ナイキ・プレスト 04

THINGS

毎回斬新で、いつも驚されるキャンペーンを展開する「ナイキ・プレスト/Instant Go」。今回のキャンペーンでは、グラフィティ界で、世界的に有名なストリートアート集団「Barnstormers」のクリエーター「Skwerm」、東京・中目黒を拠点に活動するアーティスト「Sasu」、香港の「Frek」、ロサンゼルスのモーショングラフィック・デザイナーの若手チーム「Motion Theory」、東京のストリートシーンで最も注目される若手アーティストの一人「DJ Uppercut」がフィーチャーされ、見事なコラボレーションを展開している。
どのようにこのプロジェクトが進められるているのか、このプロジェクトのキーパーソンの一人であるワイデン&ケネディ東京の +Cruz にお話を伺った。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

ワイデン+ケネディ(以下WK)東京で、アートディレクター/デザイナー/ディレクターをしています。WK以外では、ハイブリッドメディアのコンサルティングや自分のスタジオ「cruz@mass」のための作品作りをしています。

バージニアコモンウェルス大学、パサデナアートセンター、そしてヨーロッパでイラストレーションやグラフィックデザインを学びました。今までに、「Studio Archetype/Sapient」でウェブ及びグラフィックデザイン、WKポートランドでマイクロソフトのアートディレクション、「Imaginary Forces」では、映画「マミー」や「スパイダーマン」等のタイトルを含めたモーション/タイトル/グラフィックデザイン、Razorfishロンドンでは、デジタルハイブリッドのコンサルティングをしました。最近クランブルック美術学院でMFA学位を取得。また同校在学中にはミシガン州デトロイトのクリエイティブ・スタディー・センターで大学レベルのグラフィック、モーション、デジタルデザインやイラストレーションを教えました。私が興味を持つ分野は実験的なメディアハイブリッドやデジタルナレイティブ−いわゆる新しい形のビジュアル表現です。

文明、人類学、個人的/文化的アイデンティティ、そしてビジュアル/文化的なコロリアルニズムに興味があり、それがきっかけで東京に移り住む事になりました。それ以前は6年間アメリカやヨーロッパで仕事をしていたのですが、ある時自分のカルチャーにも貢献したいと思ったのです。私はフィリピン系アメリカ人なので、アジアの人のために作品を作りたいと思いました。とても自然な発想だと思います。クランブルックを卒業後、3ヵ月半中国やアジアを旅行し、そのダイナミックな美しさと混乱に対する好奇心がより一層強まりました。ある時代には世界一パワフルな帝国だった中国は今「カウンターフィット・カルチャー(偽造文化)」になってしまっています。他国のアイディアを盗み、それを安くそして入手しやすく生産しています。ですから中国でブランドを築くというのは矛盾したコンセプトです。お金に余裕がなく、1/8の価格で同じ商品を購入する事ができる国において、ナイキ等のブランドをどう築けるのでしょう?しかし、上海が目覚め始め、アジアは自分にとって関連性のある場所となりました。こちら側の世界を再建するために貢献したいのです。

仕事の一面としては現代のコマーシャル・カルチャー、スピード、フューチャリズム、そしてナイキに関係するユース・カルチャーを探っていますが、個人的な面では人類学的文化や、民族、原始、そして社会文化を探っています。フューチャリズムと歴史との対比です。

ナイキ・プレスト03と04のプロジェクトでは、アートディレクター、プロジェクトのクリエイティブ・ディレクター、映像の共同ディレクター、プリントのデザイナー/ディレクター、そしてフォトグラファー全てを務めました。低予算だったためたくさんの役を務めました。

今回のキャンペーンの内容について教えて下さい。

第一幕:30秒:Instant Go:リボン
第一幕で「Instant Go」の動きを紹介。流れるようなグルーヴで都市内に広がる「Skwerm」のリボン状のグラフィックを追います。次第にアートが形成され、周囲の環境やユースカルチャーと対話するのを経験する事ができます。Skwermのスピーカーは、都市景観と融合し、都市のビートを反響します。「Sasu」の描いた葉っぱはレールをグラインドするスケーターの上に落ちます。「Frek」のオレンジ色のキャラクターは上海の群衆の中にブレンドします。そして二つのスポットのリンクとして、SkwermのDJキャラクターが現れ、アジアの地平線の真中で音楽をミックス。

第二幕:30秒:Instant Go:ルーツ
第二幕ではビートが強まり、ヴァイブがよりアクティブになります。Skwermの描いた木の根っこが、時にはFrekのリキッドウェーブとモーフィングしながら旅路を導いてくれます。DJのギアが上がり熱狂的になると、「Instant Go」は、よりアクティブになります。するとSasuのマンダラが現れてブレイクダンスをし、Frekの尻尾が地下鉄内を横切り、Skwermのナマズがレインボーブリッジを泳ぎ通る。そして中目黒をスケートするカミさんのカメオ出演。

第三幕:120秒:Instant Go:アーバン・キャンバス
「リボン」と「ルーツ」の延長リミックス。ここでは動作中のアーティスト、都市で「Instant Go」をつくっている瞬間が見る事ができます。

プリント広告:Instant Go:アジア
プリント広告は、CMスポットや3人のアーティストによるコラボレーションのエネルギーを反映しています。私は常に私達が存在するメディアをプリント広告に反映するようにしています。ですから今回のプリントも動きまわるイメージを静止した瞬間であるかのように取り組みました。「Instant Go」をアジアの都市景観を通るアートの動きと、現在広がっているアーバンアクションで表現しました。

アイディアやコンセプトについて教えてください。

「Instant Go」とは活発なユースカルチャーの表現で「常に“オン”の状態、常に準備ができていて、即時に動くことができ、そして“テクノアクティブ”」である事を意味します。テクノロジーとアクティビティの融合です。このカルチャーを形態化したのがナイキのプレストです。ニーズに答え、簡単でシンプル、そして即時に体にフィットする、「Instant Go」な商品です。

今シーズンの「Instant Go」は、パンアジア都市を遊動するアートを通じて表現するアーバン・アクティブ・エクスプレッションです。どのようにムーブメントを鼓舞できるのか?

このキャンペーンの素晴らしさの一つは、若者がテクノロジーを通じて物質的にそして芸術的に自分を表現する新たな方法をナイキが提供できたという事です。通常は平面的なアートを、アジア都市内を動き通るものにしました。国際的なポスト・グラフィティー・アーティスト、デジタルモーション・グラフィック・アーティストとDJのコラボレーションによって様々な表現を一つにまとめ、ユースカルチャーやムーブメントを鼓舞する作品を完成させました。

「Instant Go」はただの「広告」ではありません。世界中の創造的な若者を支持するナイキの献身的な姿勢−コミットメントを示しています。

ビジュアルには実際のスポーツシーンも含まれていますが、各アーティストの作品の融合とオリジナルミュージックがもたらす感情的な効果がムーブメントのインスピレーションを及ぼしています。そして「Instant Go」ライフに参加するインスピレーションを与えています。

「Instant Go」のコンセプトはこのムーブメントのカタリスト、つまり促進の働きをするものなのです。

プレスト作品(プリント及びビデオ)のコンセプトとしては、スポーツにインスパイアされクリエイティブに活動するようになった方々を探し、ナイキにしかできないようなコラボレーションを完成させ、そしてこのようなアクティブ・ライフをアナログ(ペインティングやグラフィティ)とデジタル(アニメーション+メディアテクノロジー)、そして新鮮なミュージックを調和して表現できる方法を探し続けること事が「Instant Go」第2シーズンの重要なテーマでした。

まず各自の文化の代表とも言える人を集め、国境や領域を超える国際的な「Presto Instant Go」チームを結成しました。

プロダクションではどのような人達が参加していますか?

Skwerm/ニューヨーク、別名デイビッド・エリス:有名なストリートアート集団「Barnstormers」のクリエーター兼リーダー及び「プレスト04」のアーティスティック・ディレクター。彼らのアート・パフォーマンス・ビデオはアート/スケートボード/グラフィティ集団の中では世界的に有名。そして彼のコラボレーションはポストグラフィティ・ムーブメントの代表作となっている。

Sasu/中目黒、東京:ストリートやスポーツカルチャーに刺激されて作品作りを始めた才能あるアーティスト。彼女のようにストリートで信頼性を持つ若く、創造力の強い女性がチームの一員であるのは素晴らしい事です。Sasuの作品はチームのハイパーエネルギー的なイメージに対比する穏やかさと控えめな要素をもたらしました。

Frek/香港、中国:私達が新たに発見し、Skwermを感銘させた、19歳の若手アーティスト。Barnstormersの存在や、彼らとのコラボレーションがどれだけ影響を及ぼすか彼自身全く知らなかった。

Motion Theory/ロサンゼルス:モーショングラフィック・デザイナーの若手チーム。彼らのデジタルやクリエイティブなスキルが上記アーティストを4次元の新たな空間とモーションへと導く。マット・カレンとはロサンゼルスの「Imaginary Forces」で出会って以来コラボレーションをしています。

DJ Uppercut/東京:スケートボードを通じて音楽を発見し、現在ストリートシーンで最も注目される若手アーティストの一人。

どのように作業はすすめられたのでしょう?

私達は自由なアーティスト、デザイナー、モーショングラフィック・デザイナー、アニメーターやエディターの集団です。このような伝来のライブアクション、キャラクターアニメーション、そしてグラフィックな表現を混成したプロジェクトを実行するには予算の大きい映像制作に用いられるものとは違ったスキルが求められました。全面的なストーリーではなく、有機的且つアーバンクリエイティブな表現というシンプルな観念で、グラフィティやキャラクターに命を吹き込み、シームレスに都市と融合、対話させたのです。

東京とロサンゼルス。東京に住む外国人としては、自分の頭に浮かぶアイディアを言葉にするのは大変なことです。自分ではどのように動くのか等をビジュアル的に描くことができても、それを他の国の言葉はもちろんの事、自分のビジュアルランゲージで説明するのはとても難しい事です。そうするとやはり英語を話すクリエイティブの人達とコラボレートする事になってしまいます。その他にも予算的、そして場所的な制約もありました。元々ロサンゼルス出身で、そのシーンをよく知っているので、頻繁にロスでプロデュース作業をします。今後はアジアのコミュニティともコラボレートできるよう、アジアでのネットワークを広げる努力をしています。

具体的には、

フェーズ 01:東京+上海:都市空間
始めにDVやデジベータで有りのままの上海や東京の姿を“オン・ザ・ムーブ(即興的に)”撮影しました。これには2つの目的がありました。まず一つにリアルでオーセンティックなものを撮影すること。次に、明らかにアジアとわかる様な都市の美をフッテ−ジに捕らえること。昔と今を象徴する東京と上海を撮影し、「パンアジア」を象徴する都市景観を造りたかったのです。このハイブリッド且つフュージョンな都市はアジア国の間に出現しているカルチャーヴァイブを反映しています。そして都市内を遊動するアートの若々しいエネルギーの背景、キャンバスとなる都市景観なのです。アートがすでに都市内を遊動している事を想像しながら、その視点で映像撮影を行いました。

フェーズ 02:フュージョン:アーティストのコラボレーション
3人のアーティストと「Motion Theory」をロサンゼルスのスタジオに集合させました。一ヶ所に集まった彼らは私達が撮影した映像、 DJ Uppercut の音楽、そしてお互いからインスピレーションを受けました。私達はハイブリッドなパンアジア都市のループ映像を映写し、彼らはそれから5日間もの間、新しい形を創作しました。最初の2日間、アーティストは各自に、そして他のアーティストと共にスケッチや絵を描きました。その素材を元に「Motion Theory」がアニメーションテストなどを行い、最後の3日間は3人のアーティストが共同に巨大な壁画をペイントしました。各作品は、ペンキが乾く間だけのつかの間の命で、はかないアート制作というものでした。そしてこのプロセスから完成した素材は過去にない方法で融合。

フェーズ 03:デジタルアクション
時間とモーションが4次元の要素。この作品の第4のアーティストが「Motion Theory」と「WK Tokyo」です。2社は共同でこれらの素材の一つ一つを新しい形に融合させ、このコラボレーションやプリント広告やポスターを特集した2分間のビデオと2本の30秒のTVCMスポットを制作しました。
パンアジア都市を遊動しアーバン・アクティブを表現するアートを結束した物語にし、その空間を活性化させるという作業で、カメラは上海の地下鉄に潜り込み、アートの動きを追い、東京中目黒の路地に浮上します。映像を通じて私達はグローバルユースのエネルギーを感じ取り、アートを一つのアーバン・ビジュアル・シンフォニーに合成し作曲するアーティストの作品づくりを体験することができます。スポットはシリーズ物で、各エピソード事に「Instant Go」のストーリーが形成されていきます。

今年のキャンペーンのターゲットは、どのような人たちなのでしょうか?

アジアのユースカルチャー。アジアのユースカルチャーのインフルエンサーとマスの両方です。彼らをどのように活動的になってもらい、創造したり動いてもらうようインスパイアできるのか?洗練され、流行に敏感な日本、香港、台湾、ソウルの若者、そして北京、上海やタイの若者など多様性のあるターゲットでした。しかし多様であると同時に彼らのムーブメントの精神、そして可動性は文化比較なものでした。

キャンペーンは成功していると思いますか?

新しく新鮮な事をしたので、彼らの注意を引き、ターゲットに到達することができました。
Frekもエネルギーや電気、高波や電線にインスパイアされると言っていましたが、そのインスピレーションを自分のコミュニティや環境に注ぎ戻し、彼なりのシンプルな信念を広めています。アートを通じてポジティブなエネルギーを広めているのです。
「プレスト04」ではこのポジティブなムーブメントやスピリットをアジアのユースカルチャーに対してインスパイアできればと思っています。

昨年のキャンペーンと比べて、どのような点が進歩したと思いますか?

「プレスト04」では、認識とメッセージの幅が広まりました。「プレスト03」は、比較的テクノロジー+音楽と融合したアクティビティ=テクノアクティブというアイディアが中心でしたが、今年のキャンペーンはより広く「Instant Go」を表現しています。アーバンアクションとムーブメントのより環境的、物質的そして実態的な表現です。

もしこのキャンペーンをヨーロッパやアメリカで展開した場合どうなると思いますか?

すでに世界中のオーディエンスから視聴しているのに似た反応を得ると思います。今まで見たことのない新しいものなのです。「プレスト04」は、クリエイティブのドリームチームです。このようなプロジェクトが実現することはほとんど無い事ですし、たとえあったとしても面白みの無くなったものが多い。このようなリスクを取り、新しい表現を追求するナイキは世界一のクライアント/スポンサーと言えます。

WK は、常にオーディエンス特有の、そして関連したコミュニケーションをつくっています。もしこれが欧米で展開されるキャンペーンでしたら、それら地域のアーティストとのコラボレーションをしていました。彼らには自分達の仲間である人達にインスピレーションを受けてもらいたいからです。特に日本のユースカルチャーはとても洗練されているため、オーセンティックであり彼らに関連のあるコミュニケーションをする事が重要でした。

私達がアジア市場のためにつくれるものの範囲に対しては実際驚いています。アメリカのコミュニケーションはこれほどのリスクを取りません。ですからこのキャンペーンがアメリカで展開されることはないと思います。もしかしたら同じコンセプトでも全く違う方法で実行されるでしょう。日本ではアニメの歴史も長く、アニメーションは評価されています。また東京はとても先進した文化都市であり、新しく冒険的なコミュケーションを受け入れることができます。アジアでは全体的な情報、そしてコミュニケーションの環境が違うのです。

良いアイディアを生み出すための、秘訣はありますか?

コラボレーション、緩慢な一様化、そして未知の物に対するオープンな心持ち。全てのものは発見されるために存在し、それを待ち望んでいます。私にとってクリエイティビティで最も楽しい事は、相反するマインドで新たな面を発見すること。時には混乱する事もありますが、結果的にはうまく行くものだと信じています。そういう意味で私はとてもポジティブだと思います。

今後の予定を教えてください。

現在いくつかのプロジェクトに取り組んでいます。

Barnstormersの別のメンバーと新たなナイキ・キャンペーンに取り組んでいます。詳細は教えられませんが、新たなアジアのスタイル&プレイをインスパイアするものです。

日本人アーティスト/ミュージシャンの高木正勝と秘密のプロジェクトに取り組んでいます。彼は“ジェネレーションY”を代表する素晴らしい才能の持ち主だと思います。音楽や映像を使い、大胆不敵なアプローチの創造力を持っています。また同じプロジェクトで別のアーティストとも作業しています。古武家賢太郎、彼も素晴らしい若手イメージ・クリエイターです。

最近ペルーのクスコに行ったのですが、その旅から戻りまた自分の映像もつくりたいと思いました。現在動きに対する人間の欲望、「インターナル・リズム(内存的なリズム)」に関するナレイティブに取り組んでいます。

NIKE PRESTO 04

CREATIVE :
Agency : Wieden+Kennedy Tokyo L.L.C.
Creative Director : John C Jay + Sumiko Sato
Art Director : Eric Cruz
Copywriter : Barton Corley
Agency Producer : Kenji Tanaka
Account Executive : Fumiko Horiuchi

ARTISTIC DIRECTOR :
David Ellis

ARTISTS :
Skwerm / Sasu / Frek / Motion Theory

FILMS :
Director : Eric Cruz + Mathew Cullen
Production Company : Motion Theory
Executive Producer : Javier Jimenez
Director of Photography : Roman Jakobi
Editor : Mark Hoffman, Jutta Reichardt
Designers : Mathew Cullen, +Cruz, Kaan Atilla
Animators : Mathew Cullen, Kaan Atilla, Irene Park, Ryan Alexander, Paulo de Almada, John Clark, Tom Bruno, Tom Bradley, Bridget Mckahan, Ryan Alexander, Chris de st Jeor
Live Action Production : Twenty First City Inc.

MUSIC :
Composer : DJ Uppercut
Mixing Engineer : Pardon Kimura, Yamaro
Producer : Bruce Ikeda

PRINT :
Art Director : Eric Cruz
Design Director : Jesus de Francisco
Producer : Rachel Kaminek
Designers : Ron Delizo, Eric Holman, Mike Slane, Irene Park, Shihlin Wu, Michael Steinmann, Mark Kudsi, Brad Watanabe
Instore Print : Mike Jakab
Photographer : +Cruz, Hiromi Shibuya

INTERACTIVE + LAYERS VIDEO + PACKAGE :
The_groop : Jose Caballer + Mary Gribbin
Design + Direction : Jose Caballer, +Cruz, Wade Convay
Editor / Layers Audio Remix : Eduardo Garcia
Animator : Jennifer Gallo
Package Design : Jason Walker / Ron Delizo / Eric Cruz
Technologist : Carlos Battilana + AZ

NIKE PRESTO
http://www.presto.tv

NIKE, INC. © 2003

Text: Sachiko Kurashina
Translation: Makiko Hara (W+K Tokyo)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE