ラヴァピエス

PLACE


ラヴァピエスは、マドリッドで最も民族の入り交じってる地域の一つだ。街の中心部から、地下鉄で1つめ、プエルタ・デル・ソル駅。その地域のストリートと家々は、ここ2〜3年前にマドリッドに移り住んだような移民が、大半を占めている。この、新らしい住民達は、この辺りに集中しており、特に若者は、安い家賃の家を求めてやってくる。しかし、移民人口が多いのは、ここラヴァピエスに限らず、マドリッドの至る所で起きている現象というのは、よく知られている。

マドリッドに生まれた様々なカルチャーを反映し、必然的にこのグループ展は誕生した。このエキシビジョンは、「カーサ・アメリカ」、「カーサ・エンセンディダ」という、ラヴァピエスの外れに位置する、2箇所の会場で開かれた。後者の会場では、主に社会、人種差別廃止、環境保護に関する作品が、発表された。

様々な分野から、13人のアーチストが集まった。このエキシビジョンは、グループ展であると同時に、民俗学者や社会学者が関わる、学問的なアプローチも試みられた。カルメラ・ガルシア、エル・パロ、チュス・グティエレーズ、マルティン・サストレ、マリナ・ヌエズ、クレメンテ・ベルナルド、ラ・フィアムブレラなどの、アバンギャルドなアーチストは、主にビデオや写真で、移民とそれがもたらす影響をリサーチした。それらは、街中のエクアドル人、モロッコ人、中国人、ポーランド人などを映し出していた。

「カーサ・アメリカ」で、作品を発表したアーチストは、アメリカ人に焦点を当て、一方で「カーサ・エンセンディダ」では、アジア系だった。このエキシビジョンは、私たちに、ストリートですれ違う人々との距離を縮め、無知であるがために持っていた恐怖感のようなものを軽減してくれる。

New Cartgraphies Of Madrid
会期:2003年10月17日〜2004年1月5日
カーサ・アメリカ:Paseo de Recoletos, 2, Madrid, Spain
カーサ・エンセンディダ:Ronda de Valencia, 2, Madrid, Spain

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE