OFFFフェスティバル2004

HAPPENING

スペインで毎年開かれている、エクスペリメンタル・オーディオと映像の祭典「OFFF 2004」が、今年も7月1日から3日間、従来のバルセロナから開催地をバレンシアに移し開催された。ウェブやグラフィックデザイン、デジタルアート、そしてエクスペリメンタル・エレクトロニック・ミュージックという分野の最先端を探る国際的フェスティバルの1つだ。


今年は、OFFFとその主催者にとって、重要な転換期だった。過去3回、OFFFはずっとバルセロナで開催されてきたのだが、今年は初めてバレンシアにその拠点を移した。バレンシアもスペインの主要都市ではあるが、バルセロナのように常に世界中から人々が集まるほど国際的に広く知られてはいない。しかし、地域自治体の支援により、プロジェクト自体は、より意欲的なものとなった。OFFFのチームは、これまでにヨーロッパ中から訪れていたビジターの数が減ってしまうのではないかと心配していたようだが、たくさんのOFFFの常連は、今年もおいしい食べ物、素晴らしい気候、そしてもちろん素晴らしいデジタルアートを楽しみにこの地を訪れた。

フェスティバルは、7月1日からだったが、その前夜には、OFFFでプレゼンテーションやエキシビジョンを行う、世界各国から集まったアーティスト約100人がレセプションパーティに集まった。このパーティは、なぜほとんどの参加アーティストらがOFFFを気に入り、また次の年も参加するのかという理由を気付かされるものだった。とてもフレンドリーで心地よい雰囲気で、誰もが楽しい時間を過ごしていたと思う。またこれは、ウェブを通じてしか連絡を取り合ったことのない、特に遠く離れた街に住んでいながらもウェブなどのプロジェクトでコラボレーションをしているアーティスト同士が直接会うことのできる良い機会でもある。

フェスティバルは、天井から吊るされたサーチライトや、隅のほうに置かれた小さなおもちゃのロボットギャングなど、特別デザインチームによって興味深く手を加えられた「バレンシア・フェア」の会場全体を使って行われた。会場は、カンファレンスに2会場、スクリーニングとオーディオビジュアルのプログラム、音楽パフォーマンスにそれぞれ1会場、そしてインスタレーションやグラフィックデザイン関連の作品が展示会場という構成になっていた。このスペースに展示されていたものには、AREA3によるインタラクティブ作品「MOVET」がある。これはスクリーンに映しだされているグラフィックが、人がマイクを通して叫んだり囁いたりした音によって変化するというものだ。

他に驚いた作品は、ランダムスタジオによるインタラクティブなショッピング・カート。その他にも「レスレイン」や「エリクシール・スタジオ」による作品が見られた。しかしこの展示スペースで最も特筆すべき作品は、ジョシュア・デイビスの「ONCE UPON A FOREST」でのレトロスペクティブだ。フラッシュの名手として名高い彼は、OFFFの開催1回目からずっとサポートをしているのだが、今年だけは、実際に参加することはできなかったようで、今回は実験的なプロジェクト満載のパイオニア的サイトにある作品全てを展示するエキシビジョンという形での参加だった。

昨年のOFFFの音楽プログラムは、プレゼンテーションやトークショーでの大物アーティストが目立ってしまったため、ややそのインパクトに欠けていたが、今年の「ルーピタ」(音楽の会場)は非常に興味深いものとなった。OFFFとしては、ここでビッグネームをフィーチャーしたのは初めてだ。参加アーティストは、現在パリで活動する日本人女性シンガー、ツジコノリコ。彼女は「ディスコム」のリオネル・フェルナンデスとのコラボレーションで、つい最近リリースしたばかりのCDからの曲を披露した。フェルナンデスの激しく鳴り響くノイズとツジコの優しく柔らかい声。しかし、スピーカーから発せられる激しいノイズに遮られ、彼女の声が聞こえないところも多かった。

「ディスコム」としてのみでのパフォーマンスもあり、その他にも、ケネス・キルシュナーのようなラップトップ・マスターや、アコースティックとエレクトロニックな音を操り、従来のバンドスタイルを打ち破るグループ「THILGUES 3」などが登場。さらに「ルーピタ」は、主にウェブで活動するデジタルアーティストやデザイナーによるショーも展開。C505として活動するヨシ・ソデオカは、彼のライブプロジェクト「THE KNOBS」をショーン・ルーニーとのコラボレーションで、またスペインのアート集団「イノスナ」はうっとりするようなオーディオビジュアル・パフォーマンス「INSONNIK」を見せてくれた。「INSONNIK」は、オーディオビジュアルの楽器としてデザインしたビデオゲームを使い、自分の代わりとなる3D映像を動かすことによって、スクリーン上で音と動きのパターンを作りだすことのできるものだ。

ルーピタのなかで—いやもしかしたらフェスティバル全体で—最も目立っていたのは、オーストリアの「ベジタブル・オーケストラ」だろう。この奇妙で刺激的な音楽パフォーマンスにかけられた期待は高く、会場はパフォーマンスが始まる前にいっぱいになり、外まで人が溢れていた。ベジタブル・オーケストラは、まさにその名のとおりで、10人のミュージシャンが、その日の朝に市場で手に入れた新鮮な野菜から作った楽器で演奏し、音を出すために野菜のスープを調理したりもする。そのスープは、オーディエンスがショーの最後に味見することもできる。彼らのステージは確かに驚くべきもので、メロンのドラムや人参のフルートで音楽を奏でる様子は非常に興味深いのだが、数分聞いているとすぐに飽きてしまうというのも否めない。アイデアは面白いのだが演奏される“音楽”はやはり音楽とは呼べないものであった。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE