる。この施設がユダヤ人にのみ捧げられていると言う事である。ホロコーストでは当然の事ながらユダヤ人以外にもシンティ、ロマ、そして同性愛者や政治犯も犠牲となっている。これらは別の形で記念碑を建てるよう既にドイツ連邦議会で議決済みである。ここでは、ヨーロッパのユダヤ人大量虐殺、という他に類を見ない犯罪を犯したドイツ国家の歴史的責任を認める事が重要視されている。その他の歴史認識に関してはまた別の形で実を結ぶ事となる予定である。

施設はベルリンの中心部に位置する。側には主たる観光スポットであるブランデブルグ門、ホテル・アドロン、ライヒスターク(国会議事堂)があり、各国大使館、各種文化施設、オフィス、住居、ティアーガルテン公園に隣接している。この事は、記念碑が社会に開かれている事を示している。ドイツ国民はもちろんの事、近い将来この施設も多くの観光客の訪れる重要な歴史的遺産となるに違いない。

ホロコースト記念碑
住所:Cora-Berliner-Strasse 1, 10117 Berlin
http://www.stiftung-denkmal.de

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE