ビューロ・ディスカウント

PLACE


スイスのチューリッヒは、ダダ・アートムーブメント誕生の地というだけではなく、ヘルベチカやグリッドシステムに見られるような、クラシックグラフィックデザインでも重要な場所であり、マックス・ビルなど、今世紀、最も重要なアーチスト達の出身地でもある。さて、スイス最大の都市、ここチューリッヒから最新ニュースをお届けしよう。

もし、2〜3週間のうちに、チューリッヒを訪れる機会があって、グラフィックデザインやイラストレーションの熱いシーンに興味があれば、現在「ビューロ・ディスカウント」で開催されている展覧会を見逃す訳にはいかない。あなたがもし、シフトの熱心な読者であれば、もうすでにご存じだと思うが、ビューロ・ディスカウントは、スイスの首都ベルンにベースを置くグラフィックデザイン会社、ビューロ・デストラクトの一部だ。

ビューロ・デストラクトの一員である、HGBフィデルユスが、妻のミナとこのビュロ・ディスカウントを経営しており、グラフィックデザインやイラストレーションを一同に集めた、この注目すべき展覧会を開催している。

「もともとは、ベンジャミン・グエデルという、才能あるイラストレーターの展覧会をしようという計画だったのです。」とHGBフィデルユスは語る。「グエデルはチューリッヒの中心部のスコーネストリート5に位置するオフィスビルで創作活動をしています。その建物は、グラフィックデザイナー、ミュージシャン、イラストレーターなど、才能溢れるアーチストが全てのスペースを借りきっているんです。あまり、コラボレーションはしていないみたいですが。」5年前に、アーチスト達がそこで働き始めた頃から、志望するアーチスト同士のグループ展を開こうというアイデアがあったようだ。

ベンジャミン・グエデルのサポートもあり、ビューロ・ディスカウントは、チューリッヒのグラフィックデザインシーンで活躍する、才能あふれるアーチストの展覧会を開催できた。

ギャラリーでありショップでもある、ビューロ・ディスカウントの壁には、フランコイス・シャレーベンジャミン・グエデルソーダ、マーティン・ウッドリー、マーク・カッペラー、ミクロミュージック・ドット・ネット、ウア・アルサウス、クラウディア・ブラム、K3000などの作品が展示されていた。オープニング当日、会場が人で埋め尽くされているなか、フランコイス・シャレーは、嬉しそうに作品を眺めながら、「いつも廊下で挨拶を交わすアーチスト達の作品をこうして見られて嬉しいよ。」と話す。

作品のスタイルやジャンルはかなり幅広いが、50、60年代の黄金時代のような、スイスのグラフィックデザインとイラストレーションの最前線をここで感じ取ることができるだろう。

Buro Discount
住所:Zurlindenstrasse 226, 8003 Zurich, Switzerland
TEL: +41-43-960-9943
burodiscount@bermuda.ch
www.burodiscount.net

Text and Photos: Reto Caduff from Retocaduff
Translation: Naoko Fukushi

※ビューロ・デストラクトの作品集は、アマゾンで購入できます。

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE